2011年12月18日

一畳台目の茶事〜壺中日月長

いつものお稽古場に隣接して、先生のお宅には今日庵写しの一畳台目向切・向板の小間があります。

この年末のお忙しい時期に、4日間、ここで茶事をしてくださるとのこと。
懐石は先生の手作り、けれど裏方に徹されて、あくまで亭主・半東は社中の方々が日替わりでつとめられます。

この日の連客は全部で三人という理想的な人数、不肖わたくし、お詰をさせていただきました。


P1020215

待合いの火鉢。
折からの寒波で、木造の建物の中はひんやりつめたく、この熾った火はなによりのごちそうです。


P1140433
露地の腰掛け待合いに枝をさしかける紅葉。

席入り。

一畳台目という狭さのなかで、どのように軸、釜を拝見するのか、その動線は三人の息が合ってないと混線してしまいます。
亭主と正客がそのまままっすぐお辞儀をすると、頭がこっつんこするので、少し体をずらします。

そとは寒い木枯らしですが、一畳台目は釜がかかっているだけで、とてもあたたかく、居心地の良い空間です。
客三人と亭主で直心の交わりをするとしたら、うってつけの広でしょう。
(夏場は若干暑苦しいかも)
ここで寒い冬の夜、夜咄の茶事なぞしたら、身も心も温まりそうです。



P1020220

懐石はアツアツでしかも生姜や柚子など、体が温まる食べ物で、先生の心づくしに感謝しつついただく。

中立後は濃茶、後炭、薄茶。

今年六月、拾翠亭で、お仲間とさせていただいたチャリティ茶会のときに、使わせていただいた宇治田原、かねまたさんの抹茶が、あまりにおいしかったので、今回再登場。

この「宇治みどり」、ほんとうに苦みというものが全くない、すごいお茶です。


薄茶をいただいた沓形の古い黒織部は、お茶を飲みきったあともしばらくは、ほかほかと手の中で湯気を上げていました。
薄暗い茶室でこんな風情はすばらしいご馳走であります。


P1020234

入ってまだ1年もたたない京都でのお社中ですが、先生にも先輩方(私の方が歳は上ですが)にも恵まれ、篤く感謝です。

帰り道は寒風の中、白川沿いの道を歩いて帰りました。
桜はもうつぼみをつけているようです


今日のお軸は「壺中日月長」。
出典は後漢書。

狭い壺のなかに、宏大な仙郷がある。


深読みをすると、、、、
狭い壺とは、自分をとりまく人間関係であり、自分の知識の範囲であり、日常生活であり。
そここそが仙郷=なにものにもとらわれず、融通無碍な心のはたらきをすることができる場所である。

つまり、日々の暮らしの中にこそある真理に気づけということか。

P1140437


茶席にはよく禅語の軸がかかります。
知らない言葉はいつも調べるようにしているのですが、そうしているうちに、(あくまで私個人の解釈ですが)禅語の多くが異口同音にこれと同じ事をいっているのではないかと思うようになりました。


「処々全真」すべての場所に真理が存在する。
「明歴々露堂々」真理はすべて目の前にあるではないか。
「平常心是道場」平々凡々たる日常のなかにこそ、真理はある。
「正法眼蔵」目に映る物すべてが仏法の真髄である。
、、、、、などなど。

真理はどこか高くて遠いところにあるのではない。
日々の暮らしを、自分の持ち場をしっかり守って生きていく。
「柳緑花紅」、季節がめぐれば、当たり前のように咲く花も、その当たり前さが尊いと思い生きていく。
それでこそ「日々是好日」、辛い日も悲しい日も今日が最高の日であるとうけとめて生きていく。

そういうことなのでしょうか。
少なくとも今の私はそう解釈して、簡単なようで到達し得ない境地ではありますが、少しでもそうなるべく日々を生きていきたいと思います。


P1020233



お茶事、壺中日月長からずいぶん話がとんでしまいましたが、こういうことを考えさせてくれるのも、茶の道に足をつっこんだ者の冥利だと思えば、つくづく茶の湯との出会いに感謝です。


posted by しぇる at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

當る辰歳 吉例顔見世興行〜南座

ご存じ、南座、當る辰歳 吉例顔見世興行。

これからの1年、南座と出演契約をした歌舞伎役者が出演する、という意味で役者の正月ともいわれるので、當る辰歳 と来年の干支がつくのです。


P1140395

京の師走の風物詩、南座の招き。
いままで下から見上げるばかりで通り過ぎていましたが、今年は京の奥様方にならって師走の行事を満喫しにおでかけいたしました。

P1140394

これが今年新調された緞帳の原図(かも)。
赤地草花連紋という吉祥紋葉で、上村淳之画伯監修。
現物の緞帳をみるとところどころきらきら光ってきれいです。
制作は川島織物、聖護院八ッ橋さんの寄贈です。太っ腹〜!



今年の夜の部は、大出し物として
「源平布引の滝・実盛物語」・・・菊五郎
「元禄忠臣蔵・仙石屋敷」・・・仁左衛門、三津五郎

オープニングを華麗に彩る我當、秀太郎の「楼門五三桐」

長唄・清元・舞踊の「六歌仙容彩・喜撰」・・・三津五郎

上方落語の名作を歌舞伎にしたてたコメディ「らくだ」・・・・愛之助、翫雀



P1140391

歌舞伎についてはにわかファン以外のなにものでもないので、○○屋がだれで、△△屋がだれなのか、だれがだれの息子でだれがだれのおじいちゃん、、、、ということについてはあんまり知識がございません。

「親の顔が見てみたい。」
というセリフに場内に笑いがわいたところをみると、これは親子共演なんやなあ、、と推察するのみ。
こういうのをよくご存じでしたら、もっと楽しめるんでしょうねえ。


P1140392

でも仁左衛門さんは、ほんまええわあ。
仇討ちの本懐を成し遂げたあと、仙石伯耆守らによる詮議の場で、感情を極力おさえながらも凜とした申し開きをする大石内藏助を演じはりました。

今年2月、大阪松竹座で見た時は、やつれた色男をやらして艶っぽくて絶品でしたが、こういう武士の役もまたええわあ。
どちらも心に哀しみをかかえている、というところが共通項かも。

いちど仁左衛門のコメディ(あれば)も見てみたいなあ。

花道のすぐそばの席だったので、平伏したときの仁左衛門さんのナマ足の裏を、とくとおがませていただきました。[E:coldsweats01]



P1140388

幕間のお弁当は南座の売店で買ったのですが、うりきれ寸前だったので、この巻き寿司しかなかったのよ。
これを瓢亭なんかで調達してもちこむのが通だとか。




P1140384

幕間にせっかくの南座、記念撮影。


P1140385

例の蘭陵王の帯をお初におろしました。
まあ、舞踊と関係なくもないか、、、、と思って。


後半、三津五郎さんの喜撰法師。
お酒も女も花も好き、という喜撰法師が花盛りの祗園で茶店の女にたわむれ踊る、というものですが、直前の忠臣蔵で仙石伯耆守をやっていた人と同人物とはおもえないくらい。

体格すら、偉丈夫から急になよやかになったの?と思わせるくらいの別人ぶり。
さすが、一流の役者ってこういうものなのね。


さいごの「らくだ」は死人にカンカンノウを踊らせるという有名なお話しで、まったくの浪花言葉の口語体、思い切り笑いました。
ラブリンこと愛之助の(←ちょっとファン)小悪党ぶりがまたお似合いなことといったら、、、
こういう役をやらせると絶品です。

翫雀の久六は、その浪花言葉、最高〜!!
「あきまへん、あきまへん」というせりふ、これ関西弁ネイティブでない私には絶対発音できません。



P1140397

心地よい興奮の余韻を残して南座をあとにします。
回りをみてもお着物の方が(男性も)多いのを見るのはなんだか楽しいですね。

京の住人になったからには、これからは毎年の年中行事に顔見世をくみこまなくては。
P1140399

帰りは辰巳稲荷のある新橋通を通って。
P1140400

ここはまことに風情のある通りなのですが、夜歩くことはほとんどないので、こんな風情を楽しみながら歩いて帰りました。
posted by しぇる at 22:58| Comment(18) | TrackBack(0) | 京あそび | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

白沙村荘〜銀閣寺畔・関雪翁の夢の跡

観光客でにぎわう銀閣寺参道にありながら、一歩中へ入ると景色を独り占めできる(確率が高い)場所があります。

画家、橋本関雪翁が住まいとした白沙村荘がそれです。

P1020158

いつも前は通りすぎてしまうのですが、中へ入ったのはもう何十年ぶりでしょうか。

P1140366


紅葉の美しい季節でありながら、この宏大な(10000㎡)敷地内、ほとんど他の方をみかけませんでした。

P1020160
こちらは関雪翁が住居とした瑞米山と号する建物。

扁額がかかっていますが、漢文ゆえ、私にはさっぱり、、、、
関雪翁は漢籍への造詣が深かったそうですから、なるほどの扁額。

そういえば彼の絵画は中国の古典に題材をとったものが多いです。

P1020162

いったいどこのお寺かしら、、、と思うようなたたずまい、個人のお宅であったとは思えません。

敷地の東寄りには大きな池(芙蓉池)があるのですが、その池が見え隠れする道をいく趣向になっています。

P1020164

どんな侘び茶人がお住まいかしら、、、と思ってしまうような侘びた茅葺き門。

P1020166

視界がひらけると、池の向こうに関雪が、屏風など大型の作品を制作する場所であった存古楼。

内部は撮影できませんが、スコーンとなんにもない板張りの空間は、ちょっと体育館みたい。
絵を描くのに高い天井など、採光に工夫などあって、夏などは風邪が吹きぬける快適な空間であろうなあ、と思いました。
目の前は池、木々の緑、私のような凡夫でもなんだか画想がわいてきそうですわ。

こちらではクラシックのミニコンサートなどもひらかれると聞きました。
行ってみたいですね。

P1020176

当時、この銀閣寺参道あたりは田んぼが広がる田舎であったそうです。
ここに土を盛り、作庭、デザインもすべて関雪自身がされたとか。第1次完成が大正5年、以後順次土地を拡張していって、この広さになったそうです。


P1020177

さてもさても、野村得庵といい、藤田男爵といい、北村謹次郎といい、みなさんご自分で好みの庭を作る優れた才があったのですね、その財力に加えて。(うちらはどっちもないわ〜)







P1020172

四畳半茶室、問魚亭。
どちらかというと、待合いのような風情。

お茶をよくされたよね夫人のために、こちらには三つのお茶室がありましたが、残念なことに2年前、火事で憩寂庵と倚翠亭の二つの茶室が焼失してしまいました。
P1020171_2

けれども現在復旧工事がすすめられており、池の向こうに見えるビニールシートがその現場。
来年にはお披露目できるかもしれませんとのこと。


P1020175

太い竹の床柱。


P1020181

この庭には、お堂だってあるのです。
よね夫人の菩提を弔うために建てられたそうで、現在は関雪が蒐集した仏像のうち、鎌倉時代の地蔵尊がまつられています。

P1020183

お堂のまえにあった仏手柑。
もう、その季節か。

P1020184

また関雪は古い石造蒐集も熱心だったようで、平安時代の国東塔から鎌倉時代の板仏や五輪塔などあちこちにそれらが点在しているのですが、すごいのがこの鞍馬石の巨石、鬱勃縦横石(うつぼつじゅうおうせき)。

どこからもってきたんでしょうねえ。
繰り返しますが、石造物蒐集も、野村得庵、藤田男爵、北村謹次郎と共通しますわね。
そんなに惹かれるものがあるのでしょうかしら???



P1020186

池の奥にはこれまた蒐集物の羅漢さまたちが、ひっそりと。



P1020189

ここは嵯峨野あたりの廃寺かしら、、、いえいえ、一歩外に出ると観光客がいっぱいの場所なんです。


P1020190

東山を借景に、美しきかな。


P1020191

池にはこんなお客人も。


P1020192

改めて持仏堂をふりかえったところ。
墨染めの衣をまとった僧侶でもたっていたら絵になりますね。

最後に関雪の作品の展示室へ。
ここでは東北の旧家で発見された関雪の「赤壁の賦」の屏風一双がすばらしかった。

左双が蘇軾の赤壁の賦、右双がその風景を描いた絵(長江にに船をうかべて赤壁に遊ぶ、、、の図)。
(帰っておもわず赤壁の賦の復習をしましたわ)

こちらへ寄贈がきまっていたあとにあの震災、からくも難をのがれ、予定より早くこちらへ来たとか。
ほんとうに良かった。(この震災では多くの貴重な資料や古文書、美術品が失われたとききます)

さて、おなかがすいたら、白沙村荘の一部でもある、こちらのイタリアンレストランへ。




P1140361

NOANOAさんで、手打ちパスタランチを。
ここは私が学生の時からあるんですよ。


P1140362

つきあたりの洋風の建物は、関雪が西洋美術のコレクションを蔵するために作ったもので、これも有形文化財なんです。

さて、お腹が満たされたあとは、哲学の道をそぞろ歩いてお家へ帰ろう。

P1020199

さざんか、紅葉、、、


P1020197

イチョウ、、、(疏水の東側の道)


P1020195

そして、冬支度をすませた桜と、、、東山。

なんて美しい町なんだ、京都は。
posted by しぇる at 23:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。