2012年02月01日

睦月雑記2012

さぶい日が続きます。
でも毎朝同じ時間に起きたときの、陽の光が全然ちがってきました。
まもなく新しい季節のはじめ=節分ですね。

<その1> 聞き酒セット


P1140886
ハイアットリージェンシー京都の和食レストラン、東山(TOUZAN)にいってきました。

食事もとてもおいしくいただいたのはさることながら、うれしいのはこの聞き酒セット!


P1140892

伏見のお酒、「日出盛」の4タイプ。

純米大吟醸「桃の滴」(精白40% 度数16%)
古酒 (精白50% 度数16%)
純米原酒しぼりたて (精白65% 度数17%)
純米有機米仕込み (精白65% 度数15%)

日本酒好きにはまたらないテイスティングですわ。
食事の邪魔にならないくらいの量で4種も、、、、お得。

で、私の一番は、一番下の純米有機米仕込みでした。
大吟醸より、おいしいと感じたのは意外でしたわ。



<その2> またまた懲りずに練りきり

久々に練りきり和菓子に挑戦。

まわりにお上手に上生菓子を手作りされる方がたくさんいらっしゃるので、刺激をうけまして。





P1140987
白玉粉でレンジで作る求肥。

ここまではOK。

P1140988

レンジで水分を飛ばした白餡に求肥をまぜて練り切り完成。
ここまでもまあまあOK.


P1140989

色粉を混ぜて形成パーツを作る。

だんだんあやしい、、、、

P1140990

完成[E:despair]

ダンナにみせたら「海老ののったカレー饅か?」、、、と


、、、、、、、[E:crying]、、、、、

水仙のつもりなのに、水仙なのに、、、、、


<その3> 色無地をSOHYA(總屋)で

京友禅の老舗、千總がプロデュースする新しいコンセプトのお店總屋さん。

もっと手頃なお値段で気軽に着物を、ということでしょうか。
なにせ千總のお着物はお高いですからねえ。

P1140982

場所は烏丸三条、IYEMON SALONの隣。

茶会には正式にはやはり色無地だと思うので、いままで少ない色無地をやりくりしてきましたが、ここらで新しい色目のを新調しようと、お尋ねしました。

70種類の色見本は、肩に掛けて顔写りをみるに十分な大きさがあるのはうれしいですね。

今回私は香色をねらっておりまして、その近辺の色にあれこれ迷いました。

グレーがかったの、黄味がかったの、ピンク系の、、ほんの繊細なちがいなんですが、顔写りはずいぶんちがいます。

香色は昔はハーブの1種、丁字で染めたので、染め上がりにほのかにその香りがしたことから「香」色と。

色目はOK、でも無地の地紋選びはちょっと難航。
比較的若い人向けのコンセプトのせいなのか、柄がどうも納得いかない。

では、といって持ってきてもらったのが、値段ははねあがりますが純国産絹の生地。
一度良い物をみちゃうともとに戻れないのよね〜。

財布には痛い目にあってもらいましたが[E:sad]、やはり色無地は帯によってフォーマルにもカジュアルにも着ることができる着物ですから、納得のいくものを作りたいですし。






P1140984

こんな波頭紋の地紋に決めました。
もっと年をとってもいけそうです。

できあがりが楽しみです。


<その4> まちかどミナポート

P1140994

おお!
これはパリで人気なコミュニティサイクルというやつではないか。

京都にもできていたんだ。
まちかどミナポートという企画。

「ステーション」と呼ばれる市内に点在する拠点で自転車を借りて、好きなステーションで返却、という自由度の高いレンタサイクル。

自転車にちょうど良いサイズの(ホンダのCMじゃないってば)町、京都にはぴったり!
エコだし。


<その5> ○交会京都支部 初茶会



P1140993

模様からすべてお誂えで作ったべべです。

なにせ着物にはうるさいと思われる方々が集う○交会京都支部初茶会ですから、ちょっと小ましなものを。

P1140995

朝の、寒い新門前通り。
別名骨董通り。

敷居の高い骨董、古美術屋さんが軒をつらねている通りです。

P1140996

会場は新門前の京都美術倶楽部。
一昨年までは大阪支部でしたので、大阪美術倶楽部にいっておりましたが、今年から京都支部へ。
なのであいさつがわりです。

濃茶、薄茶、点心をいただく。

大寄せの茶会とはいえ、やはり先人に勉強させてもらうことは多いです。

勉強しても勉強しても、限りなくその先、奥、広がりがある、、、、それが茶の湯の道なんだと、途方に暮れつつもまた楽しくもある。
生きている間、退屈せずにすみそうです。

濃茶席の古銅の花器に、みごとな寒牡丹が入れられていたのですが、寒い間は牡丹の古木も必ず添える、と初めて知りました。
でも、なぜ?
その由来は?
どなたかご存じないかしら。




P1140998

帰り道に見た、これも見事な雲龍梅。
つぼみがすでにほころんでいます。

P1150003

これも帰る道の白川。
柳の芽吹きもまもなくでしょうか。

そして帰りつくと、、、


P1150004

ホットマットの上の極楽顔の猫。

世はすべてこともなし(ブラウニング)、、、、ってか?


posted by しぇる at 00:35| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。