2011年12月30日

師走2011・京都

P1020211

秋の名残から、、、、



P1020237

ようやく庭師さんがはいって新年を迎える庭。
楓の葉っぱも全部おとしました。

P1020238

辰年を迎える準備も完了。

「桃小龍」、高場英二さんの作。

「お福さん」、くら田たまえさんの作。

P1020245

玄関の花は越後の水仙と白玉椿。
(生け方はええかげんですけど、、、)

P1020248

門松の原型、根引き松も飾り付け完了。



P1020252
昨年大量ででかすぎて往生したため、今年は少し小さめの柳を用意したところ、、、、

ありゃ〜、、、、、
全然床にとどかない結び柳。

(しかも青竹が準備できなかったので、、、[E:coldsweats01])




P1140558

古川町市場で売られていた餅花。


P1140557

餅花用のセットも売られています。


P1140559

新春を待つ白川の流れ。

P1140556

大好きな大文字。(銀閣寺の交差点より)


P1140564

錦市場の雑踏。
用事もないのに年末のこの賑わいを味わいたくて、またでかけてしまう。


P1140568


そして、恒例のこんなものまで、、、、



P1140571

「お久しぶりニャ。」
おかえり、フレディ。(娘の猫)


というわけで今年も賑やかな年の瀬です。

ふりかえれば、京都暮らしを堪能しようと急ぎ足でかけずり回った1年でした。
来年もそれなりにちょっとずつ京都暮らしに根を張っていきたいですね。


P1140595

日本全体で言えば複雑な1年ではありましたが、来年壬辰年(みずのえたつどし)、どうかもっとよい年になりますように。
(北野天満宮の巨大絵馬)

では、みなさま、よいお年をお迎え下さい。


posted by しぇる at 22:04| Comment(8) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする

点邑

年もおしつまってお料理屋さんも次々と正月休みに入る中、旅館関係はさすがに年末年始も営業中。
なので、かの俵屋旅館さんプロデュースの天ぷらのお店、点邑さんへ。




P1140572

俵屋旅館のおいしい天ぷらを外で食べたいというお客様のリクエストに応えて作られたお店だとか。

中はカウンターのみで天ぷらを揚げている様子を見ながら食事ができます。

この歳になるともう揚げ物はどうも、、、、と思っていたのですが、目の前で少量の食材をからっと揚げてくれるそれは全然しつこさがなく、どれも1〜2口で完食してしまいます。

どうして家ではこんなふうに揚げられないかな〜?

P1140575

鳩の箸置き。[E:heart01]

こちらで出される食器類もほとんど俵屋プロデュース。

(実際俵屋旅館で使われているもので、近くの俵屋グッズのお店、ギャラリー遊形でもとめることができます。)




P1140577

この冷酒をいれるピッチャーもね。


さて、お料理は胡麻豆腐の先付けからはじまって、とろけそうなトロのお刺身、そして、、、、

P1140578

これがコースの中で一番だった海老芋の揚げた物にたっぷりの葛あんをかけたもの。

海老芋っていもぼうしか知らんかった。
こんな風にあげるとねっとりでおいしいのね。
さらにこれぞ京風、というお出汁のきいた葛あん。

ご一緒したのが東の方出身の方でしたので、「これが京都のおだしかあ、、、」と感動されていました。
(そうよ、お出汁は真っ黒じゃないのよ[E:smile])


P1140579

天ぷらにつける山椒と塩の器は、、、、村田森さんのだわ。[E:lovely]


P1140580

まずは海老の頭。
ぱりぱりさっくり。
身の方はあとからちゃんと出てくる、という演出。

天ぷらはそのあと小玉葱、生麩、キスの紫蘇葉巻き、肉厚の椎茸、ちょっともたれそうになったころに、ほろっと苦い蕗の薹の芽は一服の清涼剤。
さすがのコース組ですわ。

P1140584

もちもちとおいしかったのは、お正月も近いということでクワイのすり下ろしたものを揚げたこちら。
真ん中にちゃんとクワイの芽もついています。


P1140585

天ぷらの最後はハモ。
中骨も全然かたくなくてかりっと揚げてありました。


シメは天丼、天茶、白米から選べるとのことでしたが、天茶って何??
というわけでそれをチョイス。

P1140586

ほ〜!
ようするに天ぷらをのっけたお茶漬けなのね。

しかも上等の煎茶ですよ、これは。
これがあっさりして思った以上においしかったです。
こんな天ぷらの食べ方もあるんだわ。
目からウロコ。


P1140587

デザートは洋梨のジュレ。

結局天ぷらなのにぜんぜんしつこくなくて、コース終了時にはむしろ胃袋はさっぱりしたもんでした。


P1140588


寒さもこの日はやわらいでいたので、ほろ酔い気分を楽しみたくて家までぶらぶら歩いて帰りました。
そんな距離に良いお店がたくさんあるのが、コンパクトな京都のありがたさ。


さあ、新しい年まであとわずかですね。
posted by しぇる at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。