2011年08月26日

東寺さんの弘法市

  ♪ 姉三六角蛸錦、、、、、十条東寺でとどめさす


の東寺です。

ここの五重塔は新幹線からよく見えるので、学生の頃、実家の岡山からの帰りこれを見ると、ああ、京都へ帰ってきた、、、とおもっていたものです。

P1120800

毎月21日は弘法市がたちます。
やっと日曜日にあたったので、でかけてきました。



P1120807

境内の蓮池には名残の蓮が。

P1120805

蓮の古名「はちす(蓮、蜂巣)」とはよくいったものだと、種をいれた花托を見て思います。

P1120803

あいにくの雨と、でかけるのが昼過ぎと出遅れたため、もう店じまいしているお店も多くて、ちょっと残念。


P1120817

弘法市のはじまりは、弘法大師入寂の旧暦3月21日にちなんで、毎月21日に御影堂で行われる御影供の縁日。
それにあわせて初めは茶屋が、のちにいろんな生活用品を売る店が出だしてかれこれ700年、という実はすごく長い歴史のある市なんですねえ。




P1120810

お天気のよい日などは1000以上のお店がでるそうです。

少しのぞいてみましょう。




P1120815

うわ〜、、、なんだかよくわからないけれど、昭和のにほひがするものがたくさん。



P1120816

こちらは古伊万里や茶道具が。
腰をすえてさがしたら、掘り出し物がけっこうありそう。

P1120808

ここの市はとにかく着物関係のお店が多いですね。

このお店は反物まで売っていますが、多くはアンティーク着物のお店。
状態のよいものが、え?というお安いお値段ででています。
昔の着物の意匠、色づかいはかえって斬新ですね。
もう20も若かったら着たいなあ、、、、

外人さんもたくさん買ってはりましたが、どうやって着るつもりだろう?

雨なので、商品がぬれるとこまる着物屋さんは早々に店じまい。
もう少しみたかったし、凡蔵母さん様のアンティークきもの凡蔵さんをさがしたのですが、お目にかかれず。

雨模様なのでこの日はお休みだったとか。
残念!


P1120814

こちらは濡れても全然大丈夫な古伊万里のお店。
でも、ぬれすぎとちがう?


あと、この市では梅干しやら、昆布やら、豆やら、、、食料品が豊富なのも楽しいですね。

もう一つ目をひいたのが植木の店コーナーがあって、(かつての)ガーデナーとしては心がさわぎます。





P1120819


P1120821

ああ!
苔玉もええなあ〜。

P1120823

茶花の苗がこんなにあるなんて、やっぱり京都だわ。
買いたくてウズウズ、、、、でしたが、(今の生活では)ガーデニングは無理無理と言い聞かせてガマン。


で、結局買ったのはこちら。
農作業ウエアのお店で。

もんぺや、手甲などといっしょに売られていました。
夏の庭の雑草とりや落ち葉とりなどの作業時の必需品。
これひとつで蚊も日焼けも防げるすぐれもの!


P1120828

妙に似合ってる、、、、、

これをつけて作業中、お客さんが来られたら、
「奥様はおでかけです。」

、、、と言おうと思っている[E:coldsweats01]


posted by しぇる at 22:40| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。