2012年01月16日

小豆粥で初春を祝う会〜妙心寺・東林院

洛西は臨済の大寺、妙心寺。

P1140757

宏大な境内は迷路のような径が続き、ひとつの城郭都市のようです。

P1140758

妙心寺には学生の時からなにかとご縁があって、それほど観光客もこないので(多くが非公開塔頭)とても好きな禅寺のひとつです。


1月15日は小正月、小豆粥を食べて1年の邪気を祓い、健康を祈ります。

その小豆粥をいただきに妙心寺内、東のはしの塔頭、東林院へ。

P1140759

こちらは西川ご住職の作られる精進料理がいただける宿坊でもあり、沙羅の花でも有名です。


P1140760

禅宗のお寺のこういう簡潔なたたずまいがとても好き。
(中学生の頃は密教寺院に惹かれていた抹香臭いお子でした[E:coldsweats01])




P1140761

こちらでは毎年、1月15日の小正月ごろから1月いっぱい、予約なしで小豆粥がいただける「小豆粥で初春を祝う会」がひらかれます。


P1140763

名前を呼ばれるまで待っている間に、有名な沙羅の木のお庭をガラス越しに。
残念ながら、落葉樹ですので、枯木しか見えませんが。


P1140765

ご本尊のいらっしゃる方丈と隣接する書院で福茶と祝い菓子をいただきます。

P1140767

福茶は天目茶碗にて。
この梅茶はなんとほんのり甘い。
この塔頭での茶礼(禅宗の礼式のひとつ)はお菓子の代わりに甘いお茶をだすのだそうです。

祝い菓子は鼓月さん。
昆布、豆、柿、くわい、橙(みかん)、、、いずれもお正月のお鏡やおせちに使われるものですね。
めでたい。


P1140770

書院の奥から沙羅の庭を望む。


書院に掲げられていた額を見て、おお!

P1140772

「松老雲閑(まつおいてくもしずか)」。
臨済義玄の言葉で「曠然として自適す」と続きます。

この臨済録の言葉から、うちの茶室は名前をいただいたんです。
「雲閑」と。


P1140774

禅寺のお正月飾り。

P1140773

達磨大師の足元には仏手柑。


P1140776

土壁と踏み石の意匠がすてき。

P1140778

祝い菓子をいただいたあとは(この時点ですでにおなかいっぱい、、、)この千両の庭(中庭)を通って奥の間へ。

P1140779

千両は今が見頃。
こんなにたくさん千両が植わっているお寺ははじめてだなあ。

P1140768

そうそう、ここのお庭でとれた千両の種もいただきましたよ。



P1140786

小餅入り小豆粥、ひじきのふりかけ、大根とお揚げの炊き合わせ、昆布の揚げたもの、黒豆、青菜の芥子ぬた、香の物。

たっぷりの小豆で邪気をはらわせていただきました。

ちなみにこのお精進は数が多いので、さすがにご住職の手作りではなく近くの精進仕出しの阿じろさんのもの。



P1140784

席に着くとまずは数粒のお粥を生飯(さば)として、さしだされる生飯器に。


P1140787

生飯は禅宗の作法で、食事の前に自分の受けた食事の中から少量の生飯を分かち、鬼界の衆生に施す(施餓鬼)というもの。

そういえば禅宗ではないけれど、東大寺お水取りの時、練行衆が食事のあと屋根の上に少量のおかずを放り投げる「生飯投げ」と同じですね。
P1140790

実際は小鳥たちがついばむのでしょうか。

P1140792_2

廊下の端には板木。

「生死事大 無常迅速 光陰可惜 時不待人」

禅寺では、色々な行事等を知らせる為にこの板木を木槌でたたいて音を出しますが、この板木に書いてある句がたいていこの句。
元来は禅の修行者が道場に入門を乞う時に述べる挨拶語の一つだそうですが、いずれにしても歳月人を待たず、明日があると思って先延ばしにしていてはいつ突然訪れるかわからない死の前に、なすべきことをなにもなさず終わってしまうかもしれない、という警句。
胸に刻んでおこう。
お腹はいっぱいになったし[E:coldsweats01]




P1140794

表の庭にあった、ご住職手作りの沙羅の花の瓦。

そうね、初夏には沙羅の花がきれだろうし、琵琶の会や聞香の会などもあるそうなので、また来よう。


posted by しぇる at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。