2011年07月15日

宵々々山2011

早くももう宵々々山です。
なのにすでにすごい人です。


P1010426

まだ明るい内に鉾町巡り開始。

むかしは宵山しかなかったそうですが、私が学生の頃、宵々山が始められたばかりだったというような記憶が。
それがいつのまにか宵々々山まで!

P1010429

やはりこのコンチキチンを聞かなくてはね。

P1010433

う〜ん、20数年ぶり!

P1010437

鉾町は着物問屋さんが集まる室町あたりが中心になります。
室町の旦那衆といえばかつては洛中の文化経済を牛耳っていた方々。
着物業界の斜陽にともなって、かつてほどではないにしろ祇園祭の役員さんの姿にその名残をみるようです。


P1010438

このあたりは日ごろ良く歩き回ったり自転車で疾走しているエリアなんですが、今日は日ごろの姿を想像できないほど、祭色に染まっています。

P1010440

宵山(宵々々山はややこしいので以下略)の一番の楽しみは細い小路をそぞろ歩いて、山鉾や会所飾りを見て歩くこと。

この時、地図はないほうが楽しい。
小路の角を曲がったとき、思いがけず駒形提灯をみつけるとうれしくなります。
あ、右にも左にも山鉾が、、、どっちへいこうかな、、、


P1010444

しかし、食べ物系の屋台が増えたこと。
これが渋滞の原因にもなっているもよう。

P1010445

なるほど。
こういう御朱印帳があると、むきになってコンプリートしたくなってしまいますね。

P1010449

山伏山のお飾所では茅輪くぐりを。


P1010452

お飾所は風情のある町家であったり、マンションやビルの一室だったり。

P1010454
P1010457

参拝者はそれぞれの山の厄除け粽やお守り、オリジナル手ぬぐいなどをおもとめです。

厄除け粽は1年間、玄関に飾るわけですから、どこのをチョイスするか、これは問題です。

P1010459
P1010460

しかし、動く美術館とはよくいったものだ。

P1010463

鉾町の玄関飾りも情緒があります。

P1010466

このすごくりっぱな町家自体にもひかれるなあ。


P1010470

屏風祭も楽しみですが、私はこの大量の赤穂緞通に目が[E:heart01]

P1010472

お会所のもう一つの楽しみは、子どもたちの

♪厄よけのお守りはこれより出ます ご信心の御方様は
受けてお帰りなされましょう ろうそく一丁献じられましょう
ろうそく一丁どうですか~

、、、のかわいい歌ですよね。
これを聞かないと、宵山に来た気がしません。


P1010474

ちょっと小路の迷路にはいりこむのもまた一興。

P1010476

ありゃ?
これは御池ゼストあたりで見たことがあるような、、、、

帯問屋誉田屋さんの前にて。
作者は青蓮院の襖絵も描いた木村英輝氏。





P1010477
P1010478

時代とともに町の景色はずいぶんかわったところもあれば、ずっとかわらないところもあります。


P1010481

こちら黒主山。
近年新調された後掛の飛龍文様錦入刺繍の説明をしてくださる役員さん。


P1010482

いずれも鉾町の財力と見識の高さにうなってしまふ。

P1010485

新町通りにある北観音山。
この通りは宵山の間、四条から北上のみの一方通行なので、ご注意を。


P1010488

ひときわ立派な屏風祭されているお家、,,と思ってよく見ると、おお、何度かお邪魔したことのある吉田家ではありませんか。

表の格子戸をすべてとっぱらってあるので、全く雰囲気が変わっています。


P1010489

奥の間では、吉田家のご当主、かつ山鉾連合会理事長の吉田孝次郎さんを囲んでなにかの会がおこなわれているもよう。
いいなあ〜、うらやましいなあ〜。

P1010491
こちらの屏風飾りも屏風よりもお宅のすばらしさと、赤穂緞通に目が釘付け。


P1010493西洞院の蟷螂山は学生の時に新たに復活したことで話題になりました。
今は昔のはなし、現在ではすっかり常連さんの風格があります。

P1010496

四条通の鉾の辻。


P1010503

こちらは太子山、山鉾の最西端になります。


P1010505

この太子山の前にあるのが、こちらも何度かお邪魔した秦家住宅
ご当主のめぐみさんが、宵山のにぎわいも、太子山あたりにくるとややおちついて、昔ながらの祭の雰囲気がただよっている、と以前おっしゃっておられました。

ほんにそのとおりで、山鉾の前に木の長椅子がいくつもならべられ、ご近所のかたとおぼしき方々がのんびり夕涼みをされていました。
代々鉾町で生まれ育って、親から子へ、子から孫へ受け継がれていく、、、っていいなあ。
これもうらやましいなあ。


P1010515

勇壮な船鉾。
昔、まだ小さかった子どもたちと登ったのは、この船鉾でしたねえ。


P1010516

こちらもかわいい厄除粽売りさん。

P1010520

この綾傘鉾の真ん前に、杉本家とおなじくらい立派な町家の大店があったんです。
そこの二階に友人が下宿しており、われわれは「綾小路の家」と呼んでいました。
宵山の時には集まって、ビールをのみながら綾傘鉾を見下ろして夜通しさわいだ思い出があります。

30年以上も前のお話しです。
もしかして残っていやしないか、、、と思いましたが。
残念ながらご多分に漏れず、ビルにかわっていました。

あのころは鉾町にももっとたくさんの町家が残っていて、今以上の風情を添えていたような気がします。

かわったことも多いように思いますが、当時よりはるか昔から、祇園祭はあったのだし、これからもずっと続いていくのだろうし、時代とともに祇園祭自体、姿形を変えてきたのだし、私が共有、知り得るのは、そのわずか数十年の間だけ、のことです。

その数十年、祇園祭があることに感謝しつつ、元気な限りは楽しませていただきますわ。


posted by しぇる at 00:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 祇園祭2011 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。