2011年07月06日

天得院・桔梗/両足院・半夏生

明日は(太陽暦)七夕ですね。

上七軒の老松さんでこんなお干菓子を手に入れました。

P1110609
その名も「きらきら星」。
摺干琥珀、そのねっとり感がおいしいお干菓子です。


さて、都のお寺に季節の花をもとめて、、、、

<東福寺・天得院>

P1110465

東福寺の境内にはいろいろな季節の花が咲き競っています。

これはこの季節に鮮やかなオレンジ色のヒメヒオウギスイセン。
洋名モントブレチアの方が簡単ですね。

私は長い間、これが祇園祭に欠かせない花、ヒオウギだと誤解しておりました。
まぎらわしい名前ですし。

P1110467

東福寺の塔頭、天得院です。
東福寺保育園でもあります。

こちらは桃山時代の庭園に大切に育てられている桔梗が有名で、この季節だけ公開、ライトアップされます。

P1110472

桔梗のお庭はこんな感じ。
まだ少し、盛りには早いようでした。

P1110477

紫、薄紫、白、、、

P1110481

桔梗は律儀な花です。
以前の家の庭に植えていたときは、全然手入れしなかったのに、季節がくると必ず芽を出し、花を咲かせ、年々大株になってゆきました。

まあ、こちらのお庭のはきちんと心をこめてお手入れされていると思います。
まわりの杉苔も美しいです。

P1110485

参拝者にはこんな団扇がいただけます。

この天得院を再興したお坊さんが、あの方広寺の鐘事件の問題となった「国家安康 君臣豊楽」の文句を選んだそうです。
そのため徳川の怒りを買って、寺は壊されたが後再興、、とあります。
しかし、この文句、どうみても家康、豊臣のアナグラムですよねえ。
悪気はなかったんでしょうが。


さて、あたりは暗くなって、いよいよライトアップです。




P1110504
P1110505

こんな由緒あるお寺を夜拝見できる、、というのはとてもありがたい。

P1110506

派手さはないけれど、可憐に美しい桔梗の姿をしっかり目にやきつけました。
今はなき(?)昔の家の桔梗を思い出しながら。

P1110509

さて、東福寺はけっこう広いお寺です。
ところどころ普通の民家との境がまぎらわしいところもあります。


P1110510

他の塔頭がもう門を閉ざしている時間に、人気のない暗い境内を歩くのもなかなかできる経験ではありません。
乙なものですなあ。


P1110511

暗くてわかりませんね。
でもこれは紅葉で有名な通天橋を向かい合う臥雲橋から見た景色。



P1110512

臥雲橋のおわり、その先にはあいまいな青い闇が。

映画「スリーピーホロウ」の首無しの騎士の幽霊が出た橋を連想させて、なにやらぞくぞく。

でも少し歩くともう下世話な大通りなんですよね。
これが京都ですねえ。


<建仁寺・両足院>

こよみの雑節のなかに「半夏生(はんげしょう)」というのがあります。
かつて夏至から数えて11日目の日だったそうで、現代の暦ではだいたい7月2日あたりになるとか。

ちょうどその頃、うつくしい白い葉をみせるのが植物の半夏生。

P1110513



建仁寺塔頭両足院はその半夏生が今盛りで、特別公開中です。




P1110517

中へ入ってみると、、、、まあ、こんなにたくさんの半夏生ははじめてです。
池をとりかこむように。

向こうに見えるのは茶室の臨池亭、水月亭(如庵写し)。

P1110526

茶室までの高低差のある道をゆけば、景色は半夏生を中心に移り変わってゆきます。




P1110539
P1110540
P1110541

まるで波のようにおしよせてきますね。

P1110537

なんともかわった斑入りの葉っぱです。
うすくおしろいをはたいたように見えるので、半化粧とも。

P1110542

しかも裏は白くありません。
なので、さらなる別名カタシロクサ(片白草)もむべなるかな。


P1110532

たどりついたお茶室、臨池亭ではお抹茶を一服よばれます。

P1110530

お菓子は両足院の印「星月紋」の薯蕷。

お茶をたててくださっていたのは扶桑織部流の方々でした。

こちらも初めて聞く流派です。
「へうげもの」の古田織部の流れをくむ流派としては、関東の式正織部流というのがあるそうですが、扶桑織部は京都が本拠地だそうです。

たしかに武家点前なので、帛紗は右吊り。


P1110533

茶碗や道具を下に直におくことをきらって、扶桑盆(棗、茶碗がのっている盆)や、お茶碗には天目台を平べったくしたような台がついてきました。

P1110534

こんな茶巾をのせる専用の台まであるのです。

ほんとうに茶道の流派は無数に近くて、最近になってあちこちの流派を意識してみるようにしていますが、千家の点前しか知らなかった自分は井の中の蛙であったとつくづく思います。
その元をたどって、ほんとうに知りたいのは利休さんがしていたお点前はどんなんだったのかなあ、、、ということ。

P1110524

ここの庭には半夏生だけでなく、クチナシも満開で芳香をただよわせていました。

P1110527

こちらはギボウシ。

P1110523

方丈の竹も、こうしてみると実に絵になります。

さて、建仁寺は祇園のただ中、あたりには祇園祭の雰囲気が色濃くただよいはじめました。

P1110549

突如、久しぶりに鍵善のくづきりが食べたくなってお店に入りましたが、、、、

すごい行列であきらめました。
そうか、ここは観光地のど真ん中でしたわねえ[E:catface]


posted by しぇる at 23:23| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。