2012年01月23日

弘道館月釜〜有斐斎初点式

雨上がりの御所。

P1140863
いつもはここから見える東山ももやで見えません。

例によってここに車をつっこんで、弘道館月釜へ。(どなたでも会員になれます)


P1140866
今年初めて、弘道館初点です。


P1140867
玄関には餅花が。

待合いの軸は藤原為家(定家の息子)の手になる文屋康秀の歌。


   春の日の光にあたる我なれど 頭の雪となるぞわびしき

(二条の后藤原高子が「春宮の御息所」と呼ばれていた頃、康秀を御前に召し、「日は照りながら雪の頭(かしら)に降りかかりける」という題で詠むよう命じたのに即興で答えた歌)

例によって(暗さもあって)全然よめませ〜ん。

春の日のようにはれがましくも御前にいる私ですが、頭に白髪が増えて年老いたのがわびしいかぎりです、、、、といった歌でしょう。
本席の趣向が慶応2年、玄々斎が禁裏にて御献茶および様々な品々を拝領したこと、がテーマなので、白髪云々は別としてはれがましい禁中にまかりこした玄々斎の気持ちを暗示しているのかもしれません。





P1140876

この慶長2年の献茶こそが、宮中のおせち料理のひとつであった菱花平餅(今の花びら餅)を賜り、これを裏千家初釜で使うことを許された、という記念すべき原点だったのです。

今日庵の文書のこの日の記録の最後に

「御菱花平余慶ニ付御福分候也」

御所にて拝領した花びら餅をもちかえり、裏千家の初釜に使って「福を分け」たそうな。

今ではあたりまえにわれわれもお正月に食していますが、ありがたいことですね。


P1140869

本席では幕末(弘道館の皆川淇園が生きた時代)の小笠原流の流儀にのっとり、まずは梅の砂糖漬けをあてとして、おささがふるまわれ、この花びら餅。

弘道館スタッフの手作りと思われますが、家元の初釜で使われる「川端道喜タイプ」。
つまり中の白餡がじゅるじゅる。


懐紙を袋状にして包んで食べろ、という意味がわかりました。
頭から食べていると、お尻の方から餡がとろとろこぼれてくるんです。
でもおいしかった〜![E:happy02]


お道具の主人公はその玄々斎の箱書き付きの爪紅及台子。



P1140870

軸は鏡餅の絵。
花はさきごろ活け花の未生流笹岡の家元を継いだ笹岡隆甫氏がいけた松。

この花器は唐金みたいでしたが、立ち葵の紋が入っていました。
もともと本多家の紋らしいですが、玄々斎はもとはといえば三河松平郷大給奥殿藩の御曹司、葵の御紋と無関係ではありません。


まあ、あと細かいお道具は忘れましたが、いつもは半東をされる老松(太田)さんが袴をはいて濃茶のお亭主をされたのが印象的でした。

毎回の趣向がおもしろく、いろいろ勉強させてもらえます。
淇園が生きた時代の研究も色々スタッフの方がされているので、また面白い講座もあります。
ご興味のある方は是非。
(マンションになりかけた)弘道館維持のためにもささやかなる協力もしたいですし。



P1140873


posted by しぇる at 22:02| Comment(6) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

睦月の洛中さんぽ

日々洛外・岡崎村と大阪の往復、たまにはどっこいしょと鴨川をわたって洛中の空気を味わいにいかなくちゃ。

、、、、というか、洛中での用事をあちこちですませていると思いがけず楽しいお散歩になりました。

烏丸四条から北〜東へ、思いつくまま碁盤の目を歩きます。

P1140804

寒さの中でも、六角堂の柳の芽も少しふっくらしてきたようです。

P1140805

六角堂はビジネスエリアの中心、だからこんなシュールな景色も。
お地蔵様の並ぶ後ろにハイテクビルのミラーガラス、そこにまたまた映るお堂。


P1140808

境内では日なたで暖をとる鳩たち。
それぞれお気に入りの日光浴ポーズがあるみたい。


P1140810

春には見事な花をみせるしだれの御幸桜。
その下に並ぶ十六羅漢さん。
羅漢さんというより、お地蔵さんみたいでかわいい。
いたいけな乳幼児そのもののお顔なんですもの。


P1140811

三条通にはいると、あら、文化博物館で美術工芸ビエンナーレしてるわ。
(あら無料[E:heart01])

P1140813

文博の別館(旧日本銀行京都支店)をとおりぬけて。


P1140814

ここはいつきても、うっとりしてしまう。

P1140816

おや、本館との間に「まゆまろ(昨年の京都国民文化祭のマスコット)」くんが!
国民文化祭がおわってお役目ご苦労様。
でもまだ活躍しそうですね。
ちなみにこのまゆまろ君は漆喰でできているのだそうですよ。

ビエンナーレでは若手の美術家、工芸家の公募作品がずらり。
見応えがありました。
ただ作品数が多すぎて、ちょっとおなかいっぱい。


反対にほんもののお腹の方がすいてきたので、近くにあるこちらへ。



P1140817

姉小路堺町の光泉洞寿みさん。
ここへは時間があえばちょこちょこお邪魔しています。


P1140821

築100年の京町家。
走り庭はちゃんと現役のおだいどことして活躍しています。

P1140819

メニューはほんまに京のおばんざい。
なにげないケの日のご飯です。
外食でこんなのがいただけるなんて、うれしい。

P1140820

坪庭には、わが家にもある高場英二さんの作品が。
「とかちぇふウサギ」もいるようだわ。(←わかる人にはわかる)

P1140822

ヘルシー定食です。(日替わりは売り切れでした)

手前の生麩は、こちらの名物、麩嘉さんのもの。
これにつける柚子味噌(しかも赤味噌の柚子味噌・自家製)がおいしいの[E:lovely]

ごちそうさまでした。

そして姉小路通りを東へ。

P1140823

河道屋そぼぼうる。

P1140824

このあたり、立派な町家がたくさんあります。


P1140825

この界隈は京都市の建築協定地区になっているんですね。

建物の色、質感、看板、店舗の種類、分割の禁止などいろいろ規制ができるようです。
ただし、期限付きということです。
景観を守るためには是非継続していってほしいですねえ。

さて、寺町通りまできましたよ。




P1140827

ここまで来たら、用がなくても素通りできない鳩居堂さん。

P1140826

和のステーショナリーを少々購入。
そしていつか買って使おう、、と思っている硯のセットをあれこれ眺め回す。
(実のところ筆ペンすら使いこなせていません[E:sad])



P1140829

寺町から河原町へぬける姉小路通り。

こんな道があったなんて知らなかった。
右手は本性寺の土壁。

左手には連棟の町家が続きます。

京都新聞に、随筆家・大村しげさんの暮らした町家が再生された、という記事があったのです。
本能寺の近くに住んでおられた、ということは知っていたのですが、どこなのかよくわからないなあ、と思っていたのですが、新聞記事で初めてみつけることができました。

P1140830

大村しげさんの「京都町家ぐらし」(ぽんさん、ぢゃないのよ[E:coldsweats01])を読んだことがあります。

51nwsu6pmbl_sl500_aa300_


しげさん、実は「おばんざい」という言葉を蘇らせたかたなんですよ。
朝日新聞に連載(1960年代〜)していた金はかけないが手間はかける家庭料理のコラムの名前が「おばんざい」。

この本には京都の、いや昭和の前半まではどこの家庭でもそうだったであろう、つましいけれど豊かな日本の暮らしぶりが書かれていて、なつかしいようなせつないような。

でもしげさん、最後はバリに移住して、そこでなくなるんです。
もう日本には古い良き時代はよみがえらないと思ったのかもしれません。

しげさんがさったあと、しばらく空き家になって荒れていた町家が、今月から版画を中心とするギャラリー兼アトリエとして再生オープンされるのだそうです。(あとりえ05)

中にはしげさんの愛用したおくどさんも残っているそうで、そのうち中へ入ってみようと思います。


河原町にたどりついたところで、この日はなんとがんばって鴨川を渡り、岡崎村へ歩いて帰りました。
あ〜、よう歩いたわ。

歩いてこんな楽しくて、ちょうどいいスケールの町、京都以外にはしりません。
posted by しぇる at 23:10| Comment(19) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

京都コンサートホール

学生の頃、京都でコンサートといえば京都会館でした。
友人が大学のオケでヴァイオリンを弾いていたので、何回チケットを買わされた聴きに行ったことか。

その後、私が京都をお留守にしている間に、とてもりっぱなコンサート専用のホール(1995年竣工)ができていたんですねえ。

この日やっとコンサートホールデビューです。



P1140796

地下鉄北山駅からすぐ、植物園のおとなりになります。

結構複雑な構成の建物みたいですが、上空からみるとどんな形になっているのでしょう。
(♪の形だったりして、、、、)
設計は磯崎 新さんという方だそうです。




P1140797

今回聴きに来たのは大ホール、日本センチュリー交響楽団の京都公演。



P1140798
エントランス。

老若男女(ま、平均年齢はそこそこ高そうですが)が次々とホールにすいこまれていきます。
京都は伝統芸能ばかりでなく、西洋音楽、クラシックのファンも多いのですね。



P1140799

左手の広場(?)を囲むような、なだらかなスロープを登っていきます。

P1140801

スロープの壁には過去現在の有名な音楽家の写真、クラシックを愛する人ならば心が高鳴ってくるにちがいありません。
(え?私?、、、、ちょっと違うような、、、、[E:coldsweats01])



P1140800

登っていくに連れ、床の模様、広場の見え方も少しずつかわっていって、おもしろい意匠だと思いました。

P1140802

床の模様がなんだかシュールです。
この柱は何を表しているのかな?
ストーンヘンジみたいな、、、、

確かに階段を登るよりはこの床の模様の変化を楽しみながら登った方が断然楽しい。

ホワイエも開放感があって、飲み物だけでなくスイーツもいただけるところがうれしい。

床は木製で柔らかく、すり鉢状になった底にステージがあって、周りを取り囲むような客席があるところは大阪のシンフォニーホールに似ています。中央にパイプオルガンがあるところも。(ドイツのヨハネス・クライス社製)
音響がどうなのかは、私には全然ようわかりません。

さて、本日の演目は、、、

1)ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
2)ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 作品68

、、、、と、えらそうに書いていますが全然私にはなじみがございません。[E:coldsweats01]
ダンナによりますと、ブラームスの曲の中ではポピュラーな方だそうですが。

(音楽と言えば私は断然ブリティッシュロック!!、、、でございます。)

でも、オタクといっていいクラシックファンの父とダンナを偶然にも持ちまして、門前の小僧ならぬ、多少のたしなみは、、、、、

ブラームスといえばバッハなんかよりはるかに現代に近い音楽ですから、わかりやすく、とてもきれいなメロディー、、、と思うことはあるのですが、不覚にも意識がちょっととんだ瞬間がありましたねえ[E:coldsweats01]
ロックでもそうですが、知っている曲だとノリが全然ちがうので、こういうのは予習していくべきでした。


この日本センチュリー交響楽団はちょっと前まで大阪センチュリー交響楽団という名称の大阪を活動拠点にするオケで、例のH元府知事による資金援助カットで苦労されたとか。
大阪のオケですが京都でも客席はほぼ満席でした。

チェロのソリストが横坂 源というまだ20代半ばの若い方でしたが、なんでもサントリーホールディングス所有の18世紀に制作されたチェロを貸与されているそうですよ。才能のある方なんでしょうね。
しろうとながら、とっても良い音、、、と思いました。
チェロの音は好きです。

地下鉄にのればさっとこんなコンサートホールに行ける、というのはうれしいですね。
(もっとも京都会館なら徒歩でいけるんですけれど。)


さてさて、音楽を聞きにいったのか、建物を見に行ったのかわかりませんが、ボロがでないうちにレポート終了いたします。
おほほ♪
posted by しぇる at 23:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都にて・その2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。