2012年01月18日

京都コンサートホール

学生の頃、京都でコンサートといえば京都会館でした。
友人が大学のオケでヴァイオリンを弾いていたので、何回チケットを買わされた聴きに行ったことか。

その後、私が京都をお留守にしている間に、とてもりっぱなコンサート専用のホール(1995年竣工)ができていたんですねえ。

この日やっとコンサートホールデビューです。



P1140796

地下鉄北山駅からすぐ、植物園のおとなりになります。

結構複雑な構成の建物みたいですが、上空からみるとどんな形になっているのでしょう。
(♪の形だったりして、、、、)
設計は磯崎 新さんという方だそうです。




P1140797

今回聴きに来たのは大ホール、日本センチュリー交響楽団の京都公演。



P1140798
エントランス。

老若男女(ま、平均年齢はそこそこ高そうですが)が次々とホールにすいこまれていきます。
京都は伝統芸能ばかりでなく、西洋音楽、クラシックのファンも多いのですね。



P1140799

左手の広場(?)を囲むような、なだらかなスロープを登っていきます。

P1140801

スロープの壁には過去現在の有名な音楽家の写真、クラシックを愛する人ならば心が高鳴ってくるにちがいありません。
(え?私?、、、、ちょっと違うような、、、、[E:coldsweats01])



P1140800

登っていくに連れ、床の模様、広場の見え方も少しずつかわっていって、おもしろい意匠だと思いました。

P1140802

床の模様がなんだかシュールです。
この柱は何を表しているのかな?
ストーンヘンジみたいな、、、、

確かに階段を登るよりはこの床の模様の変化を楽しみながら登った方が断然楽しい。

ホワイエも開放感があって、飲み物だけでなくスイーツもいただけるところがうれしい。

床は木製で柔らかく、すり鉢状になった底にステージがあって、周りを取り囲むような客席があるところは大阪のシンフォニーホールに似ています。中央にパイプオルガンがあるところも。(ドイツのヨハネス・クライス社製)
音響がどうなのかは、私には全然ようわかりません。

さて、本日の演目は、、、

1)ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
2)ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 作品68

、、、、と、えらそうに書いていますが全然私にはなじみがございません。[E:coldsweats01]
ダンナによりますと、ブラームスの曲の中ではポピュラーな方だそうですが。

(音楽と言えば私は断然ブリティッシュロック!!、、、でございます。)

でも、オタクといっていいクラシックファンの父とダンナを偶然にも持ちまして、門前の小僧ならぬ、多少のたしなみは、、、、、

ブラームスといえばバッハなんかよりはるかに現代に近い音楽ですから、わかりやすく、とてもきれいなメロディー、、、と思うことはあるのですが、不覚にも意識がちょっととんだ瞬間がありましたねえ[E:coldsweats01]
ロックでもそうですが、知っている曲だとノリが全然ちがうので、こういうのは予習していくべきでした。


この日本センチュリー交響楽団はちょっと前まで大阪センチュリー交響楽団という名称の大阪を活動拠点にするオケで、例のH元府知事による資金援助カットで苦労されたとか。
大阪のオケですが京都でも客席はほぼ満席でした。

チェロのソリストが横坂 源というまだ20代半ばの若い方でしたが、なんでもサントリーホールディングス所有の18世紀に制作されたチェロを貸与されているそうですよ。才能のある方なんでしょうね。
しろうとながら、とっても良い音、、、と思いました。
チェロの音は好きです。

地下鉄にのればさっとこんなコンサートホールに行ける、というのはうれしいですね。
(もっとも京都会館なら徒歩でいけるんですけれど。)


さてさて、音楽を聞きにいったのか、建物を見に行ったのかわかりませんが、ボロがでないうちにレポート終了いたします。
おほほ♪


posted by しぇる at 23:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都にて・その2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。