2011年10月14日

細川家の至宝・珠玉の永青文庫コレクション〜京都国立博物館

行きたい美術展は数々あれど、これだけは腰を据えて時間と根性のある時に行かねば、と思っていたのがこちら。

P1130383

数年前東京でやっていたときに行こうかな〜と、ちらっと思ったまま行けずにいた永青文庫コレクション(細川家歴代のコレクション・当代の細川護煕氏の祖父、護立公によって設立)の京都展です。



P1130384

この展示会ではじめて永青文庫の名がどこから来たのかを知りました。
細川家菩提寺の建仁寺・永源庵と細川幽斎の長岡京時代の居城、青龍寺城からきているそうです。

コレクション展示はあまりに厖大なため、今回は茶の湯に関する展示に集中して見ることにしました。

まあ、とにかく室町〜江戸初期にいたる歴史の中で、細川家のきらびやかさはすばらしいですね。

古今伝授をうけ、天皇にもそれを授けたという、大名でありながら超一流の歌人、文化人であった幽斎。
その息子で利休七哲の一人、武人でありながら茶の湯の歴史に欠くことのできない三斎。
その生涯があまりにもドラマティックな三斎の妻、明智光秀の娘、玉(ガラシア夫人)。

ここでどうしても幽斎、三斎、、、というと「へうげもの」の絵がでてきていかんわ[E:coldsweats01]
(幽斎は護煕氏にそっくりの強烈オヤジだし、三斎は単純熱血男子だし、、、)




P1130387

なんといっても見ておかなくては、、、なのは

1)瓢花入 銘「顔回」(顔回は「論語」にもよくでてくる孔子お気に入りの清貧を愛した弟子の名・一箪食一瓢飲)
  
ぽってりとした茶色の肌の瓢の下半分をすぱっと切ったもので、利休が所持。
利休直筆の添状(形見に顔回をあげようと思うが、早く死ねと思われるのはいやだよ、、、云々の内容)付き。
つやつやのお肌はさわってなでなでしたいくらい。
しかし、これにはどんな花を入れたらよいのでしょう。むずかしそう。
この花入は細川家の筆頭家老、松井氏から細川家七代に献上された旨、現在茶道資料館で開かれている「肥後松井家の名品・武家と茶」とあわせて見ると面白いかも。

(参考)


  
P1130306


この松井家の松井豊之はおなじく利休の直弟子。
利休が秀吉に蟄居を命じられ堺に下るとき、思いがけず三斎と古田織部が、秀吉の勘気もかまわず見送ってくれた事への驚きと感謝を記した彼宛の書状が展示されています。

そんなことを併せて見るとなにやら感慨深い物があります。
利休を敬愛し、その茶の湯をかたくなまでに守り通した三斎、その家にこそふさわしい花入なのかもしれません。


2)唐物茶入 「利休尻ふくら」

利休が所持していたのが確実な茶入。(北野大茶会にも用いられた記録があるそうで)
三斎が関ヶ原の軍功により徳川秀忠から拝領した茶入だそうです。
これもコロンとした形がかわいいのですが、照明のせいか色がよくわからない。
紫のような、茶色のような、、
でもこういうものこそさわって手取りを確かめたいですよね。無理ですけれど。

3)長次郎黒楽茶碗 銘「おとごぜ(乙御前)」


口すぼまりのなんとなくゆがんだ、それでいて手の中にいれるとしっとりなじみそうな茶碗。
思ったより無骨な感じがしましたが、いいですね〜[E:lovely]これ、、、、
長次郎といえば利休ですが、これは三斎自らが長次郎に焼かせたものだそうです。

4)南蛮芋頭水指

これも利休所持が確実な水指。北野大茶会にも登場。
南蛮=当時の中国明代の焼物。これと似たような芋頭水指が松井家にも伝来し、茶道資料館に展示されています。
ぱっと見にはすごく地味〜な水指なんですが、この形、一度見たらかなり印象に残りそうです。

5)利休の形見で三斎に与えられた自作の茶杓「ゆがみ」(織部には「泪」を与えているのは有名な話ですね)

→これは後期展示なので、今回は見られず。残念。

そのほか、芦屋、天明、京(大西浄清・大西家二代)の三釜そろいぶみは迫力ありました。

浄清の四方釜はいいですよ〜。
肌に、三斎自らしたためた「見わたせば 花も紅葉もなかりけり、、、(定家)」の地紋が鋳出されています。
なにがかっこよいって、鐶付きが対角線になっていることでしょうか。
自然と正面が角になりますよね。風炉にかけたらきれいだろうなあ、、、


図録も販売されていたのですが、重いのとコレクション全部にわたって厖大すぎるので購入は断念。

ところが隣接の便利堂さんでこんな良い物を発見。










P1130404

これをもとめまして、本日の復習を。

ちらっとだけお見せしますね。


P1130405

ご参考までに、国立博物館へおでかけの節はこちらへのお立ち寄りはいかがでしょう。

P1130402
七條甘春堂さんの町家甘味処・且坐喫茶。




P1130400

お薄と上生菓子をいただきました。

ついでに博物館の西、大和通を北上すると、豊国神社。
家康のいちゃもんで有名な方広寺の釣鐘も見ることができますよ。

P1130399

(白でかこってあるところが問題の「国家安康 君臣豊楽」。ようこんなん見つけたわ。すごいいいがかりやね)

三斎や利休とほぼ同じ時代の空気をまとっていたのですねえ、、、。


posted by しぇる at 00:30| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

粟田神社大祭

P1130272

え〜っと、タイトルは粟田神社ですが、これはうちが氏子であるところの岡崎神社です。

こちらの大祭は来週、よって御献酒に。

P1130310

岡崎神社の人気のウサギみくじです。
今年は卯年だったので、お正月はそらもうエライ行列で、、、。

今は来週のこども神輿の準備やら。
よくみるとこのおみくじ、白とピンクのとでは微妙に耳の角度がちがうんですね。

さて、粟田神社はおとなりの氏神様なんで、浮気、、、ってわけじゃないんですが、こちら今年の春初めてお参りしてから気に入ってしまって。

7月にはこちらの境内の納涼ビアガーデンにもお邪魔しちゃったし。

P1130346

夜渡神事は、風邪ひきゆえさすがに自粛しましたが(来年の課題)、神幸祭は見なくちゃ。


P1130312

うちの町内をちょっと南下するとそこはもう粟田神社氏子ワールド。


P1130314

おお、やってきました。
神輿の先触れ、剣鉾の行列が。


P1130319

狭い露地は電線がいっぱいで、剣鉾は電線のないところでだけ立ちます。


P1130323

立ったり寝かしたりが大変な重労働です。
でも年配の氏子さん、がんばってはりますね。

P1130328

寝かすとこんな感じですが、鉾につけられた小さな鐘が立つとりんりんと良い音をたてて、まさに悪霊を祓ってくれそうな感じです。
この剣鉾は祗園御霊会(いわゆる祇園祭)の原型ともいわれているのですが、一時鉾差しがとだえていたのを、平成になってから、氏子連の努力で復活させたそうです。

P1130329

更に京都造形芸術大学共催で復活した大燈呂、ねぶたのミニ版というところでしょうか。


P1130333

今年は8基でます。
夜渡神事ではこれに灯りがはいるのできれいだろうなあ。(再び来年の課題)


P1130338

神宮道〜三条にかけて、あちこちに鉾の居祭所(鉾が飾られている)があるのにおどろきました。
いつも見慣れた風景がまた違って見えます。
さすが京都、奥が深い。



P1130340

白川を南下。
タクシーが数珠つなぎでえらいことに。
ここも行列は通るはず。


P1130342

白川沿いのダンナご愛用のお店の三毛ちゃん。
かわいい[E:heart01]

P1130350

知恩院前から青蓮院の方向へ。
あ、剣鉾にまた出会いました。


P1130352

ここもねかしたり立たしたり、たいへん。

P1130356

少々だれてきたちびっ子たち。
がんばれ〜!


P1130358

お、ヤマタノオロチの大燈呂が難儀してます。


P1130360

青蓮院の大楠、こえられるでしょうか?


P1130361

大遠忌の法然上人の首、動くんです。

P1130364

子狐をくわえた合槌稲荷(粟田神社一の鳥居の北向かい)さん。
これが一番らぶり〜。


P1130366

さあ、いよいよ青蓮院の坂を登ってくる神輿。


P1130369

ほいっとほいっと!
祇園祭にもまけない男達の熱気ムンムン。

このあと青蓮院の四脚門から入御してお祓いをうけるのですが、それは見損ねたの。
情報不足で。(これまた来年の課題)


P1130371

こうして氏子町内が祭一色。
お祭り好きの私には京都ってやっぱりすばらしい!


P1130375

粟田神社一の鳥居にもどってみると、こちらをまわっていた剣鉾行列にまた会いました。
この鳥居のお向かい、ここもある意味有名な、、、、



P1130372

お肉の荒井亭。
家族でやってはるんですが、おじいちゃんがええ味出してます。
そして、注文をきいてからあげてくれる名物コロッケ!

P1130378

アツアツをいただく。
スパイシ〜!

ちなみにバックの赤いのは合槌稲荷さんの鳥居です。
荒井さんはこのほんちかく。

さて、来週は岡崎神社のお祭り。
粟田神社大祭にくらべるとこぢんまりしてると思うけれど、お祭りはやっぱり好きだし。

P1130381

しっかり「御神酒札」はらしてもらいますっ!
posted by しぇる at 20:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

岡崎あたり〜好日居でf/style展

外歩きが気持ちの良い季節です。

ただし岡崎あたりは気をつけないととんでもない人出にまきこまれるおそれがあります。

そこはジモティの利をいかした秘密の散歩道も存在するわけで、そのほんの一部を公開。


P1130273

まあ、なんということもない道なんですが、東山がとてもきれいに見えるんです。
あたりの仕舞屋も良い感じで。

P1130275

水の流れと緑のあるところ、どこでもすてきな散歩道。

P1130276

動物園を疏水側からみたところ、保育園のお子たちが遠足に来ているようです。
昔、京都の某保育園で子どもたちがお世話になっている時にもお弁当持ってきたなあ。なつかしい。

永観堂の多宝塔も見えているんですが、見えますかな?



P1130277

さて、本日の好日居さんは、カフェはおやすみ。

企画展、f/style展の真っ最中。



P1130278

いつもと全くちがう雰囲気〜。

f/styleは新潟にお住まいの、ふたりのお若い女性のデザイン事務所。
日本の地場産業を中心としたデザイン提案から販路の開拓までを一貫して行う、、、がコンセプト。


安い中国産などにおされてすたれつつある、、、なかには既に消滅してしまった地方につたわる庶民の伝統的手仕事。
まず自分たちのまわりにあるそういうものを見直して、販売ルートにのせ、広めたい、という試みでしょうか。


P1130279

たとえば新潟に残るシナ織り(シナの木の繊維で編まれている)のバッグ。
昔ながらの編み方で作られた新潟のくつした工房の靴下。
綿花の一大産地、新潟亀山で野良着として織られていた亀山縞の木綿布。
山形の月山緞通。

たまたま知人を介してたちよられたf/styleのお二人と好日居さんが、意気投合して開催することになった展示会なんだそうですが、そんな人と人のご縁が新潟と京都を結びつける、、、そんなこともあるんですね、いいな。

わたくしがもとめました物はあとで公開するとして、まずはお散歩の続き。



P1130280

そうそう、好日居の玄関先で見つけたこんなもの。
松ぼっくりから松が発芽。
知識として知ってはいても、こんなふうに発芽するなんて感動。


P1130281

この季節、どこも行列ができてランチをするのにも一苦労な岡崎エリアですが、ここままだ安泰。
カフェ糀屋

ランチというよりは、ほんまの虫やしない(ちょっと小腹を満たす軽食)なんですがここの味噌汁は具が多くて、さすが糀屋さん、糀味噌の味が絶品。
具の中に栗をみつけてにんまり、なんだかうれしい。

ここは白味噌雑煮もおいしい。(私、基本的には白味噌雑煮はNGなんですけれど)



P1130290

この日の夕方は市内某所より、西山に沈む夕陽を楽しむ。
山に沈む夕陽は刻々と沈んでいく様子を見ることができて、楽しい。

さて、f/style展で購入した物。

P1130283

亀田縞の割烹着。

くつした工房の木綿の靴下。これはリピーターが多いそうです。
風呂上がりにはくと心地よさそう。まだもったいなくて(?)おろしてませんが。

そして新潟唯一の手作りハゼ蝋燭を作っている岡田ローソク店のハゼ蝋燭。


割烹着は(モデルは不問に)こんな感じで。

P1130293

着物の上に着ると雰囲気でそう。
ちなみにとても暖かいです。
スモックかわりに部屋着にしてもいいかもしれません。

ハゼの蝋燭に点火。

P1130296

本来和蝋燭は、植物のハゼの実からとった蝋、イ草のズイを和紙にまいた灯芯でできているのです。
普通のロウソク、石油系のパラフィンロウソクとは全く別物ですね。

煙がほとんどでなくて、炎は独特の揺らぎ方をします。
見ていて飽きません。

しかも!
驚いたのはきれいさっぱり燃焼してしまうこと。
パラフィンロウソクでできるとけたロウ溜まりは全くでないのです!





P1130299

最後に芯が燃えて消える様は、生き物のようで、ほんとうに美しいです。

秋の夜長にこんな灯をともして遊ぶのはいかがでしょうか。
(でも火の用心だけはくれぐれも)
posted by しぇる at 23:43| Comment(12) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。