2011年07月23日

灰型〜梶の木

いよいよ灰型、二文字押切り3回目です。

P1110789

う〜む、、、、あまり進歩がないような、、、、

ただ、いままでは出たとこ勝負で形を作っていましたが、今では作る前に頭の中にこういうラインでこういう形、という設計図が描けるようになった気がします。(ただし施工はうまくいくとはかぎりません[E:coldsweats01])


相変わらず五徳の爪の周囲、前瓦の端、がシャープにいきません。

ご指導いただいている先生のは灰でできているとは思えないくらい、エッジがシャープなのですが、その境地まで果たしてたどりつけるのでしょうか。




P1110790

灰型は火が熾ってなんぼ、なんですが実際火の付いた炭をお稽古で入れるわけにはいかないので、炭だけおいてみました。
まあ、なんとか置くことはできました。
これも教えていただかなければ、形だけに満足して、胴炭がはいりませ〜ん、、、とか釜の底、思いっきりごりごりゆわしてます、、、ってことになっていたと思う。

せっかくなので、鉄風炉ではないのですが、掻上げの練習もさせていただきました。




P1110791

火箸を両手でもって下から上へ、掻き上げてつくります。


(真ん中のみだれは炭をおいた後なのでお見苦しいですが)

う〜む、、、これもテキストなんかのイメージとだいぶん違うわね〜、、、
まっすぐならないし、線の太さもでこぼこだし、、、

掻上げは本来、鉄風炉ややつれ風炉など、わびた風炉に使うもので、流水をあらわすため坎(水の卦)は書かず、捲灰もしないのが約束になっています。


さて、灰型のあとはお楽しみの先生の手作りのお菓子。


P1110793

この日は大徳寺納豆入りの琥珀羹。

亀屋則克さんの蛤にはいった「浜土産(はまづと)」を思い出します。


寒天でこの透明感をだすのはむつかしいのに、口溶けもよくほろほろで、大徳寺納豆の塩味がアクセントになって、おいしかった〜[E:lovely]
これをいただいて、平花月でお茶をいただきました。
ごちそうさまでした。


旧暦の七夕はまだですが、七夕と言えば梶の葉を思い出す方もおられると思います。
昔は七夕の短冊の代わりにこの葉に墨で和歌を書いたとか。
葉にびっしり生えている密毛が墨をとらえるので、字が書きやすいのだそうです。

お茶の方では、葉蓋(水指の蓋の代わりに梶の葉などを使う酷暑のあつかい)によく使われる葉です。
なので庭に1本、梶の木がほしいと思っていました。

たっての願いに造園屋さんが茶庭の裏に1本苗を植えてくれました。

なんとか冬をこして春先には葉芽がふいてきたのですが、、、、

ないっ!
葉っぱのあの特徴的な切れ込みがないっ!

これほんまに梶なん???と思っていましたが、ちょっとだけ分葉しているのもあります。



P1120091

右上の1枚だけね。

調べてみると一般的に梶の葉は分葉しない葉っぱも多いそう。
もうちょっと木が成長したら、かっこよく切れ込みがはいるのかなあ、、、

ちなみに近所の空き地に生えている雑草。
名前は知りませんが、こちらの方がよっぽど「梶の葉」みたいだなあ。


P1120094


さて、先日八坂神社でいただいてきた木槿「祇園守」、梶の木のお隣に地植えにしました。


P1120093

おお!
これはつぼみでは!

今年早速咲いてくれるのかなあ。
楽しみ[E:happy02]


posted by しぇる at 20:00| Comment(15) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。