2011年11月04日

冷泉家住宅一般公開

かつて京都に住んでいた頃、あれは同志社大学の一部で、そのうちのなにか由緒ある古い施設だろう、、、、とてっきり思っていました。

それがいつのころからか、和歌守の家として有名になって初めて、あれが冷泉家だったのか〜といまさらながら。

冷泉家、といえばまず私はメディアにもよくでてくる七夕の乞巧奠を思い出します。

P1130907


昨年、文化博物館で開催された王朝の和歌守展
も行きましたよ。

説明するまでもなく、俊成、定家、為家の和歌の神様のような方々を祖にもつ名家です。
P1130916

天皇がまだ京都におられた江戸時代の御所周辺の地図です。
今は御苑にとりこまれてしまった近衛家、九条家、閑院宮などの文字が見えます。
これらのお公家さんたちは、維新とともに東京へいってしまったため、建物は残っていません。

けれど冷泉家は維新の後も京都にとどまり、そのおかげで空襲で焼けることなく、御文庫(冷泉家伝来の貴重な典籍、古文書をおさめる。今でも冷泉家の信仰の対象として、当主は参拝されています)もうしなわれることがなかったのです。

なにが幸いになるかわかりませんね。
冷泉家ファミリーだけでなく、今にその古文書や典籍を見ることができ、現代まで唯一残る公家住宅(江戸時代)を見ることができるわたしたちにとっても。




P1130908

今季、この数日だけの一般公開です。
(例によって、写真はNGですので、画像ありません。)

まず表門を入ってすぐ見える立蔀。
腰掛け待合いみたいな、供待ち腰掛け。
広くて、おくどさんの残る台所土間。

お座敷には唐長の牡丹紋の襖が。
数年にわたる平成にはいってからの大改修で、白っぽかった襖紙の裏から、かすかに判別できる牡丹紋様が発見され、これまた唐長にのこっていた江戸時代の牡丹紋版木から復元したものとか。
ここらへん、いかにも京都らしいお話。


お庭の中には小川が流れ、内庭には左近の梅(古代は桜でなく、梅だった)右近の橘(かわいい実が黄色に色づいていました)、乞巧奠のしつらえをするのはどこらへんかなあ。

ふと見上げると周りにそそりたつのは赤煉瓦の同志社大学の建物。
まあ、マンションなんかにかこまれるようりは良いかも。

当主が日々礼拝した御文庫は、残念ながら後ろ姿しか見えませんでした。

屋根はこけら葺き、瓦も屋根の曲線もどことなく優美でかわいらしい感じがします。
武家風でも寺院風でもない、これが公家の雅なのね。

現在この住宅は重要文化財なので、冷泉家の方々はもうこちらには住んでおられません。
いろいろな季節の行事や和歌会などの時にだけ、ここを使われるようです。

まず、住んでいたらお掃除たいへんそう。
それに冬寒そう、、、、
座敷の裏に当たる場所の建具がサッシになっていたのは、ここにお住まいだった頃の名残でしょうか。




P1130910

あんまり写真がないのもさびしいので、表門の留蓋瓦の玄武といわれる瓦を。
こちらは阿吽の阿。

P1130912

こちらは吽。

玄武は四神相応で北の守護神。
かつて冷泉家がもともとあった場所が都の北の方だった、ということに由来するのだそうです。

おまけ。


P1130911

菊。

出口近く、やたらと梶の木があっちにもこっちにもあるのに気づきました。




P1130909

そうか、乞巧奠のとき、梶の葉は主役ですものね。


わが家の梶は全然分葉しないのですが、こちらの大木にも分葉が悪い木もあって、まあ、梶の木ってそういうものなのね、と妙に納得。


冷泉家を辞し、東に歩いて加茂大橋西詰のCafe BonBonへ。
P1130915

ここは昔銀行の倉庫だったんですよ〜。
高い天井にそのころの名残が。


P1130913

私は加茂大橋から見る大文字が一番すばらしい、と思います。


posted by しぇる at 21:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする

植物園大茶湯

京都国民文化祭の一環としておこなわれた植物園大茶会、行って参りました。

P1130840


秀吉の北野大茶会にならって、だれでも参加でき、だれでも亭主になれる、流派形式をとわない茶席を植物園のあちこちでもうける、というもの。

園遊会みたいに季節の花も楽しみながら、ぶらぶら歩きも楽しみながら、気に入った席があればそこでお茶をいただく、という趣向。


P1130842

この日は植物園は入園無料。
一枚300円のお茶券を買ってGo!

P1130848
芝生大広場にはこんな感じでいろんなお茶席ブースがならんでいます。


P1130844
夢風庵様と待ち合わせてまずいったのはこちら。




P1130847
らん布袋こと、ランディ先生がプロデュースするお抹茶席。



P1130853

ランディ先生のお弟子さんのぽん様がお手伝い中。

お盆にのっているこのお菓子がすごいクセモノ、、、練り切りにみえて実はホワイトチョコ+きな粉+メープルシロップでできているんですよ〜。
とってもおいしかったし、お抹茶にあうのです。
これはらん布袋のあたらしいスイーツメニューになる、、、、かも?



P1130856

おちゃめなランディ先生の写真を一枚、とらせていただきました![E:happy02]


P1130851

おお、これは先日国立近代美術館でみたのと同じ、組み立て式のお茶室ではないか。

P1130850

待庵もびっくり、茶の湯集団「鴨ん会」プロデュース。


P1130849

こちらは高校生達がプロデュースしているお茶席。
ノ貫(へちかん)もかくや、の野点傘にはちゃんと短冊のお花が。




P1130858

こちらは二條流煎茶道のみなさんによる玉露のお点前。

P1130862

目の前でお点前を拝見。
茶巾の使い方は茶道のそれと似ているようで違って、おもしろい。

文人が好んだという煎茶道、実はちょっとだけそのさわりを習いたい。
茶道と二足のわらじをはくには時間が足りないので、短期間でいいのだけれど、今教室をさがしているんです。

P1130865

玉露はとろりとして甘露。
自宅では(気が短いのでお湯を十分冷ますことができないため)なかなか楽しめないの。

おもしろかったのはこちら。



P1130867

移動式、軽量化、組み立て式、これこそノ貫の精神かも〜。



P1130870

こちらは荷ない茶屋風。

P1130871

竹の結界兼花入れ。

さておつぎはバラ園エリアへ移動です。


P1130884

ここでは秋バラが今まっさかりで、バラの林を園遊しながらお茶席巡りはとてもマダムな気分になれますことよ[E:coldsweats01]


P1130885

ここでのお目当てはこちら。


P1130877

メランジュさんに間借り(?)してはる好日居さんの中国茶席。
いつもながらお茶をいれる所作が優雅。


植物園にちなんで、数種の花の名前のついたお茶の中から一つを、客が選びます。

P1130879

私たちがいただいたのは密蘭香という、その名の通りよい香りのお茶でした。

ここでばったり、知人に会ってびっくり。
結構多くの知り合いに、そうとはしらずにすれ違っているかも。
なにせ大勢のかたがおみえでしたから。


おつぎはおとなりのメランジュさん、モロッコ・ミントティーを、お休み時間中のぽん様と合流して。






P1130881

右手にある、数個の首なが銀器、実はこれには香油がはいっていて、お茶を頂く前にこれを手に振りかけてくれるのです。
私はローズオイルを。
これは家に帰るまで香っていました。

ちなみに大根みたいにみえる白い円錐は砂糖なんです。

P1130883


左の銀テーブルにのっているのがミントティーの材料。
ガンパウダーという緑茶に乾燥ミントの葉、+砂糖。

この銀の器達がとってもすてき。
(手入れはめんどうでしょうが)ほしいなあ、、、



P1130880

う〜ん、、、、これはキューバのカクテル、モヒートのお茶版だわ。
あまくてさわやかでお茶がきゅっと最後に味を締めています。


P1130888

さらにバラ園にぴったりのメイドカフェヴィクトリアンな紅茶席。



P1130891

残念ながら、ちょっと濃いすぎで苦い。
一瞬、珈琲かと思った、、、、


口直し。




P1130893

さらにお茶だけでなく、こんな席も。


P1130897

お香の松栄堂さんのブース。

3種類の煉り香の中からひとつ選んでその香りを聞きます。
私は加寿美というのを選びました。
香木のようなよい香りがして、しばし心がなごみました。
ふ〜、、、、、[E:catface]


お茶のカフェインやらタンニンやら、飲み過ぎるとちょっと胃にこたえます。
そろそろしんどくなってきたので、最後にやさしい桑の葉茶を。




P1130899

お茶の産地、和束からもブースがでていたので、こちらで煎茶と袋詰め放題500円!のほうじ茶を買って帰途につきました。

季節の花を愛でつつ、茶席をもとめて逍遙、最高に気持ちのよい一日でした。
国民文化祭の一環としてだけでなく、こんな大茶会、毎年恒例にしてほしいものですわ。
posted by しぇる at 00:02| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。