2011年10月11日

粟田神社大祭

P1130272

え〜っと、タイトルは粟田神社ですが、これはうちが氏子であるところの岡崎神社です。

こちらの大祭は来週、よって御献酒に。

P1130310

岡崎神社の人気のウサギみくじです。
今年は卯年だったので、お正月はそらもうエライ行列で、、、。

今は来週のこども神輿の準備やら。
よくみるとこのおみくじ、白とピンクのとでは微妙に耳の角度がちがうんですね。

さて、粟田神社はおとなりの氏神様なんで、浮気、、、ってわけじゃないんですが、こちら今年の春初めてお参りしてから気に入ってしまって。

7月にはこちらの境内の納涼ビアガーデンにもお邪魔しちゃったし。

P1130346

夜渡神事は、風邪ひきゆえさすがに自粛しましたが(来年の課題)、神幸祭は見なくちゃ。


P1130312

うちの町内をちょっと南下するとそこはもう粟田神社氏子ワールド。


P1130314

おお、やってきました。
神輿の先触れ、剣鉾の行列が。


P1130319

狭い露地は電線がいっぱいで、剣鉾は電線のないところでだけ立ちます。


P1130323

立ったり寝かしたりが大変な重労働です。
でも年配の氏子さん、がんばってはりますね。

P1130328

寝かすとこんな感じですが、鉾につけられた小さな鐘が立つとりんりんと良い音をたてて、まさに悪霊を祓ってくれそうな感じです。
この剣鉾は祗園御霊会(いわゆる祇園祭)の原型ともいわれているのですが、一時鉾差しがとだえていたのを、平成になってから、氏子連の努力で復活させたそうです。

P1130329

更に京都造形芸術大学共催で復活した大燈呂、ねぶたのミニ版というところでしょうか。


P1130333

今年は8基でます。
夜渡神事ではこれに灯りがはいるのできれいだろうなあ。(再び来年の課題)


P1130338

神宮道〜三条にかけて、あちこちに鉾の居祭所(鉾が飾られている)があるのにおどろきました。
いつも見慣れた風景がまた違って見えます。
さすが京都、奥が深い。



P1130340

白川を南下。
タクシーが数珠つなぎでえらいことに。
ここも行列は通るはず。


P1130342

白川沿いのダンナご愛用のお店の三毛ちゃん。
かわいい[E:heart01]

P1130350

知恩院前から青蓮院の方向へ。
あ、剣鉾にまた出会いました。


P1130352

ここもねかしたり立たしたり、たいへん。

P1130356

少々だれてきたちびっ子たち。
がんばれ〜!


P1130358

お、ヤマタノオロチの大燈呂が難儀してます。


P1130360

青蓮院の大楠、こえられるでしょうか?


P1130361

大遠忌の法然上人の首、動くんです。

P1130364

子狐をくわえた合槌稲荷(粟田神社一の鳥居の北向かい)さん。
これが一番らぶり〜。


P1130366

さあ、いよいよ青蓮院の坂を登ってくる神輿。


P1130369

ほいっとほいっと!
祇園祭にもまけない男達の熱気ムンムン。

このあと青蓮院の四脚門から入御してお祓いをうけるのですが、それは見損ねたの。
情報不足で。(これまた来年の課題)


P1130371

こうして氏子町内が祭一色。
お祭り好きの私には京都ってやっぱりすばらしい!


P1130375

粟田神社一の鳥居にもどってみると、こちらをまわっていた剣鉾行列にまた会いました。
この鳥居のお向かい、ここもある意味有名な、、、、



P1130372

お肉の荒井亭。
家族でやってはるんですが、おじいちゃんがええ味出してます。
そして、注文をきいてからあげてくれる名物コロッケ!

P1130378

アツアツをいただく。
スパイシ〜!

ちなみにバックの赤いのは合槌稲荷さんの鳥居です。
荒井さんはこのほんちかく。

さて、来週は岡崎神社のお祭り。
粟田神社大祭にくらべるとこぢんまりしてると思うけれど、お祭りはやっぱり好きだし。

P1130381

しっかり「御神酒札」はらしてもらいますっ!


posted by しぇる at 20:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。