2012年02月09日

如月の茶の湯あれこれ〜大炉・その他

今月は忙しいのですが、2月しかできない大炉のお稽古があるとなれば、少々無理してでも行かないわけには行きません。
なにせ1年に1〜2回しかありませんから。


普通の炉は一尺4寸四方と決まっているのですが、大炉は一尺8寸(一辺が12cmほど長い)、しかも六畳の間で逆勝手という約束。
炉縁は杉の丸太、炉壇はねずみ色。
炉の向こう側に湿灰や炭をおくため、しきりとして大きな雪輪瓦がおかれます。



P1150148_2
テキストからの写真。

発案は玄々斎ですから、比較的新しい創案。

炉の面積が広いだけに空気の通りがよく、その分火力が強いので、極寒の二月ごろに使われます。

以前のお稽古場には大炉は切ってありませんでしたし、そのお稽古ができるというのはなかなか貴重なことなんです。



P1020378
(うちのヤブコウジ)

先生方の間では、大炉を切ると大病をするとか、厄がふりかかるとかいわれて、還暦などのめでたいときに切るものだ、という説があります。
なぜそんな説が?
と、思いましたが、火力が強い分、一般家庭では火事をだすおそれがあるので切るべきではない、ということではないかとうちの先生のお説です。

それが納得できるくらい、あっというまに炭が白くなる火の強さ。
たしかに寒い二月にはありがたいあたたかさです。



お点前は普通の逆勝手とほとんどかわらないので、問題ありません。(←意外と逆勝手、得意)

初炭は雪輪瓦のむこうに盛った湿灰をまくところに風情があります。
でも!
なんといっても大炉は後炭!
それをお稽古でさせていただきました。


P1150149
これもテキストから。

炭斗のかわりに大きな焙烙(壬生狂言で割るやつの親玉みたいなの)を使います。
炭はあらかじめ雪輪瓦の向こうに盛っておきますが、この盛り方も実際やってみなければわからない。
本だけでの勉強では限界があります。

火箸を使うとき、灰匙を使うとき、それぞれがとりやすいように焙烙をくるくる回すのがなんともよい風情です。

止め炭が輪胴になるのも特徴。

最後に水次にて水を釜にさし、たっぷり濡れた茶巾で釜肌を清めると、ぶわ〜っと湯気があがりました。
我ながらほれぼれする湯気のあがりっぷり![E:lovely]
これよね、これよね、お茶をしていて楽しい瞬間は。

P1020381
(庭の梅)


さて、わたくし近々また茶事をします。
やっぱり懐石はまだ自分で作るキャパがないので、外注ですが。

なのであれこれ準備中。

最近骨董市で買った煙草盆に灰吹き(キセルの吸い殻をいれる竹の筒)がなかったので、どうしようかなあと思っていたところ、近所の竹材屋さんで1本100円で竹の筒をゲット!(安!)






P1150127

ちょっと長かったのでノコギリでカット。
切り口をサンドペーパーで磨いて、、、


P1150131

おお!なかなかよいではないか。

ところが試しに水をいれたところ(灰吹きには少量の水をいれておく)、、、

ぎゃ〜!
だだもれ〜![E:shock]





P1150128

なんと裏を見たら虫食い穴が!
道理で安いわけだわ、、、、

まあ、これは粘土か樹脂系の接着剤でふさぐとしよう。
茶事当日でなくて良ヨカッタ、、、、



P1020379

というわけで、お茶のことを考えながら(仕事中も、、、[E:coldsweats01])すごせる日々のなんとありがたく幸せなことか。
こんな時間がずっと続くといいのだけれど。


最後に、これ、お茶やってる人なら絶対うける動画のアドレスを残しておきます。

どこかのブログかなにかで見つけたのですが、関東に住む娘に聞くと、関東某ローカルでのみ放映されている隠れた人気番組「戦国鍋TV」の傑作歴史歌のひとつなんだそうです。

たぶん利休七哲


posted by しぇる at 01:31| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。