2011年07月01日

夏越(なごし)の祓

6月30日は夏越の祓、京都市内の神社あちこちでおこなわれたもよう。

やっぱり氏子だし、東天王町近くの岡崎神社へいかなくてわ。

P1110421

おお、茅輪(ちのわ)だわ。

夏越の祓にはこの茅輪くぐりがお約束。

夏越の祓の起源は古く8世紀頃にはもう宮中行事のひとつに定められていたとか。

犯した罪や穢れを祓う、、、のがもとの意味らしいですが、蘇民将来の神話がベースになった茅輪くぐりには疫病退散、無病患災の意味もあるそうです。
(蘇民将来のおはなしはこちら



P1110422

蘇民将来の伝説は各地にあるらしく、夏越の祓、茅輪くぐりも各地でおこなわれている、、、らしいのですが、実は私は京都で大学生活おくるまで、そんな行事の存在をしりませんでした。
なので京都だけのお祭りかと誤解しておりました。
でも、市内のこんなにあちこちのたくさんの神社でおこなわれている町は、やはり京都だけだと思うのですが。

さて、茅輪くぐりにもルールがあるのです。(これもしらんかったなあ、、、)




P1110419

左に1回、右に1回、また左に1回まわってくぐりぬけ。
いやあ、タイムトンネルみたいに(古っ!)ずど〜んとくぐりぬけたらええのかと思ってたわ。

P1110425

茅輪は文字通り茅(ちがや:イネ科)を束ねて作られています。
そばによると、新しい草のよいにおいがしました。

P1110368

岡崎神社の神様のお使いは兎なので、狛犬ならぬ狛兎や、こんな兎の置物をあちこちに見ることができます。
今年は卯年なのでお正月の初詣はそらもうえらい人出でしたねえ。


P1110369

氏子の家に配られる、お祓いの人形(ひとがた)に名前を書いて、穢れを移して神社へおさめます。
そしたらこんなミニ茅輪をいただきました。


P1110424
茅輪のシルエット。



さて、時間も少しあったので、チャリをとばして吉田神社にも足をのばしました。
ここは学生の時、茅輪くぐりしそこねた記憶が、、、、


P1110433

あら、ちょうどお祓をしている最中ではありませんか。


P1110436

    水無月の 夏越の祓するひとは  
           ちとせの命 延ぶといふなり
 (拾遺和歌集:詠み人知らず)


P1110430


ぐるぐる輪になって、この歌をうたいながら、みなさんぞろぞろと茅輪をくぐります。
大勢が低い声でうたうので、なんだか地の底からわいてくる歌のようにも聞こえ、そしてあやしい宗教団体のようにもみえたりして、、、[E:coldsweats01]


P1110434

ここでは3回くぐって終わり。
ちょっと作法がちがうようですね。


P1110437

くぐり終えた人から茅をもらって帰られます。
これは家でくるくる輪にして玄関にかざり、厄除けにするもの。
蘇民将来の子孫のあかしに、腰にこの茅の輪をつけて疫病をのがれたという神話から。





P1110432

社務所では親切にもこんな見本もありました。

「蘇民将来之子孫也」そんな護符を見た記憶のある方もおられるでしょう。
そう、祇園祭の粽についている護符です。
あの粽は茅輪が形をかえたものなのでしょう。

今年は宵山であれをゲットしなければ。

その祇園祭もいよいよ1日、吉符入りで幕をあけます。
その祇園祭の最後の日、一月遅れて7月31日に八坂神社では夏越の祓、茅輪くぐりをするようです。

お家に帰って、やはりこれをいただかないとね。



P1110441

ういろうと小豆のお菓子、水無月。

夏越の祓の日にこれを食べる習慣があったのは、これこそ京都だけだったそうです。
今では、少なくとも関西圏ではどこでも見るようになりましたが。

このお菓子も大学の時に初めて出会いました。
実はういろうがあまり好きではない私は、なんで京都人はこんなけったいな地味〜なお菓子、喜んで食べるんだろう、、、と思っていましたが。

水無月もおまんやさんのから上菓子屋さんのまで、ピンキリです。
これは千本玉寿軒さんの水無月。
今ではちょっと好きになりました。


posted by しぇる at 00:25| Comment(20) | TrackBack(0) | 京あそび | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。