2011年07月12日

お迎え提灯〜神輿洗式

10日、鉾立てを始めた鉾町もある京都です。

暑い、、、、、


P1110673

あまりの暑さに家の中で、猫が行き倒れています。

あ、、、、プリさんのむこうに、、、、

P1110674

う〜む、、、そこは少しは涼しいのか?

ちなみに家中で一番暑い奥の和室に温度計をおいてみました。
(しめきりで、平屋部分、黒い雨戸なので)

P1110679

うわあ〜、、、、36度、、って体温やん。
おいといたらもっと上がりそうだったので、こわくてやめました。

まあ、そんな暑い日中をこえ、少しは涼しくなるかな、という思惑を軽く裏切ってくれた夕暮れ。

こんな場所におりました。

P1110680

八坂神社の石段下です。

祇園祭、この日の行事はお迎え提灯、引き続いて神輿洗式。

ご存じのように祇園祭は7月まるまる一ヶ月かけるお祭りなので、毎日なにかしら行事があるのです。
そこは勤め人のつらさ、曜日によっては全然行けない行事もあるわけで、行けるときにはがんばっていっておこう!と。

だから祇園祭行事をコンプリートさせるのは数年かかりそうね。

P1110686_2

さあ、西の方からお迎え提灯の行列が帰ってきました。

神様が御旅所にいかはるには三基の神輿でいかはるんですが、そのうちの一基、中御座の神輿を四条大橋の上で鴨川の水で清める、、、というのが神輿洗式。
そのお迎えにくるのがお迎え提灯です。


P1110687

いやがうえにも祭ムードをもりあげるコンチキチンのお囃子、今年の担当は放下鉾。

このお迎え提灯はもっと早い時間に八坂神社をでて、鉾町を練り歩き、市役所前で各地の郷土芸能を披露しているはずです。



P1110691

これはその中の小町踊りのおじょうちゃんたちでしょうか。
(なにぶん遠景でスミマセン)


P1110694

これは一度は見てみたい子鷺踊の子どもたち。

(津和野町の解説より)
もとは京都の八坂神社祗園会で行われていたもので、京都から山口、山口から津和野へと伝えられました。天文末期より漸次衰え、坂崎出羽守に至って一時中断しましたが、亀井氏の入城と共に諸式の復興に努めました。三代茲政に至り寛永20(1642)年、人を派して京都祗園会の鷺舞を伝授させ、翌年正保元年の祗園祭から鷺舞を復興させ現在まで継承されています。


はるばる島根へ行って、京都へ里帰りした芸能のようです。
島根の鷺踊りの方が有名ですけどね。

その他、馬に乗ったりりしい少年の馬長稚児の姿もみましたよ。
(写真全然うまくとれてない、、、でしたが)


P1110700_2

日も暮れて、薄暗くなったころ、役員さんたちが石段を登ってゆきます。

そのあとに中御座神輿をかつぐ四若の若者(一部おぢさん)たち。

P1110707

中空では上弦の月もゆれています。

あとからおいかけて神社の境内にはいりましたが、すでに中御座はかつぎだされたあとのもよう。

P1110713

東御座、西御座がのこってはります。
これにはまだ神様はのっておられません。

17日の山鉾巡行のあとの夕暮れ、神幸祭の前におこなわれる御霊遷しで初めておのりになるんです。

P1110720

四条通に出た、神輿を先導し道を祓い清める大松明。

中御座神輿が四条大橋にたどり着くまで、ちょっと追いかけてみましょう。


P1110721

同じ事をみんな考えていると見え、四条通の歩道はすごい人です。
(車道には神輿関係者しか出られない)
「ホイトホイト!」のかけ声は沿道からもわきあがります。

P1110725

かつぐ人もたいへんだな、この暑さの中では、、。

P1110736

四条大橋の中ほど、北側で神輿洗いの神事はおこなわれているので、南側から行った私たちにはさっぱりなにをしているかは見えませんでしたが[E:coldsweats01]

この橋の南側の半分の道は、バスだけは通れると見えて、神事とのあいだを時折○番のバス、△番のバス、、というふうに通り過ぎます。またおもしろいもんですね。その乗客になってみたい。




P1110740

神事が終わり、御神輿がお帰りになった後、撮ってみました。

午前中、この注連縄の間から、神職の手によって鴨川の水=神輿お清めの水はくみ上げられ、仲源寺(めやみ地蔵尊)に一時保管されるそうです。

中御座神輿が神社に帰った後も、行事があるようですが、さすがに翌日の仕事のことを考え、そのまま帰途につきました。
祇園祭はまだまだ長い。


P1110741

学生の頃は、多くの観光客がそうであるように、祇園祭といえば山鉾巡行と宵山と思っていました。

その後、おりにふれ祇園祭のことを知れば知るほど、なにかとんでもなく厖大で、底なしの深いお祭りであると思うようになりました。
参加した行事について、後で調べてこうして書き記すのも、半分は自分の勉強だと思っています。

まあ、リタイヤしたら、朝から晩まで祇園祭にはりつけるかしら。
いやいや、そのころには体力の方がいまいちかも、、、[E:coldsweats01]


posted by しぇる at 20:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 祇園祭2011 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。