2011年08月30日

灰型と茶壺飾結び

さてさて、灰型の二文字押し切りもいよいよ一応のおしまい。

あくまで一応。
だって完璧、、、になんてあと10年はできないもの。


P1120839

とりあえず、茶事に使えそうなくらいにできればいいか。

今回新たな灰型作りアイテムに30cmプラスチック定規が加わりました。
エッジを五徳の爪にあわせて直線に切るのに、定規を上からあててみるとどこがゆがんでるかよくわかります。

P1120840

あ〜れ〜、、、
細かいところはスルーですよ、見なかったことにしてね。
時間は確かに短縮しましたけれどね。

P1120841

こちらは上級のひいらぎ様の、向一文字前谷灰。

大風炉に小振りな釜をかけたときに火が見えすぎないようにと考えられた灰型だそうです。
この曲線のエッジがむつかしそ〜[E:coldsweats02]

しかし、私が持っている釜は切り掛け風炉なので、丸灰はマスターしないといけないんです。

次回はいよいよ丸灰、五徳なし、曲線エッジに挑戦!です。



P1120842

最後にお楽しみの手作りお菓子をいただき、お茶を点てあって一服。
涼しげな葛のお菓子も、そろそろおしまいでしょうか。

秋の到来とともに、そろそろ茶壺の飾り結びの予習をしておかねば、、、



P1120843

まああと最低10年は口切りの茶事(茶家の正月といわれる11月に、その年の茶壺の口を切り、主客ともども祝う、数ある茶事の中でも、最も格式の高い茶事)なんてできないでしょうから、茶壺はよう買いません。
でも紐はついに買っちゃった!

いままでは真田紐なんかで練習していましたが、どうも長さとか、太さとか感覚が違うので。


この飾り結びはいったん口切りをした壺にほどこすもので、正面は真(両ワナ結び)、上座は行(総角【あげまき】結び)、下座は草(淡路結び)にむすんで床に飾るためのものです。


Td067_2


ちなみに完成品はこんな感じになります。
(あ、私が結んだわけではありません)




P1120845

茶壺のかわりは玄関においてあった備前焼の花器[E:coldsweats01]


P1120847

いったん、結び方をおぼえると、真が一番形作りやすい。
紐の配分とか考えなくてよいので。

(、、、、と大口をたたいて、後日お稽古の壺飾付花月の真で立ち往生したのは私です、、、、[E:shock])



P1120850

これは行。
壺に紐を掛ける耳(乳)がないので、下で結びました。
これ最後の端っこの長さあわせがとってもむつかしい。
壺によって、淡路の部分の大きさも調整しないといけないし。


P1120849

草。
あはは〜、、、最後がやっぱり、長さあってません。

わらわらよってきているのは、紐をみたら遊ぶ道具と思っている方達。迷惑です!



P1120844

ついでに口紐結びも。

これもけっこう特殊な結び方です。
端っこをもって反時計回りにくるくるまわすと、するっとぬけるような結び方です。


毎年、「これで完璧!」と思うのですが、次の年のシーズンになるとまた0からのスタートになるのはなぜ???


<おまけ1>
南座前の井澤屋さんで買った水色の絽の帯揚げと、夏用の帯締め。


P1120868

着物と帯、帯と帯締め、、、、あんまりあってませんね。
コーディネイトミス!
だって、とにかく締めたかったんだもの。



<おまけ2>

社中をこえて開催されている某・花月の会へ参加させていただいています。

そこで茶歌舞伎之式(花月のひとつで、3種の濃茶を喫して種類をあてる)をされ、そのときの執筆さんの「茶歌舞伎之記」がすばらしく達筆なので、コピーを頂戴いたしました。

P1120871_2

これは一番正解をだした人に与えられる記録なんです。

いやあ、、、自分が執筆(記録係)になったら、すごいカナクギ流なので、だれも欲しがられないんじゃないかと思います[E:despair]おはずかしい、、、


posted by しぇる at 21:00| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。