2011年06月17日

一乗寺〜北白川疏水分線

サキョウカーというのは左京区に住んでいる人、もしくは左京区で仕事をしている人、のことだそうですが(どのていど普及している言葉かは不明)それをいうなら私もりっぱなサキョウカー。

なにせ過去,京都には通算12年住んでいましたが、ほとんど左京区の中ですべてが完結するという井の中の蛙生活でしたから。

左京区は多くは昔は洛外で、吉田村、岡崎村、松ヶ崎村、、、だったわけなので、洛中の人から見れば今でもちょっぴり「田舎もん」なのかもしれない。[E:coldsweats01]

先祖代々ず〜っと同じ場所に住んでます、という人は洛中に比べると少なくて、よそから(外国も含む)流入してきた人の率が高くて、ゆえに独特の雰囲気があると思います。

なかでも北白川、一乗寺って特に左京区っぽいなあ。

というわけで(?)、一乗寺あたりを散策いたしました。
このあたりは北白川とともに、大学の友人の多くが下宿していたエリアで、けっこうなじみがあります。

やっぱり食べるものから入るんだな。




P1110102
一乗寺・中谷さん。

もともとはでっち羊羹などを作っていた純粋な和菓子の老舗だったそうですが、三代目さんの奥様が洋菓子のパティシエだたそうで、以後お二人のコラボで和洋折衷のお菓子を作り始めてからは大人気となったお店です。





P1110105

絹ごし緑茶ティラミスというのが有名らしいのですが、見た目、このふわふわの白さにひかれてわらびもちパフェを。

この白いクリームの下は、ぷるぷるのわらび餅なんです。
生クリームにわらび餅がこんなに合うなんて思わなかった。(きっと今までだれも思わなかったに違いない)
いやあ、新鮮!
ただ、私にはちょっとクリームの分量が多すぎ。生クリーム好きにはたまらんと思いますが。
他にも和菓子のような洋菓子のような心惹かれるスイーツがたくさんありました。

中谷さんをでて、白川通りを渡って西へ。

P1110107

こちらは一乗寺商店街。(曼殊院通り)
商店街というには少しさびしい感じですが、かつてはすごく賑わっていたそうです。
結局大学の頃には行き損ねた、知る人ぞ知る映画館、京一会館も確かこのあたりだったかと、、、

P1110109

叡電一乗寺駅。
叡電の駅は昔とちっとも変わらないなあ。

P1110110
お、いかにも左京区っぽいカフェ!
インキョカフェ

どこのご隠居さんが道楽で始められたのか?
はたまた、隠居した人だけが通うのか?
それにしちゃカウンターバーのようなおされな作り、、、と思ったら、
マスターの名字が院去さん。(これもたいがい珍しい名字だよね)[E:coldsweats02]

次なるお目当てはかの有名な恵文社一乗寺店


P1110111

本と、生活に関する雑貨のセレクトショップとでもいいましょうか。
お店の前にはたくさんの自転車がとめられていました。

本と雑貨好きにはタマラン、、、と聞いていましたが、まさしくそのとおり!
1日でも楽しめるわ、こりゃ。

本はアート系が多い印象。
民藝関係の本をしばし立ち読み。


P1110114

奥はつながっていますが入り口は独立した生活館。
雑貨がこれまた欲しい物ばかりで、、、


人の心をくすぐるツボをおさえた品揃えですね。

P1110131

で、手に入れたのはヨーロッパのどこかのアンティークの銅皿。
ホーローの食器が合いそうな気がしたので、こんな感じに。

恵文社から南下。

P1110115

あら、かもめ食堂ならぬ、つばめ(食堂)。
イメージは似ているかも。
お昼時にはランチもいただけるようです。

さて、先月は琵琶湖疏水の分線、松ヶ崎疏水を歩きました。

これが哲学の道に続いていくのですが、その間をつなぐ部分がいわゆる北白川疏水なんです。
これも踏破しなければ!(いや、別に義務じゃないんですがね)と、一乗寺から銀閣寺にむけて疏水歩きスタート。




P1110118

花がかわっているけれど、やはりタチアオイでしょうか。→ゼニアオイでした。(Ishii様、ありがと)
このあたりにたくさん咲いています。


P1110120

この伊織橋あたりから緑がぐっと増えてきて良い雰囲気になってきました。


しかし、間抜けなことに、いままで疏水の流れる方向をまったく逆だと思っていたことに気づく。[E:coldsweats02]
だって京都の川はみんな北から南に流れるじゃない。高低差からいってもその方が自然じゃない。

でも!
疏水は南から北へ流れるのだ!
よく考えれば、琵琶湖からきているんだからそれが当たり前なのだけれど、いまさらながら、こんな逆行する大がかりな疏水事業を完遂した明治の京都人の偉大さに脱帽です。

P1110121

なつかしのK大グランド付近は、もう散歩道というより、うっそうとした森の雰囲気。
森の湿気、山の気がただよっています。



P1110122

以前に中へ入ったのは3年近く前のことになる、ヴォーリズ設計の駒井家住宅もこのあたりでしたね。





P1110124

そろそろ足がくたびれてきましたが、緑のある水辺ってほんとうにいいですね。

P1110127

やった〜!

やっと今出川通り、銀閣寺道に到着です。
疏水はこのあと銀閣寺参道のところで白川と立体交差して、哲学の道に続くのです。

後で地図で、疏水は高野川、賀茂川、白川とクロスしながら長い距離をはしっていることを確認。
長年京都、京都と言っていた割には、疏水のこと全然しらなかったなあ。

これからは常の散歩道、哲学の道を歩くときも、はるかな水の行方を実景とともに思いうかべることができそうです。


北白川ですので、せっかくだからおまけ。

恵文社、ときたらやはりこちらも載せておかねば。


P1100956

車がつっこんでいる、、、んじゃなくて、飛び出しているガケ書房さん。

こちらの本のセレクトは恵文社さんよりさらにマニアック度が高いような印象です。
ホーラー漫画家が描いた自分ちの猫の話(絵柄はホラーだけど、中味は笑える)の漫画を買ってしまった。

するとこんな袋に入れてくれました。


P1100957

「ガ」
[E:coldsweats01]


posted by しぇる at 22:28| Comment(18) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。