2011年10月27日

京に住まいて、はや1年

思い起こせば1年前は引っ越しに加えて、その1週間後にひかえた娘の結婚式で、肉体的精神的疲労でぼろぼろでしたなあ、、、

それでもどちらもうれしいことだったので、今では懐かしい思い出になりました。

京都に移住して1年が経ちましたが、トータルの京都滞在時間は睡眠時間を除くとそれほど、、、というか全然!長くない。
京都loveのよそさんのほうが、よっぽどいろんなとこへ行ってはるし、よお知ってはる。

といってもこの生活スタイルはしばらく変えようもないので、せいぜい京都滞在時間を濃密に楽しもうではありませんか。

本日はつらつら、とりとめのない京都日記でございます。

P1010798

1年経った庭のホトトギス。
昨年も咲いたのですが、今年はえらく大きな株になり、たくさん花を咲かせました。



この斑点がホトトギスの胸の模様に似ていることからその名がついたとか。
でもどこかで読んだのですが、ドイツではこの斑点をヒキガエルになぞらえた名前だとか。
そ、、そういえばヒキガエルっぽいかも。[E:coldsweats02]

P1130665

切り花にして、竹の花器に。

P1130505

そのホトトギスの咲いている茶庭を茶室から。
庭もおちついてきました。
茶室は1年経ってやっと開業、、、、ってかんじです。
これからもっと使って育てていきたいです。

P1130499

花といえば、寺町通り下御霊神社前、こんな赤のミズヒキの大株発見。

すごいわ。
宝塚の庭では白はよく増えたのですが、赤はいつのまにか消えてしまって、、、
茶花として一筋他の残花といけるときりっとしまるのですが、こんな大群もよいなあ。


P1130506

着物でお出かけできる機会が増えたのも京都暮らしのいいところ。
大阪では浮いてしまう着物姿も京都では景色のひとつ。
この着物は現代に復刻した銘仙。
NHKの連ドラで樋口可南子さんがお召しだった銘仙に似てる〜、、と着てみましたが、まあ、中味の違いはいかんともしがたく、、、[E:coldsweats01]

P1130520

先日こんな葉っぱをいただきました。
タラヨウの葉です。
この葉っぱは裏にとがったもので傷をつけて字を書くと、、、
P1130522
このようにメモ代わりになるのです。
(え?字がカナクギ流だって、、、はい、悪筆なのは自覚しておりますよ)

このように紙のかわりに植物をもちいて筆記媒体にしたものを貝葉(ばいよう)というそうです。
タラヨウはりっぱな貝葉なんですね。(翌日にはもう文字はぼやけてしまいましたが)
そういえば二条大橋の西にある町家の「貝葉書房」さんってここからきてたのか。
(ちなみに貝葉書房さん、祇園祭の駒形稚児のお休みどころなんですってよ)


P1130666




お気に入りの弘道館、月釜の会員になりました。
これは会員制になって初めての茶会、「皆川淇園的」茶会の案内。
いろんな側面をもち、多種多才でいずれも一流、というスーパー文化人、学者・弘道館ゆかりの皆川淇園について楽しく勉強しながらお茶を一服。お菓子はもちろん老松さんの栗きんとん。

京都に来てから茶会への参加もぐんと数が増えました。
茶道人口が日本一多い町です。


P1130667

そして総合芸術である茶道を支える日本伝統工芸の職人の技をどこででも堪能できる町でもあります。

意外や意外、一見どこにでもいるおじちゃんおばちゃんの家に立派な茶室があって、お茶を嗜まれている、、、というのが京都です。すごいよ。

さて弘道館からの帰り、、、、え?交通規制?

そ、、そうか!
雨天順延で日曜日になった時代祭!


P1130677

迂回させられて烏丸通りを南下するはめに。
おかげで車の中から行列見ることができましたけど。

P1130674

やはりきれいどころに目が行きますよねえ。
これは皇女和宮。

ふだんなら10分ほどで帰る事ができるのに1時間かけて岡崎のおうちにたどりつくと、もう行列の先頭は平安神宮まできているではありませんか。

期せずして2回時代祭を堪能。

P1010891

あんまり祭への情熱が感じられない?
そうね、時代祭は正直あまり燃えないの(萌えないの)。


でもきれいどころはやはり見ていて楽しい。


P1010895

清少納言と紫式部。
どちらが前に座るかは年によって違うみたいです。
実際でもライバル同士だったふたりですから、そこは平等に、、、ってところでしょうか。
(少なくとも紫式部は清少納言を日記でけなしまくりですもんね)

行列が平安神宮にすいこまれたあとは、最近近くにできたcafe rokujianへ。

P1010920

ここつい最近までは廃屋みたいな町家だったんですが、いつのまにかおされなカフェに。

意外とカフェの少ないこのエリアによい感じのカフェができてありがたい。




P1010922

窓からの景色もすてき。
(蔦はお向かいの家の壁のものです)


おとなりはKampo Cultural Center


P1010925

Kampoって簡保?
と思ったら、観峰だったのね!
書道家、原田観峰の記念館がすぐ近くにあるのですが、そこがおとなりのカフェもこの文化センターも主催しているそうです。
どうりで文化センターの内容が書道教室ですもの。

え?
おまえも習った方がいいよって?
そ、、、そうね[E:coldsweats01]


最後に岡崎からご案内。
京都市主催、岡崎 あかりとアートのプロムナード明日(もう今日?)からです。

美術館、図書館、動物園、などなどが夜間開館です。
あかりの散歩道も岡崎一帯に。
ふだんは暗くなるとあっというまにしまっちゃう、このエリアのお店もおそくまで開いているそうですよ。
P1130691

京都移住1周年を記念して、あかりの夜道をそぞろあるき、どこかで乾杯でもしましょうかね。
無事に一年過ぎたことを。


posted by しぇる at 00:26| Comment(16) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。