2011年12月01日

錦秋に酔う〜南禅寺・天授庵

今年の紅葉はあかんねえ、、、、、

なんて言っちゃって、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ![E:shock]

京都の紅葉をなめてましたわ、私。

なんといっても、京都は紅葉が日本一美しい町でした!

本日はご一緒に、京の錦秋に酔ってくださいませ。
ほとんど画像です。(デジイチ、たまにコンデジ)



P1020047

南禅寺御屋敷通、すでにここから見事な紅葉が、、、、


P1020048

毎年見事な、九曜星紋のあのお屋敷の紅葉。(○川の至宝展やってたおうち)

P1020051

個人のお宅なのですが、格子戸越しに見えるお庭の紅葉がまたゆかしく心ひかれます。


P1020053

野村碧雲荘わきの疏水分線からみる東山。
お気に入りのポイント。

ここを北上して、南禅寺の西側の門から境内に入ります。


P1020055

おお、きれいな紅葉!
境内は団体客がいっぱいなのですが、広いのでそれほどのぎゅうぎゅう感はありません。

P1020059

白壁とのコントラストに萌え〜〜。

P1020062

赤〜黄〜緑の見事なグラデーション。(+ちらりと水路閣)
これをまさに「錦繍」というのね。

なんて豪華な、、、、


P1020065

ここまできたら、登らにゃ気がすまん水路閣、琵琶湖疏水の水でございます。
先日はここで魚をねらっている大型の鷺に出会いました。


P1020069

南禅寺の一番奥にある最勝院(高徳庵)のわきの小径。
ここまでくると観光客の姿は稀です。



P1020077

さて、紅葉と言えばまずここにいかなくちゃ。
南禅寺塔頭、天授庵。

うわ!うわ!入り口からしてもう期待できそうです。
誰?!今年の紅葉は全然、、、なんてゆっとったのは。




P1020078

門をくぐり、、、


P1020079

おお〜、、、、


P1020082

方丈の庭の、これもまた見事な色彩のスケール。

(ここは団体さんはスルーするので、案外すいているんですよ。)


P1020083

方丈の縁に腰掛けて、ゆっくりながむるもよし。
足早に次のスペクタクル、池泉回遊式庭園に移動するもよし。

P1020087

息をのむ思い。

くりかえしますが、紅葉は京都が一番美しい、、、、
(少なくとも私が知っている限りでは)

P1020090

こんなきりっとした赤も。

P1020091

takes my breath away,,,,

P1020092

池の八橋にかかる黄金、、、
表現しようにも、語彙がたりません。



P1020095

竹林を透かしてみる赤。

P1020103


こういうのを夢見心地というのでしょうか。

P1020104

おっとっと、、、
ふらふら酔っていると池にはまるよ。



P1020106

白砂上真紅。

しばし憂いを忘れ錦秋に酔う。


posted by しぇる at 00:07| Comment(14) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。