2012年01月20日

睦月の洛中さんぽ

日々洛外・岡崎村と大阪の往復、たまにはどっこいしょと鴨川をわたって洛中の空気を味わいにいかなくちゃ。

、、、、というか、洛中での用事をあちこちですませていると思いがけず楽しいお散歩になりました。

烏丸四条から北〜東へ、思いつくまま碁盤の目を歩きます。

P1140804

寒さの中でも、六角堂の柳の芽も少しふっくらしてきたようです。

P1140805

六角堂はビジネスエリアの中心、だからこんなシュールな景色も。
お地蔵様の並ぶ後ろにハイテクビルのミラーガラス、そこにまたまた映るお堂。


P1140808

境内では日なたで暖をとる鳩たち。
それぞれお気に入りの日光浴ポーズがあるみたい。


P1140810

春には見事な花をみせるしだれの御幸桜。
その下に並ぶ十六羅漢さん。
羅漢さんというより、お地蔵さんみたいでかわいい。
いたいけな乳幼児そのもののお顔なんですもの。


P1140811

三条通にはいると、あら、文化博物館で美術工芸ビエンナーレしてるわ。
(あら無料[E:heart01])

P1140813

文博の別館(旧日本銀行京都支店)をとおりぬけて。


P1140814

ここはいつきても、うっとりしてしまう。

P1140816

おや、本館との間に「まゆまろ(昨年の京都国民文化祭のマスコット)」くんが!
国民文化祭がおわってお役目ご苦労様。
でもまだ活躍しそうですね。
ちなみにこのまゆまろ君は漆喰でできているのだそうですよ。

ビエンナーレでは若手の美術家、工芸家の公募作品がずらり。
見応えがありました。
ただ作品数が多すぎて、ちょっとおなかいっぱい。


反対にほんもののお腹の方がすいてきたので、近くにあるこちらへ。



P1140817

姉小路堺町の光泉洞寿みさん。
ここへは時間があえばちょこちょこお邪魔しています。


P1140821

築100年の京町家。
走り庭はちゃんと現役のおだいどことして活躍しています。

P1140819

メニューはほんまに京のおばんざい。
なにげないケの日のご飯です。
外食でこんなのがいただけるなんて、うれしい。

P1140820

坪庭には、わが家にもある高場英二さんの作品が。
「とかちぇふウサギ」もいるようだわ。(←わかる人にはわかる)

P1140822

ヘルシー定食です。(日替わりは売り切れでした)

手前の生麩は、こちらの名物、麩嘉さんのもの。
これにつける柚子味噌(しかも赤味噌の柚子味噌・自家製)がおいしいの[E:lovely]

ごちそうさまでした。

そして姉小路通りを東へ。

P1140823

河道屋そぼぼうる。

P1140824

このあたり、立派な町家がたくさんあります。


P1140825

この界隈は京都市の建築協定地区になっているんですね。

建物の色、質感、看板、店舗の種類、分割の禁止などいろいろ規制ができるようです。
ただし、期限付きということです。
景観を守るためには是非継続していってほしいですねえ。

さて、寺町通りまできましたよ。




P1140827

ここまで来たら、用がなくても素通りできない鳩居堂さん。

P1140826

和のステーショナリーを少々購入。
そしていつか買って使おう、、と思っている硯のセットをあれこれ眺め回す。
(実のところ筆ペンすら使いこなせていません[E:sad])



P1140829

寺町から河原町へぬける姉小路通り。

こんな道があったなんて知らなかった。
右手は本性寺の土壁。

左手には連棟の町家が続きます。

京都新聞に、随筆家・大村しげさんの暮らした町家が再生された、という記事があったのです。
本能寺の近くに住んでおられた、ということは知っていたのですが、どこなのかよくわからないなあ、と思っていたのですが、新聞記事で初めてみつけることができました。

P1140830

大村しげさんの「京都町家ぐらし」(ぽんさん、ぢゃないのよ[E:coldsweats01])を読んだことがあります。

51nwsu6pmbl_sl500_aa300_


しげさん、実は「おばんざい」という言葉を蘇らせたかたなんですよ。
朝日新聞に連載(1960年代〜)していた金はかけないが手間はかける家庭料理のコラムの名前が「おばんざい」。

この本には京都の、いや昭和の前半まではどこの家庭でもそうだったであろう、つましいけれど豊かな日本の暮らしぶりが書かれていて、なつかしいようなせつないような。

でもしげさん、最後はバリに移住して、そこでなくなるんです。
もう日本には古い良き時代はよみがえらないと思ったのかもしれません。

しげさんがさったあと、しばらく空き家になって荒れていた町家が、今月から版画を中心とするギャラリー兼アトリエとして再生オープンされるのだそうです。(あとりえ05)

中にはしげさんの愛用したおくどさんも残っているそうで、そのうち中へ入ってみようと思います。


河原町にたどりついたところで、この日はなんとがんばって鴨川を渡り、岡崎村へ歩いて帰りました。
あ〜、よう歩いたわ。

歩いてこんな楽しくて、ちょうどいいスケールの町、京都以外にはしりません。


posted by しぇる at 23:10| Comment(19) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。