2011年11月08日

炉開きのころ雑感

玄猪の亥の子餅をあちこちでいただく季節になりました。


P1130922

お稽古場ではお餅入りぜんざいをいただき、半年ぶりの炉でお稽古です。

いきなり向切の炭点前、といわれてうろたえましたが[E:coldsweats01]

向切では炉でも風炉と同じ右羽を使い、炭斗の炭の入れ方が逆勝手のように普段と鏡面になります。
羽も火箸もまずは左手でとって、右へ渡す、、、、などなどややこしさ満載の炭点前ですわ。



P1130918
弘道館の月釜も今月は開炉で、おぜんざいがでました。
黒文字に杉箸をそえて。
この蒔絵のお盆が、また[E:lovely]

かの一休禅師が、大徳寺の住職からお餅の入った小豆汁をごちそうになり、「善哉此汁(よきかなこのしる)」とおっしゃったことがぜんざいという名前のはじまりとか。
その一休禅師が圜悟克勤の墨蹟を与えたのが村田珠光であり、その侘茶の流れをくむのが利休なので、開炉にはその伝統もふまえてぜんざいをいただくのだとかなんとか、、、(まあ、諸説あるのでしょうが)




P1130925

こちらは弘道館の露地にあった、アヴァンギャルドな関守石[E:coldsweats02]





P1130501

さて、わが家の茶室のこの畳。



P1130929

(1年ねかせておいた、、、というか昨年は茶室を使うゆとりがなかった)炉の畳にかえました!

ダンナに手伝わして。

畳、、、メチャクチャ重い!!
狭いスペースに風炉畳をしまいこむのが重労働で、あやうく重い畳の下敷きになって死にそうな目にあいました。
(もっと年とったらどうしたらいいのかしら、、、[E:coldsweats02])

しかし、やっと炉に灰をいれることができそうです。

P1130902
こちらは露地の石蕗(つわぶき)


ここ一月は茶の湯に関わる場所にいくことが多かったのですが、気になったことを一つ。
(これは自分へのいましめもこめて、ですが)
どこの場所に行っても、初心者や素人とみるとおしつけがましく「指導」する人がかならずお一人はいること。

所作がちがっていても、流儀がちがうかもしれないし、もしかしたらその方よりももっと経験の深いお茶人さんかもしれないのに、エラソウに指導するなんて恐い物知らずだわ、、、と思ってしまいます。
初心者が立ち往生していたら小声でアドバイスするくらいならしますけれど。
お点前の所作云々よりも、茶人としての心構えを肝に銘じることが先なのではないでしょうか。
(すんません、かくいう私もエラソウに言ってますね)




P1130937

  [E:cat]「なんか、うち枕になってる?」


posted by しぇる at 20:01| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

1)油小路を行く 2)一条通りを行く

1)油小路を行く

油小路は堀川通りの一本東側、南北にはしる通りです。

P1130807

この日は丸太町から北へ向かって、てくてく。
町家ウォッチングです。




P1130804

琴や三味線の絃(糸)を作っている鳥羽屋さん。
代々小篠長兵衛を名乗り、雅楽の弦を作っているのは全国広しといえどもここだけだとか。
りっぱな虫籠窓。





P1130806
ここは町家の外観を改修中。
ミスマッチの石張り壁を元の漆喰腰板に戻そうとしているのでしょうか。





P1130808

こういうそそられるろうじ、残ってくれるかなあ、、、

P1130810

古書と茶房ことばのはおとさん。
油小路にあったのね。
残念ながらまだオープン前でした。



P1130811
こちらは「絹綿糸組物諸飾房」と見えます。
そういえばさきごろTV「美の京都遺産」で房飾りを作っている職人さんの回があったけれど、ここかな??(自信なし)

こちらで寄り道。



P1130814
お、ここでも原種フジバカマ。

P1130815

現在は楽のみならず、永楽と仁清のいいのが見られます。(12月23日まで)

なんといってもお目当ては重文、仁清の色絵鱗波文茶碗。
教科書などにはよくのっていますが、実物には何回目かの邂逅。
やっぱりいいわ。
仁清は香合シリーズも可愛くて、モダンなデザインがすてき。
玄猪香合は、(たぶん)亥の子餅の包みに紐をかけたものに、イチョウの葉を一枚はさんである意匠。すてき。




↓ 右のやつね。


P1130917


P1130818

エントランスに生けられたホトトギス。

2)一条通りを行く

楽美術館を辞したあとはそのまま一条通りを左折。
堀川より西の一条通を歩くのは初めて。


P1130821_2

このあたりは西陣どまんなか。

P1130822

このあたりも町家が結構残っていますが、朝顔のからまった一見洋風のお家もすてきです。


P1130824

なぜか顔が溝にはまりこんでるお昼寝わんこ。


P1130825

う〜ん、そそられる3軒長屋。

しばらく行くと、こんな表札が目に付きました。
え〜と、、、、どこかで聞いた名前、、、、
おお!


P1130826

羅と縦錦の人間国宝、北村武資さんのお家ではないか!

こちらに工房もあるのでしょうか。


しばらく行くと、あら浄福寺。


P1130828

浄福寺通りの名前はよく聞くものの、そのお寺には行ったことがなかったのです。
P1130830

しかも西陣の狭いエリアにあるのに、中へ入ると、え?西陣にこんな大きなお寺が?と思うくらい広いのです。(京都ではこういう現象によく出会います)


P1130829

運のよいことに秋の特別公開中。
しかも、秋の特別公開のポスターになっている十王図(重文・土佐光信筆)をもっているお寺だったとは!

この十王図を前にご住職の絵解きを聞くこともできてラッキーでした。

恥ずかしながらこの歳で、わたしは仏教行事について浅学でして、聞いていてそういうことだったのか!と思うことが多かったです。
たとえば、三途の川は3通りの渡り方(善人・橋をわたる。 やや悪人・浅瀬をわたる。 悪人・深いところを苦しんで渡る。)があるので三途の川、というなんて知らんかった、、、。

満中陰とは、中陰=あの世とこの世のあわいの中途半端な世界が四十九日で終わるから、、、だったんですねえ。

三回忌までする意味もよ〜くわかりました。
ありがたや、ありがたや。




P1130827

ランチは浄福寺の前の町家カフェ、cafe 1001さんで。

こちら町家ショップらりぃ参加店。
らりぃ参加も4回目です。
スタンプ1個ゲット。(あと一つで記念品と交換できるんだ[E:happy01])


P1130832

1001とは千本一条にあるからなんですって。
板の間にすわって、ゆったりまったり漫画1冊読破。



P1130833

日替わりランチ。
ケーキのようなのは、ケーク・サレというお食事パン。
ごちそうさまでした。

今日もよう歩きました〜。
posted by しぇる at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

冷泉家住宅一般公開

かつて京都に住んでいた頃、あれは同志社大学の一部で、そのうちのなにか由緒ある古い施設だろう、、、、とてっきり思っていました。

それがいつのころからか、和歌守の家として有名になって初めて、あれが冷泉家だったのか〜といまさらながら。

冷泉家、といえばまず私はメディアにもよくでてくる七夕の乞巧奠を思い出します。

P1130907


昨年、文化博物館で開催された王朝の和歌守展
も行きましたよ。

説明するまでもなく、俊成、定家、為家の和歌の神様のような方々を祖にもつ名家です。
P1130916

天皇がまだ京都におられた江戸時代の御所周辺の地図です。
今は御苑にとりこまれてしまった近衛家、九条家、閑院宮などの文字が見えます。
これらのお公家さんたちは、維新とともに東京へいってしまったため、建物は残っていません。

けれど冷泉家は維新の後も京都にとどまり、そのおかげで空襲で焼けることなく、御文庫(冷泉家伝来の貴重な典籍、古文書をおさめる。今でも冷泉家の信仰の対象として、当主は参拝されています)もうしなわれることがなかったのです。

なにが幸いになるかわかりませんね。
冷泉家ファミリーだけでなく、今にその古文書や典籍を見ることができ、現代まで唯一残る公家住宅(江戸時代)を見ることができるわたしたちにとっても。




P1130908

今季、この数日だけの一般公開です。
(例によって、写真はNGですので、画像ありません。)

まず表門を入ってすぐ見える立蔀。
腰掛け待合いみたいな、供待ち腰掛け。
広くて、おくどさんの残る台所土間。

お座敷には唐長の牡丹紋の襖が。
数年にわたる平成にはいってからの大改修で、白っぽかった襖紙の裏から、かすかに判別できる牡丹紋様が発見され、これまた唐長にのこっていた江戸時代の牡丹紋版木から復元したものとか。
ここらへん、いかにも京都らしいお話。


お庭の中には小川が流れ、内庭には左近の梅(古代は桜でなく、梅だった)右近の橘(かわいい実が黄色に色づいていました)、乞巧奠のしつらえをするのはどこらへんかなあ。

ふと見上げると周りにそそりたつのは赤煉瓦の同志社大学の建物。
まあ、マンションなんかにかこまれるようりは良いかも。

当主が日々礼拝した御文庫は、残念ながら後ろ姿しか見えませんでした。

屋根はこけら葺き、瓦も屋根の曲線もどことなく優美でかわいらしい感じがします。
武家風でも寺院風でもない、これが公家の雅なのね。

現在この住宅は重要文化財なので、冷泉家の方々はもうこちらには住んでおられません。
いろいろな季節の行事や和歌会などの時にだけ、ここを使われるようです。

まず、住んでいたらお掃除たいへんそう。
それに冬寒そう、、、、
座敷の裏に当たる場所の建具がサッシになっていたのは、ここにお住まいだった頃の名残でしょうか。




P1130910

あんまり写真がないのもさびしいので、表門の留蓋瓦の玄武といわれる瓦を。
こちらは阿吽の阿。

P1130912

こちらは吽。

玄武は四神相応で北の守護神。
かつて冷泉家がもともとあった場所が都の北の方だった、ということに由来するのだそうです。

おまけ。


P1130911

菊。

出口近く、やたらと梶の木があっちにもこっちにもあるのに気づきました。




P1130909

そうか、乞巧奠のとき、梶の葉は主役ですものね。


わが家の梶は全然分葉しないのですが、こちらの大木にも分葉が悪い木もあって、まあ、梶の木ってそういうものなのね、と妙に納得。


冷泉家を辞し、東に歩いて加茂大橋西詰のCafe BonBonへ。
P1130915

ここは昔銀行の倉庫だったんですよ〜。
高い天井にそのころの名残が。


P1130913

私は加茂大橋から見る大文字が一番すばらしい、と思います。
posted by しぇる at 21:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。