2011年07月03日

京都市立美術館〜フェルメールからのラブレター展

Vermeer2011flyer_2


京都市立美術館にて先月末からはじまったフェルメール。



今回は3枚が来日です。

はるばるオランダ、USA、アイルランドから。






その寡作(30〜36作といわれる)がゆえに一時忘れ去られ、再発見後はまたもや寡作ゆえ、評価の高いフェルメール。

人気ゆえ、何回も盗難にあい、いまだ見つかっていない作品もあるのです。

まさに17世紀のオランダ絵画黄金時代の頂点にたつ、といっても過言ではありません。








10月までの会期とはいえ、終盤近くなると行列ができるのは目に見えているので、始まるとほぼ同時に行くのが賢いでしょう。


P1110442

チケットブースも特別に設けられ、行列ができても良いようにロープが張られています。
市立美術館のフェルメールにかける意気込みが伝わります。

そういえば、2000年、大阪市立美術館にきた「真珠の耳飾の少女」の絵は、厖大な収入を美術館にもたらし、ひいては天王寺公園の青空カラオケ撤退、遊歩道の整備をもたらしたものです。

いまでもその歩道は「フェルメールの小径」と呼ばれているんです。

私もみましたよ、並んで。
どんなレプリカでもまねができない、、、と思ったのはその肌の色の美しさでした。
(「真珠の耳飾の少女」は映画にもなりましたね。スカーレット・ヨハンソンの「少女」への、のりうつりかげんは驚嘆でした。)


作品はヨーロッパとアメリカ東海岸に主にちらばっていて、これを全部見に行くために巡礼旅行する人もいるそうです。
私も何枚かはヨーロッパで見ました。今回の「手紙を読む青衣の女」も見た記憶があります。
(アムステルダム国立美術館)

この絵は最近修復され、修復後の初公開だそうです。

フェルメールブルーといわれる青の衣。

ラピスラズリという石からつくられる高価な絵の具によるものだそうで、これがふんだんに使えた、ということは画家が裕福な環境にあった、と推測されるそうです。
実際、フェルメールの一生は謎が多くわからないことも多いそうです。

手紙を読む女、のテーマではもう一つの黄色い上着を着た窓辺で手紙を読む女の方がポピュラーかもしれない。
こちらはドレスデンにあるそうな。

このモデルと「手紙を書く女」のモデルは同じように見えますね。
フェルメールは一連の、これも印象的な黄色の毛皮付きガウンをきた女性の絵をたくさん残していますが、みんな同じモデルだったのかしら。

またフェルメールといえば、一方に窓があり、そこから差し込む光の中の情景を描いた絵、という印象ですが、これは当時のオランダ絵画のブームだったようです。

同時代の画家の絵をみていると、彼に限らず似たような構図の絵がたくさんあるのです。

同時代の画家の中ではヤン・ステーンがいいですね。
当時の庶民の暮らしが、生き生きと目の前で息づいているような絵が特徴。

また、何点かの絵画のなかに、日本のキモノに似せたガウンが描かれており、出島のオランダ商館を通じてオランダ人が感じた当時(江戸時代)の日本を垣間見ることができ、おもしろいと思いました。
そういえば、日本人が描いた南蛮人の絵、、、、というのはその逆バージョンなんですねえ。
う〜む、おもしろい[E:happy02]

会期は長いので、もう一度みにこようかな。












P1110443

さて、帰りはここの横を通って、、、、、

この京都会館、前川國男氏の名建築で、岡崎の、東山麓の、景色に自然になじんで長い間とけこんでいるのですが、これを壊して、景観条例を無視した高さの新しいオペラハウスをたてる計画を京都市は画策しています。
なんとオロカナ、、、、と私は思います。

京都に東京の手法を持ち込んでは100年後に悔いを残すだろうと。

まあ、この話はここではこれくらいにしておきます。

P1110444_2



たちよったのは学生の時からおなじみラ・ヴァチュール


昔は半分がギャラリーになっていて、アート系の学生がよくたむろしていた印象なのですが、数年前改築され、すっかり昔の面影はなくなっていました。
表にでていたシンボルのアンティーク乳母車(ヴァチュール)もなくなっていましたし。

P1110445

それでもなんだか懐かしい、南フランスの田舎のカフェ(行ったことないけど、、、[E:coldsweats01])みたいな雰囲気はおしゃれです。


P1110447

学生の時、既にあったかどうか不明ですが、ここの名物タルト・タタン。
たっぷりの焼きリンゴがとってもおいしかったですわ。


posted by しぇる at 22:14| Comment(12) | TrackBack(0) | 美術館 | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

夏越(なごし)の祓

6月30日は夏越の祓、京都市内の神社あちこちでおこなわれたもよう。

やっぱり氏子だし、東天王町近くの岡崎神社へいかなくてわ。

P1110421

おお、茅輪(ちのわ)だわ。

夏越の祓にはこの茅輪くぐりがお約束。

夏越の祓の起源は古く8世紀頃にはもう宮中行事のひとつに定められていたとか。

犯した罪や穢れを祓う、、、のがもとの意味らしいですが、蘇民将来の神話がベースになった茅輪くぐりには疫病退散、無病患災の意味もあるそうです。
(蘇民将来のおはなしはこちら



P1110422

蘇民将来の伝説は各地にあるらしく、夏越の祓、茅輪くぐりも各地でおこなわれている、、、らしいのですが、実は私は京都で大学生活おくるまで、そんな行事の存在をしりませんでした。
なので京都だけのお祭りかと誤解しておりました。
でも、市内のこんなにあちこちのたくさんの神社でおこなわれている町は、やはり京都だけだと思うのですが。

さて、茅輪くぐりにもルールがあるのです。(これもしらんかったなあ、、、)




P1110419

左に1回、右に1回、また左に1回まわってくぐりぬけ。
いやあ、タイムトンネルみたいに(古っ!)ずど〜んとくぐりぬけたらええのかと思ってたわ。

P1110425

茅輪は文字通り茅(ちがや:イネ科)を束ねて作られています。
そばによると、新しい草のよいにおいがしました。

P1110368

岡崎神社の神様のお使いは兎なので、狛犬ならぬ狛兎や、こんな兎の置物をあちこちに見ることができます。
今年は卯年なのでお正月の初詣はそらもうえらい人出でしたねえ。


P1110369

氏子の家に配られる、お祓いの人形(ひとがた)に名前を書いて、穢れを移して神社へおさめます。
そしたらこんなミニ茅輪をいただきました。


P1110424
茅輪のシルエット。



さて、時間も少しあったので、チャリをとばして吉田神社にも足をのばしました。
ここは学生の時、茅輪くぐりしそこねた記憶が、、、、


P1110433

あら、ちょうどお祓をしている最中ではありませんか。


P1110436

    水無月の 夏越の祓するひとは  
           ちとせの命 延ぶといふなり
 (拾遺和歌集:詠み人知らず)


P1110430


ぐるぐる輪になって、この歌をうたいながら、みなさんぞろぞろと茅輪をくぐります。
大勢が低い声でうたうので、なんだか地の底からわいてくる歌のようにも聞こえ、そしてあやしい宗教団体のようにもみえたりして、、、[E:coldsweats01]


P1110434

ここでは3回くぐって終わり。
ちょっと作法がちがうようですね。


P1110437

くぐり終えた人から茅をもらって帰られます。
これは家でくるくる輪にして玄関にかざり、厄除けにするもの。
蘇民将来の子孫のあかしに、腰にこの茅の輪をつけて疫病をのがれたという神話から。





P1110432

社務所では親切にもこんな見本もありました。

「蘇民将来之子孫也」そんな護符を見た記憶のある方もおられるでしょう。
そう、祇園祭の粽についている護符です。
あの粽は茅輪が形をかえたものなのでしょう。

今年は宵山であれをゲットしなければ。

その祇園祭もいよいよ1日、吉符入りで幕をあけます。
その祇園祭の最後の日、一月遅れて7月31日に八坂神社では夏越の祓、茅輪くぐりをするようです。

お家に帰って、やはりこれをいただかないとね。



P1110441

ういろうと小豆のお菓子、水無月。

夏越の祓の日にこれを食べる習慣があったのは、これこそ京都だけだったそうです。
今では、少なくとも関西圏ではどこでも見るようになりましたが。

このお菓子も大学の時に初めて出会いました。
実はういろうがあまり好きではない私は、なんで京都人はこんなけったいな地味〜なお菓子、喜んで食べるんだろう、、、と思っていましたが。

水無月もおまんやさんのから上菓子屋さんのまで、ピンキリです。
これは千本玉寿軒さんの水無月。
今ではちょっと好きになりました。
posted by しぇる at 00:25| Comment(20) | TrackBack(0) | 京あそび | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。