2011年10月05日

庭の小秋

1年半ぶりくらいに風邪をひきました。
風邪のひき方を忘れとりました。
かなりアクティヴィティダウン。
よって、半日休みの日にはおうちでだらだら養生。

デジイチ持って、まあ回るというほどでもない猫の額庭を観察。

P1010764

石蕗(つわぶき)。
この葉っぱの中をのぞいてみると、、、

P1010765

ほらほら、花のつぼみがみっしり。
菊に似た黄色い花が初冬の頃咲くんですよ〜。

P1010766
P1010772

紅葉の季節にはまだ早いですが、ちょっと気の早い楓もいます。




P1010769

ホトトギスは茶花としてもゆかしいのですが、つぼみが少し色づいてきました。

P1010770

じつはこちら、実がなるまでコムラサキシキブとは気づかなかった。


P1010773

裏に植えた梶の木。
それなりに大きくなりましたが、相変わらずほとんど分葉しません。
いいとこ朝顔の葉どまり。
ただ大きさは、葉蓋にするのに十分になりました。

P1010774

相変わらず乱れ咲きの祇園守、今年最後の一輪です。



P1010775

今年の猛暑でかなりくたびれていた杉苔もちょっと回復。
砂利のあいだからも新しい苔が生えてきました。
いや、この夏のお守りはたいへんだった!
まあ、宝塚時代の自称・イングリッシュガーデンに比べれば、広さもちがうし、砂利をいれたおかげで雑草もそれほどではないし、苦にはならないのですが。


P1010777

昨年は冬中花が途切れることなく咲いた、白侘助。
今年もたくさん咲くかな?



P1010780

日当たりの良い場所のドウダンツツジはもう紅葉。
でもまだまだ赤くなることを期待。


P1010771

ふあ〜、、、
気持ちの良い空だなあ。

多分金木犀の香りもしているはずだけれど、風邪ひきの鼻には感じられなくて、、、(残念!)

ベストショットをとるため、アクロバティックなポーズをとるアヤシイ下僕主人を覚めた目でみている猫たち。


P1010762

(まあ、たまたまこの場所が日当たりが良くてあったかいからいるだけなんですが。)


猫を膝にのせていると、こんなお天気の日は、お耳に陽が透けて、こんなものまでみえちゃう。
(血管とか、血とか、弱い方はみないでね)


P1010785

生きている証だなあ、、と私は思うんだけれど。


そうそう、風邪引いてのびのびになっていたお仕事、おそまきながら片付けました。

<作業前>


P1130266


<作業後>


P1130267


京都に越して、ようやく季節は一巡り、、、です。


posted by しぇる at 22:48| Comment(22) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。