2012年01月28日

京都・京町家ステイ・アートプロジェクト vol.1

庵 Iori Co.が主催する京都・京町家ステイ・アートプロジェクトに参加してきました。
(本日が最終日のため、参考になりませんが、、、、ゴメンナサイ)

まずは富小路仏光寺にある庵さんのインフォメーションセンターをめざします。
四条より南はあまり行く機会がないので、よく知らないエリアなんですが、風情のある町家、仕舞屋がまだまだたくさん残っているんですねえ。

お?
これは、、、



P1140907

ライブハウスの草分け、磔磔ぢゃありませんか!
学生時代1回だけ来たことがありますが、どこにあったか全然記憶になく、こんなところにあったんだ〜と感慨深いわ。



P1140909

このつきあたりが庵さんのオフィス。

ちなみに庵のコンセプトは、、、

「美しい日本の文化と伝統を守り、次の世代に伝えるには、極めてたくさんの人たちの献身的な努力と、資金が必要です。
 そこには、持続可能なビジネスモデルが必要です。そのビジネスモデルをまずは京都で開発しようということになりました。」ということで、京都のモデル事業は、京町家ステイとオリジン・アートプログラム(伝統文化研修・体験事業)。

そして今回第一回目の「京都・京町家ステイ・アート〜アートと町家が出会う日」プロジェクトだそうです。

こちらで入場料(?)をお払いして、この近隣徒歩圏内にちらばる四軒の町家の地図をもらってスタート。
(四軒の町家はすべて現在は宿泊施設)




P1140919

まずはオフィスの入り口にある「藍の町家」(筋屋町町家x染織家・福本潮子)。


P1140918

こちらはもとは大きな木綿問屋さんだった町家。

表のミセの間。
テーブル代わりになっているのは、もとはといえば大きな蔵の戸でしょうか?

壁のタペストリー、おざぶが福本先生の藍染作品です。

こんなしつらえの中でお泊まりできるなんていいですねえ。


P1140915

内玄関。


P1140914

ここからミセの間を見ると、格子ごしの灯りが風情ありますね。
いや〜京都やわあ[E:heart01]


P1140911

こちらは元だいどこの間でしょう。


P1140910

奥のお座敷。
おざぶがまた藍染。


P1140912

宿泊施設なので、通り庭の土間はふさがれて使いやすそうなキッチンになっています。
バス、トイレも快適に使えるように改修され、町家に住むのに改修する際のひとつのモデルになっていると思います。


P1140913

床は上がっていますが、上の火袋は健在でうれしい(←なんどもいいますが、火袋フェチ)

さて、次に向かいましたのは藍の町家より少し南にある「映像の町家」(石不動之町町家x映像作家・大西宏志)

P1140921

こんな細いろうじの奥にあります。

こちらはもとは普通の民家、というか仕舞屋だったそうです。


P1140926

座敷になにやら電気機器が、、、


P1140929

おお!

散らばるモニターのなかを金魚が自在に移動する、、、という映像アートになってました。
タイトルは「ビデオの池」。
なるほど〜。



P1140927

掛け軸の中にも泳ぐ金魚が。
これは楽しいかも。


P1140924

こちらもおだいどこは使い勝手よさそう。
井戸のつるべも残されています。

その井戸は、、、


P1140925

完全に蓋されてますね〜[E:coldsweats01]


P1140932

二階踊り場から見下ろしただいどこ。
ほんとうに火袋がある台所は美しいなあ。

P1140930

二階にあった作品、ビデオテーブル。

これは世界地図をあらわして、日本は動く金魚として表されているんですって。


P1140931

ねころんでミニモニター(上の世界地図と同じ映像)をみる涅槃仏さん。
これ、笑えます。

さて次はそこから東に向かって高瀬川をめざします。

途中こんなところが!


P1140934

「千と千尋の神隠し」のモチーフになったといわれる鮒鶴さん、いつもは鴨川の東岸から川向こうに眺めているだけなので、表側をみたのは初めて〜!!ひゃ〜!(←意味不明の感動)


P1140949

高瀬川沿い、木屋町に面した道を奥に入るこちらは「万象の町家」(美濃屋町町家x陶芸家・近藤高弘)。

近藤高弘さんと言えば、染付の人間国宝近藤悠三さんのお孫さんなんですよね。
お父さんの濶さん(超男前でしたの[E:lovely])の工房には学生の時分一度お邪魔したことがあります。



P1140937

こちらは元医院だったそうで、表が医院、奥の坪庭を茶庭にしつらえて、奥を茶室にしていた、、、という雰囲気。

P1140947

細かいところはけっこうお金がかかってる造作で、さぞ分限者であったことがしのばれます。



P1140941

茶室(?)から表の建物を見る。


P1140943

床の花器は高弘さんの作品。
表面に水滴がにじみ出ているような材質感(銀滴)がすてき。

P1140944

庭造りも凝っています。

この右手の廊下に横たわる板のような物も作品で、アップすると、、、

P1140946

これも銀滴、思わず手でぬぐいそうになりました。

P1140950

こちらは医院だったころの名残。

P1140953

ここから木屋町を少し北上します。
四条以南の木屋町はほとんど来たことがないので、たくさん風情のある町家、仕舞屋のお店がたくさんあるのにおどろきました。

P1140955

最後四軒目はもと商人達が定宿にしていた明治の建物。

「品格の町家」(和泉屋町家x日本画家・畠中光亨)

P1140957

こちらも内装は完全にリノベーションされています。

P1140959


ここのごちそうはなんといってもこの鴨川の眺め!

P1140965

いやあ〜気持ちいい〜。







P1140963

大文字もちらっと見えます。
送り火の時にはここから楽しめるんですねえ。

P1140967

二階の窓は額縁付き。

ここには畠中先生のインドをテーマにした日本画の他、アンティークのコレクションもなかなか見事。

P1140958_2

バンダジの上の李朝白磁にいっぱいの水仙。
良い香り。

P1140968
P1140969

こちらはデルフトの古い壺にデルフト(オランダ)だからチューリップを!


P1140985

四軒でスタンプをもらって、コンプリート!
とっても楽しかったわ。
想像した以上に、町家も室礼も改修の仕方もアートもすてきでした。

そしてなにより四条以南の情緒たっぷりの町家、家並み町並みをみるのが楽しゅうございました。


しっかり歩いてお腹が減ったので、やはり高瀬川沿いにみつけたこちらへ。



P1140981

中華の大傳月軒


P1140975

表は大正時代の洋館。
こちらももと宮大工さんの自分で建てたお屋敷だったとか。






P1140980

いかにも際コーポレーション的。(膳所漢ぽっちりによく似ています)

どうも元座敷に土足であがるのが抵抗あるんだけど、、、

しかし、「大傳月軒」って、どっかで聞いたような、、、
おお!そうだ!
内田康夫さんのミステリ「壺霊」に登場して、けっこう重要な鍵になるお店だったわ!
(舞台が京都なので、まさにこのお店)

P1140978

いただいたのは大傳月軒弁当と、、、、

P1140979

「ちょっと多いんとちがいますか?」
とお店の人に心配されながらもどうしても食べたかった小籠包。

おいしかったわ、おほほ。
ご飯を残して調整しましたので、大丈夫でした[E:happy02]
posted by しぇる at 19:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

氷雨あとの吉田山〜茂庵

学生時代からなじみ深い吉田山ですが、意外と奥が深いのです。

なにかしら新しい登山ルートを発見しては楽しんでいます。

P1140836
前日からふっていた冷たい冬の雨がようやくあがった午前中、今回は裏参道(重森三玲邸の前)から登ります。

P1140837

この時期人はほとんどみかけません。

冬枯れの山ですが、雨上がりはやはりしっとりとしています。

P1140838

モノトーンに近い景色の中、唯一鮮やかなのは南天の実。

小鳥がついばんだあとでしょうか。

P1140839

雨+濡れ落ち葉で足元すべりそうな階段にはご注意。

P1140841

吉田神社節分祭のときのみ開かれる大元宮。
まもなくですね。
今年も曜日回りがいいので、行けそうです。

節分祭のテント用パイプがもうスタンバイ。


P1140844

とても町中とは思えない山でしょ?


P1140845

散り敷く落ち葉は濡れるとさらに香気を発します。
いい山のかおり。

木立の向こうにちらっと市街地が見えてきました。

P1140846

今回は迷子にならずにたどりつけました。
谷川茂次郎が夢のあと、茂庵

吉田山に広がる数寄屋の宏大な邸宅、茶室については前回書きましたので、よろしければご参考までに。

ただし、こちらのカフェは人気なので観光シーズンはよほど待たないとはいれません。

P1140847

でも真冬の雨上がりにくるような酔狂な人は少ないらしく、今回はすんなり入れましたわ。
(それでも他に酔狂な方、若干名すでにおられましたが)

P1140848

ここにはいるのはほんとうに久しぶり。
いつもは入れずに横目で眺めるだけでしたので。

P1140850


こちらは西向きの窓。
はるか市街地が見渡せます。

P1140851

靄を吐く西山まで見えます。

ちなみに反対側の窓からはど〜んと大文字が見えるのですが、他の(酔狂な)方が座っておられたので写真は遠慮しました。

P1140852
この長テーブルは好きですねえ。
学生時代、こんな窓際の長テーブルに顕微鏡がずらっとならんだ実習室がありましたが、それを思い出しました。

P1140853

本日の日替わりランチ。
豚肉のゴボウ巻き白味噌ソース。

男性には少し量が物足りないかもしれませんが、私にはちょうど。


P1140854

立ち蹲居には山茶花が生けてあります。

お腹を満たしたあとは、別のルートで下山をこころみる。

P1140855

きゃ〜[E:heart01]

落ち葉の絨毯。

今回わたくし新しく竹中稲荷ルートを発見。


P1140857

こんなルートがあるとは。
まだまだ吉田山、奥が深い。

このお稲荷さんの正面が黒住教の宗忠神社になります。


P1140858

このルートでまぢかに見られる大文字。
かっこいい。


P1140861

山を下っていくとつきあたりが真如堂になるというルート。
この道が一番うちからは近そうです。

さて、次回はまたどんなルートで登ろうかな。
posted by しぇる at 22:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

七事式の会〜法磨之式

しばらく前から市内某所にて、七事式の会に参加させていただいています。


今回のお題は「法磨之式」。
ず〜っと、以前のお社中のころ、一度やって花があたったことがあります。
(もうあんまり昔すぎて全然おぼえとらん。)

ちなみに裏千家(他の流派はよくしりません)の七事式は、
1)花月  2)且座  3)廻り炭  4)廻り花  5)茶カブキ  6)一二三 7)員茶(かずちゃ)

法磨之式は厳密には七事式以外になりますが、これに準じて行われる歴代宗匠の好みの一つで、法磨之式は十二代又妙斎のお好み。


これ、基本は一二三之式です。
それに花と初炭がつく。

花に当たった人が、あらかじめ決められた点前をされ、他の客がそれに点数をつける(点前の修証)というもの。

普通は五人でするのですが、参加者多数につき、十種香箱も人数分。

P1140883

花の方はこの日、濃茶の重茶碗を島台でされました。
さすが、ベテランばかりのこの会、みなさんするするとお点前されます。
(わたくしはその末席を大いにけがしておりまするが、、、、[E:coldsweats01])

写真は点前が終わって点数がつけられたところ。

点数は良い順番から、月の一二三、花の一二三、(タダの)一二三。

この方のお点前は月の三が2つ、花の一が2つ、花の二3つ、花の三1つ、、、ということになります。

どんなに良いとおもっても、本来月の一はつけることがないそうです。

この「客」の札の裏は十種の季節の花の模様が描かれているんですよ。
なんだかとっても雅な修行ですわ。

P1140884

今年お初の会でしたので、お干菓子もお正月らしく「辰」の金太郎飴と蕎麦板。
(主菓子はお席主お手製の花びら餅)

この飴、辰なんですが、いやムカデだ、いやゴジラだと皆さんに大受けでした。

日ごろ、社中ではお若い方とお稽古する機会が多いので、こういう自分よりはるかに(お茶人として)上の方々とお稽古させていただくと、まだまだ修養が足らんなあ、、、とおもうこと繁く、よい刺激となっています。
ありがたい機会を得ております。
感謝、感謝。

そのお一人、ひいらぎ様手作りの花びら餅、頂戴いたしました。



P1140885

この日はさきの席主様手作りの花びら餅といい、花びら餅とは買ってくる物、と思っていた私は目からウロコがぼろぼろと。

それぞれ個性があって、どちらもとてもおいしかった。
私も自分流の花びら餅を手作りしなくちゃ。(ま、来年、、、ね[E:coldsweats01])

また今年も楽しく、ときに厳しく、お茶ができますように。


<おまけ>・・・・長すぎる軸の巻き上げ器

うちの茶室は天井の低い小間なの。
で、私は長い一行物の墨蹟が好き。

手にいれたはいいが、床にかけてみると、あちゃ〜、、、長すぎて床にひきずってしまう、、、ということも。


そこでそんな時、お役立ちのこんなものをゲット。








P1140835

竹製にもあったのですが、これはスチール製。

P1140834

風帯もまとめて中へ入れ込んでそのまま必要なだけ、巻き上げます。

P1140831

こんな感じで、それほど違和感はありません。
これで長い一行物もみっともなく引きずらずに掛けられそうです。

残念なのは、風帯が隠れてしまうことかな、、、、、
posted by しぇる at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。