2011年08月07日

六道参り〜五条坂陶器祭

今年もお精霊(しょらい)さんを迎える盂蘭盆会の時期になりました。

でもわが家には仏壇はないの。

仏教的祭礼、儀式が葬式くらいになってしまったのはいつからでしょうね。
子供の頃には家の前で小さな迎え火、送り火をたいたり、お盆飾りを仏壇前にこしらえたりしたものですが。

六道参りを以前したのはまだ京都に住んでいなかった一昨年のことでした。
今年は京都の家からですので、夕方から浴衣なぞ着てお参りです。



P1120314

東山松原を少し西にはいったところ、かつて鳥辺野と呼ばれる葬送地で、あの世とこの世の接点だった場所になる六道珍皇寺にはたくさんの信者さんがおいでです。

私はまあ、いわば観光客ですので少しひかえめにお参り。

P1120315

お寺にはいるとすぐ、たくさん売られている高野槙。
霊が宿るとされた霊木で、天から戻ってくる魂はこの枝を依代にするとか。

P1120316

とてもよい香りです。
槇の風呂が檜よりも珍重されるのもうなづけます。

P1120317

蓮の花や、ミソハギなど、お仏壇に飾るお花も売られています。

P1120319

昼は宮廷に仕え、夜になるとこのお寺の井戸を通って、閻魔大王の元に出仕していたという小野篁の有名な伝説。
左手のおじょうちゃんがお持ちなのが水塔婆。
ご先祖様の戒名を書いて、お線香で清め、高野槙で水回向(槇の枝に含ませた水をかける)をしておさめるのです。

P1120322

そうそう、その前に迎え鐘をつきます。(すごい行列ができます)
この鐘は中に密封されているので、見ることはできません。
綱だけが出ていて、これを引いて音をだすのですが、中の構造は不明。

陰にこもった音なので、いかにもご祖霊さまが、あの世からまよわずおいでになりそうです。


六道珍皇寺をでて、さらに松原通りを西へ行くと、、、





P1120326

お針子セットという、お裁縫もできちゃうコーヒーセットがいただけるカフェ、柴洋さんや、



P1120327

この立地にあってこそ、の「幽霊子育て飴」のみなとやさんなどが。


さて、ここがあの世とこの世の分岐点、六道の辻です。

P1120333

六道とは、死後行くとされる地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道。
どこへいくかは閻魔さん次第なんですよ〜。


P1120330

この辻にたつのが西福寺。
六道まいりの時期だけの公開です。


P1120309
(きったねえ字〜〜)
2年前にお参りしたときに、いただいた祈願銭、本当は昨年お返ししないと行けなかったのですが、その時期京都に来ることができず、今年やっとお返ししてきました。

P1120332

右下に写っているのが祈願銭、新しいのをいただきました。
ちなみに右端に、有名な壇林皇后九相図も写っています。(法医学の教科書のようですわ〜[E:shock])

お堂では熊野観心十界図 地獄絵の絵解きをされています。
→参考はこちら

BGMというか、効果音がクラリネットの生演奏なんで、ちらっと聞いていましたがおもしろいですよ。




P1120334

最後は六波羅密寺へお参り。
こちらではお迎え鐘は地下にあります。


お参りをすませたあと、五条通を目指して南へ歩いて行くと、、、


P1120336

今年春に、5小学校、2中学校が統合されて開校されたばかりの東山開睛館(開睛小・中学校)。
小中一貫教育を売りにしていくらしい。

先日お邪魔した粟田小→白川小もここになったのね。
京都の市立学校の統廃合は、ほんまに最近ドラスティックだわ。



P1120337

さて、五条通はいまや陶器祭の真っ最中です。


P1120339
P1120341

日ごろやや敷居が高い感じで戸が閉まっているお店もオープンになり、屋台もたくさん出て、白熱灯(ほんとはLED)のなんだか懐かしい灯りのともる夕まぐれ〜夜にきたかったのです。その念願がかないました。

P1120345_2



ぶらぶらお店をひやかして、ちょっとお気に入りの器をみつけご満悦のわたくし。
(ありゃ〜、浴衣もちょっとくたびれてますな〜。)


P1120349

屋台で購入したのは大好きな菊割の小皿でしたの〜。


posted by しぇる at 23:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。