2011年10月14日

細川家の至宝・珠玉の永青文庫コレクション〜京都国立博物館

行きたい美術展は数々あれど、これだけは腰を据えて時間と根性のある時に行かねば、と思っていたのがこちら。

P1130383

数年前東京でやっていたときに行こうかな〜と、ちらっと思ったまま行けずにいた永青文庫コレクション(細川家歴代のコレクション・当代の細川護煕氏の祖父、護立公によって設立)の京都展です。



P1130384

この展示会ではじめて永青文庫の名がどこから来たのかを知りました。
細川家菩提寺の建仁寺・永源庵と細川幽斎の長岡京時代の居城、青龍寺城からきているそうです。

コレクション展示はあまりに厖大なため、今回は茶の湯に関する展示に集中して見ることにしました。

まあ、とにかく室町〜江戸初期にいたる歴史の中で、細川家のきらびやかさはすばらしいですね。

古今伝授をうけ、天皇にもそれを授けたという、大名でありながら超一流の歌人、文化人であった幽斎。
その息子で利休七哲の一人、武人でありながら茶の湯の歴史に欠くことのできない三斎。
その生涯があまりにもドラマティックな三斎の妻、明智光秀の娘、玉(ガラシア夫人)。

ここでどうしても幽斎、三斎、、、というと「へうげもの」の絵がでてきていかんわ[E:coldsweats01]
(幽斎は護煕氏にそっくりの強烈オヤジだし、三斎は単純熱血男子だし、、、)




P1130387

なんといっても見ておかなくては、、、なのは

1)瓢花入 銘「顔回」(顔回は「論語」にもよくでてくる孔子お気に入りの清貧を愛した弟子の名・一箪食一瓢飲)
  
ぽってりとした茶色の肌の瓢の下半分をすぱっと切ったもので、利休が所持。
利休直筆の添状(形見に顔回をあげようと思うが、早く死ねと思われるのはいやだよ、、、云々の内容)付き。
つやつやのお肌はさわってなでなでしたいくらい。
しかし、これにはどんな花を入れたらよいのでしょう。むずかしそう。
この花入は細川家の筆頭家老、松井氏から細川家七代に献上された旨、現在茶道資料館で開かれている「肥後松井家の名品・武家と茶」とあわせて見ると面白いかも。

(参考)


  
P1130306


この松井家の松井豊之はおなじく利休の直弟子。
利休が秀吉に蟄居を命じられ堺に下るとき、思いがけず三斎と古田織部が、秀吉の勘気もかまわず見送ってくれた事への驚きと感謝を記した彼宛の書状が展示されています。

そんなことを併せて見るとなにやら感慨深い物があります。
利休を敬愛し、その茶の湯をかたくなまでに守り通した三斎、その家にこそふさわしい花入なのかもしれません。


2)唐物茶入 「利休尻ふくら」

利休が所持していたのが確実な茶入。(北野大茶会にも用いられた記録があるそうで)
三斎が関ヶ原の軍功により徳川秀忠から拝領した茶入だそうです。
これもコロンとした形がかわいいのですが、照明のせいか色がよくわからない。
紫のような、茶色のような、、
でもこういうものこそさわって手取りを確かめたいですよね。無理ですけれど。

3)長次郎黒楽茶碗 銘「おとごぜ(乙御前)」


口すぼまりのなんとなくゆがんだ、それでいて手の中にいれるとしっとりなじみそうな茶碗。
思ったより無骨な感じがしましたが、いいですね〜[E:lovely]これ、、、、
長次郎といえば利休ですが、これは三斎自らが長次郎に焼かせたものだそうです。

4)南蛮芋頭水指

これも利休所持が確実な水指。北野大茶会にも登場。
南蛮=当時の中国明代の焼物。これと似たような芋頭水指が松井家にも伝来し、茶道資料館に展示されています。
ぱっと見にはすごく地味〜な水指なんですが、この形、一度見たらかなり印象に残りそうです。

5)利休の形見で三斎に与えられた自作の茶杓「ゆがみ」(織部には「泪」を与えているのは有名な話ですね)

→これは後期展示なので、今回は見られず。残念。

そのほか、芦屋、天明、京(大西浄清・大西家二代)の三釜そろいぶみは迫力ありました。

浄清の四方釜はいいですよ〜。
肌に、三斎自らしたためた「見わたせば 花も紅葉もなかりけり、、、(定家)」の地紋が鋳出されています。
なにがかっこよいって、鐶付きが対角線になっていることでしょうか。
自然と正面が角になりますよね。風炉にかけたらきれいだろうなあ、、、


図録も販売されていたのですが、重いのとコレクション全部にわたって厖大すぎるので購入は断念。

ところが隣接の便利堂さんでこんな良い物を発見。










P1130404

これをもとめまして、本日の復習を。

ちらっとだけお見せしますね。


P1130405

ご参考までに、国立博物館へおでかけの節はこちらへのお立ち寄りはいかがでしょう。

P1130402
七條甘春堂さんの町家甘味処・且坐喫茶。




P1130400

お薄と上生菓子をいただきました。

ついでに博物館の西、大和通を北上すると、豊国神社。
家康のいちゃもんで有名な方広寺の釣鐘も見ることができますよ。

P1130399

(白でかこってあるところが問題の「国家安康 君臣豊楽」。ようこんなん見つけたわ。すごいいいがかりやね)

三斎や利休とほぼ同じ時代の空気をまとっていたのですねえ、、、。


posted by しぇる at 00:30| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。