2011年08月28日

おぢさんと猫のファンタジー(?)

とある大きな古い京町家におぢさんが猫と暮らしている。
猫は白黒のブチで、おん歳24歳。
人間ならばとうに100歳越え。
P1120851

数年前、おぢさんは奥さんを急な病で亡くした。
奥さんのかわいがっていた猫はしばらく遺影の前をはなれなかった、という。

ある朝、おぢさんの枕元で「おとうさん。」と奥さんの声が。

びっくりしてとびおきてよく見ると、朝ご飯の催促をする猫だった。

歯もいささか抜けて、鳴き声も明瞭ではないので、
またおぢさんの奥さんへの思いからの空耳であろうが、猫も
10年生きると猫又になるというし、もしかしたらうっかり人語を話してしまったのかもしれない。

目も薄く濁って、爪も引っ込めることができす出しっぱなし。
顎の毛がよごれているのも毛づくろいに熱心でなくなったせいだろう。

それでも、風のよく通る町家の通り庭、三和土の上を歩き、バケツにたまった水を飲み、
扇風機がつくる陰の中でまるまったり、時折お客さんがくればチェックにでてくる。

ゆるゆると、残り少ない、いとしい時間を生きている。

おぢさんが外出から帰ってくると玄関にちんまりすわって、きっと「おかえり」と言うにちがいない。

P1120864
え?
24歳?!
じゃあ、14歳のうちはまだ、ぴちぴちやん!


posted by しぇる at 21:33| Comment(6) | TrackBack(0) | cats | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。