2011年11月29日

金戒光明寺・黒谷さん〜西翁院にて心茶会錬成茶会

今年も学生心茶会の錬成茶会がめぐってきました。

もう何年も前から、1年に一度のこの茶会に必ずでかけています。
一昨年前までは、わざわざ京都市外からでも。



P1140220

場所は黒谷さん(金戒光明寺)、今は家から徒歩圏内。
で、ここはジモティ御用達の裏道。
雰囲気のある道で、連騰式の町家をみることができます。


P1140222

山門は大修理の最中で、景色的には残念なことになっています。[E:wobbly]

P1140223_5

こちらも階段のバケツやなんかが残念ですが、塔頭のひとつ常光院。
右手の碑は琴柱をかたどっています。
ここは箏曲の八橋検校がねむる場所なので。



P1140224

それなりの紅葉。
この階段をみると私はいつも大河ドラマ「新撰組!」のテーマ曲が頭の中を流れるのですが。
(幕末、京都守護職の本陣であり、新撰組はその配下にはいった。TVのロケもこの境内でたくさんおこなわれたので。)



P1140225

今年は楓より、桜の紅葉の方が美しいですね。

P1140227

階段を登ると市内がみわたせます。
左手の方に小さく、京都タワーも見えています。


P1140230

墓地へ通じる道の、これはお見事!な楓。

P1140232

墓地の中の階段をゆけば正面は文殊塔。
体育会の学生サークルでは、この階段、「墓場コース」というかっこうのランニングコースになっています。


P1140234

真如堂へぬける墓場の道の紅葉。
それなりに赤くなっていますが、昨年はもう真っ赤な落葉が地面を被っていましたので、今年はかなり遅いようです。

参考までに昨年の同じ時期の同じ場所の写真、のせておきます。



P1070901




P1140235

墓地におおいかぶさる紅葉。
見事なり。
ここまでは観光客はほとんどきませんので、つかのまの静寂の中での紅葉を楽しみました。
そうして見上げていると、かさっ、かさっ、、、とかすかな音が。

その音の出所をたしかめてみると、、、


P1140236

風で木からぽとっと、ドングリが落ちてくるときの音でした。

真如堂へぬけたかったのですが、そうそう、茶会に来たのだった、時間切れ。


P1140238

錬成茶会ではすっかりおなじみの西翁院へ通じる道。
西翁院は非公開の塔頭、宗旦の弟子であった藤村庸軒ゆかりの寺であります。
(道安囲いを持つ、淀看席が有名)


学生時代最後の錬成茶会もここだったと記憶しています。


P1140239

こちらも紅葉は例年よりはいまいちです。
P1140240

さて、年に一度の錬成茶会、毎年参席して、お茶に向きあう気持ちの原点を確かめるのを常とします。

掃き清められた露地に、前日遅くまで掃除をがんばったであろう学生達の姿を思いやります。
さらにその向こうに、学生時代の自分をみるのです。

よその大寄せ茶会ではつきもののざわつきが一切ない、静かな茶室で松籟に耳をすませます。
襖のむこうで、席中の気配を耳でうかがおうと、息をこらしている水屋総指揮の姿を思い浮かべます。

丁寧なお点前の所作一つ一つに教えられることもたくさんあります。

30数年前に使っていた道具に再会できるのも楽しみ。
茶碗などはその年月の間に成長するのですよ、ほんと。

心茶会の大先輩が語って下さる久松真一先生の逸話をお聞きするのもまた楽しみのひとつです。
いつも、久松先生に直接指導いただいた世代の方がうらやましい、、と思います。


大名物などはでませんし、華やかさもありません。
それでもこれが理想の茶会です。






P1140241

今年は偶然にも同じ時代を共有した、心茶会の後輩に30数年ぶりに会うことができました。
学生時代、彼をきびしく指導した、、、らしいです。(きびしくした記憶はないんだが、、、[E:coldsweats01])

彼も私と同じく、卒業後はお茶とは全く関係のない時期が長かったようですが、どのような縁のめぐりあわせか、また心茶会へもっと直接的にかかわることになったそうです。
こうしてひきもどされるのは不思議な話ですが、もしかしたら必然なのかも、、、しれません。

学生時代に心茶会に出会えた幸運に感謝。


posted by しぇる at 00:11| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。