2011年11月17日

半日休的京都

いつも帰りは真っ暗になってからなので、気づかなかった!

坪庭の白侘助、いつのまにかもう咲いていたんだ。



P1010936

昨年あまりたくさんの花をつけたので、今年は少ないよ、と植木屋さんにいわれたのだけれど、どうしてどうして、今年もけっこうつぼみをつけています。よほどここの環境が合うのかな。

P1010939

自分ちの坪庭ながら、ゆっくり明るいうちに見ることができなくて、久々にじっくり見ることができました。

P1010937

このシノブ、昨年京都に越したばかりの時にもとめたものですが、もう寒くなると枯れるから、、と安くしてくれたのですが、これも立派に越冬して、猛暑にも耐え、下の方からまた新しい芽がでています。
さすがにそろそろ室内においてやらないといけないですが、ちゃんと1年、生きてます。

P1010938

こちらは夏にvivasan様からいただいたフタバアオイの鉢。
もう来年の芽がたくさん出ています。
来年は地植えに移し替えてみようかな。

さて、貴重なお休み、家にばかりじっとしているわけには参りません。

かねてより、集めているスタンプ、あと一つで景品と交換できるんですよね〜、京町家・風の会主催の町家ショップらりぃ

Poster2011_2


景品は各町家ショップで違うので、どこのがほしいかよ〜く考えて店巡りのプランをたてなくちゃ。
というので、ねらっていました、こちらの景品。

P1140098

ずばり、場所もうつっていますね。
王田珈琲専門店。

こちらはマスターも珈琲も一癖あります。(昨年最初に行った時の記事
万人受け、、、ではありませんが、ツボにはまるとクセになります。
このお腹にどかっとくる二重ネルドリップの珈琲は京都ではここでしか飲めません。
体調の悪いときはちょっとストロングすぎますが、時に無性に飲みたくなるのです。
忙しくないときはマスターの珈琲へのこだわりを拝聴できますしね。

で、ゲットした景品はこちら。

P1010941

陶芸家のお父上作のミルクピッチャー!
サイズや釉薬が微妙に違うたくさんの中からこれを選びました。[E:happy02]




P1010940

こうしてみると、スタンプも各店毎に味わいがあっていいですね。
さて、2周目はどこへいこうかな、どの景品をねらおうかな。

その後は「蒔絵展」のご案内をいただいていた御所南・丸太町沿いのうるわし屋さんへ。

こちらは前を通るときは素通りできないんですよね。
蒔絵の器や銀食器がメインなんですけれど、そのディスプレーがいつもおしゃれですてきで。
(もちろんいつもなにか買っているわけではありませんよ。お財布と相談して、、、ね)

この日は、お正月用にと朱に金蒔絵の菓子椀五客そろえをお求めのお客さんと談笑しながら。
蒔絵って大好きなんだなあ。
ここのはお値段もお手頃なのが多くてありがたい。
そしてもとめたのはこちら。




P1010942

丁字唐草の小箱。
おそらく化粧道具のセットのなかの一つだったのではないか、ということでした。
白粉とか、小さな髪飾りなどをしまっておいたのかな。

P1010945

こんなサイズです。(比較:ハガキ)


さて、夜は夜とて徒歩圏内の青蓮院へ。
P1130938

ライトアップ中。
紅葉にはまだ早いので、あまり人がいないのでゆっくり楽しめました。


P1130944

こういうお庭もよいのですが、私はむしろ夜のお寺の雰囲気が好き。
薄暗くて、電球のオレンジの光が懐かしい感じで。
しかも松栄堂さんが献香され、お寺中、お香のよい香りがしていました。

P1130951

最近京都のあちこちで絵を描きまくっている、と評判の木村英輝さん(祇園祭でも大量の鯉の絵がどこぞであったような)の手になる青蓮院・華頂殿の襖。
青い蓮=青蓮。

この蓮の絵がとても気に入っていまして、実は今、こんなバッグを使っております。


P1130972

おしゃれでしょ?
青蓮院でももとめられますよ。
シリアルナンバー付き![E:happy01]


posted by しぇる at 00:01| Comment(14) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。