2011年11月14日

光悦会

東に春の大師会あれば、西には秋の光悦会あり。

ウン百万、ウン千万級のお道具が、ごろごろでてくるという、そのオトロシイ名前はかねてより知っていましたが、その光悦会に参席できる日がくるとは、、、うるうる。
さる御方のご厚情により、紹介いただきまして、そらいろつばめ様とつれだってでかけましたの。

P1140069

そら、気合いをいれて、(手持ちの中では)ええ帯締めていきました。
(この模様はすべて刺繍なんです)


(光悦会は、かねて関西茶道界の力を誇示しようとしていた土橋嘉兵衛、山中定次郎らを世話役に、三井松風庵、益田鈍翁、馬越化生、団狸山などの賛助を得て、1915年(大正4)三井松風庵を会長にして発足したもの。YAHOO百科事典より)


場所はもちろん、かの本阿弥光悦の屋敷跡に建てられた洛北鷹ヶ峰・光悦寺。
紅葉の名所でもありますが、交通の便がきわめて悪いため、それほど観光客がおしよせる、ということはありません。

学生の頃、このほんちかくの自動車教習所にかよっていて、路上教習で泣かされた道をのぼります。

P1140072

洛北はそれでも洛中よりは紅葉が進んでいるようですが、まだまだ楓も青いですね。

P1140073

受付で荷物もろともカメラもあずけてしまったので、画像があんまりありません。
(もとより茶室内は撮影禁止ですが)

光悦寺のゆるやかな高低差がある境内には、七つの大正時代の茶室が点在していて、植栽や、かの有名な光悦垣によって互いが上手に隠されているので、少し早めに紅葉した木々を愛でつつ、歩をすすめると茅葺きなどの情趣にとんだ草庵がふと現れる、、というすばらしい舞台装置になっています。

P1140081


この散らばった茶室をそれぞれ寄り付き、本席にして、今回は東京、京都、大阪、金沢の美術商が席をもうけられていました。

P1140077

お菓子、濃茶、薄茶と各席でいただけるのですが、点て出しにて待合いでいただき、本席ではお点前はなく、オトロシイ茶道具が展開され、それを拝見(物によっては手にとって)する、というもので、茶会としてはかなりイレギュラー。
まあ、主人公はあくまで茶道具。

ちょっと目録をのせてみます。



P1140097

こちらは東京席のもの。

寄り付きでは主に炭道具を拝見。
至近距離で見ることができます。もう食らいつかんばかり。
紹鷗が持っていた唐物炭斗とかぁ、松花堂昭乗筆・江月宗玩賛の軸とかぁ、遠州の箱書きのある灰器とかぁ、、、[E:coldsweats02]

それをこともなげに手にして説明される席主さん。

P1140080


本席では俊成の住吉切、しかも五首連続ですよ〜。
茶碗は高麗の熊川(こもがい)。これは手に取らしていただきました。
思ったより、重。
光悦自ら作った茶杓は中興名物。

大阪席ではのんこう(楽家三代・道入)の黒楽、いつもは美術館のガラスの彼方、、、がこの掌の中に。むふ、、むふふ。
「春秋」の銘のついた斗々屋茶碗、初代宗哲の凡鳥棗、信楽の鬼桶水指は馬飼桶か?と思うくらい大きくて迫力がありました。


P1140079

金沢席では紹鷗所持の籐組釜敷、長次郎の灰器、片桐石州所持の火箸、金森宗和の父・高山藩主可重が所持していた古井戸茶碗「金森」。
ここでは金沢の有名な上菓子屋さん、吉はしの「山時雨」という斬新なお菓子をいただく。

さて、三席まではわりとスムーズに入れたのですが、最後の京都席が大人気で、なんと1時間待ちでした。
でもならんだ価値がありました。
ここが一番すごかった。

なにしろお席主が、かの有馬頼底師(臨済宗相国寺派管長)なんですもの。
しかも席が小間の騎牛庵。少人数で名物と膝つき合わせて対峙できるのです。

まあ、見て。





P1140096_2

重要文化財が四つ〜〜!!!


き、、砧青磁の花器〜。
大名物の茶器・珠光茄子、しかも利休の添え状付き〜。
旧国宝(本物は焼けちゃったので)金閣寺古材の炉縁〜。


ちなみに重要文化財
1)絶海中津(15世紀初頭の禅僧)筆、騎牛帰家(十牛図のひとつ)、しかもここは騎牛庵。
2)鎌倉時代の古芦屋尾垂釜
3)平安緑釉四足壺・猿投窯 織田有楽所持
4)「加賀光悦」の銘のついた光悦の茶碗  これがよかったのよ〜。さすがにさわらせてくれなかったけれど、光悦らしい形と、明るい朱に曜変のはいった肌の色。

これらが目の前に、、、

なんだかすごすぎる物に酔ったような気分。
こんなものが飛び交う世界があったなんて、全然しりませんでしたわ〜[E:coldsweats02]

最後は瓢亭さんの点心で締め。
瓢亭の女将みずからお給仕されていたのは、光悦会の格の高さを示しているようです。

われわれはその場限りの臨時会員ですが、なかには「会員」のリボンをつけておられる方もそこそこいらっしゃいました。
どんな方が正会員になられるんでしょうねえ。
さすがにそういう方達は品格というか、なんだか違う雰囲気を身につけておいでです。

一生こういうお道具とは縁がなかろうと思いますが、見ることができただけでも幸せ。
ガラスの向こうではなく、生きた茶室の中で、他の道具との組み合わせで拝見できることがなにより、こういう会のすごいところだろうと思いました。



P1140086

帰りは光悦寺から徒歩1〜2分の源光庵へ。
そこの有名な「悟りの窓」です。
実際はお隣にある、方型の「迷いの窓」のほうが私にはふさわしいのですけれどね。

ちなみにこの窓、裏から見たことあります?


P1140092

こうなっています。
うへへ。
皆さんの撮影のおおいなる邪魔になりつつ撮った写真です。


posted by しぇる at 23:05| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。