2011年06月14日

蛍ノ茶時〜好日居

雨が降りしきる中、黄昏時に蛍をたずねてでかけたのはこちら。

P1110178
岡崎の好日居さん。


P1110181

ミニミニ茶会〜蛍ノ茶時〜へ。

雨なのに蛍?
そう、ここにはたくさんの蛍がいるのですよ。

P1110184

あちこちに飾られたお花はもちろんホタルブクロ。

P1110183

まだ黄昏の光が残る間に表の洋間で最初のお茶、抹茶の蛍仕立。
浮かぶ氷にクチナシの黄色が閉じ込められていて、蛍のほのかな灯りを連想させます。

P1110185


このころからあたりには夜のとばりがおりてきて、好日居もやわらかい闇に包まれます。
暗い中にほのかにともる蛍の灯りのような、かすかな灯りや、暗さ自体を楽しもうという趣向。

現代に生きるわれわれは、まさしく電光のなかでの生活に慣れてしまって、闇のもつ美しさ、妖しさ、湿り気なんてものを忘れてしまって久しい。



P1110214



中の間に移動。(暗くて見えにくいんですが、本当はもっと暗いのです。)


好日居さん手作りの古い蚊帳でつくった御簾ごしにみるクリプトン球はまさに蛍火のよう。
BGMは雨音と、「ほ、ほ、ほたるこい」をアレンジしたとても不思議な曲。




P1110188

二つ目のお茶は〜水苦し〜(あっちの水はに〜がいぞ〜)。

薬包につつんだお茶は苦丁茶。
中国では昔から飲まれている茶外茶で解毒作用のある生薬のひとつ。


P1110190

名前の通り一口目は苦いけれど、そのあと口中にはほのかな甘さが残る、という技ありのお茶。
なんだか胃もたれがすっきりするような、、、


P1110193

さて、お遊びは蛍にちなんだ歌を詠み、団扇に墨でさらさらと。

ううう〜〜むむむ、、、(汗)
これはみな苦しみました。
なんとか駄歌をひねりだすも、おはずかしくて公開できません。

このお遊びは「蛍雪」(苦労して勉学する)のお見立て。


また暗い中の間にもどると、、、、

あ!蛍!



P1110195


,,,実の正体はこちら。

P1110198

ホタル石の杯のなかに小さな発光体が。


P1110199

ほら、ホタルブクロのなかにも小さな蛍が。

好日居の古い町家のなかで、幻想的な光景が目の前に、、、、
しばしこれを楽しむ。

3番目のお茶は、このホタル石の杯にていただく蒙山甘露茶〜水甘し〜(こっちの水はあ〜まいぞ〜)

茶の芽の部分だけを使った、古くから献上茶としてその名を轟かせた四川省のお茶。
ほんのり甘くてすがすがしい。
瓢箪を使って作った小さな柄杓で、茶葉をよけながらすくいいれるも、茶葉はどうしても器にはいってしまう。
でもこの茶葉もまたおいしい。

暗闇に慣れた目では十分楽しめる蛍を模したお菓子も、写真では真っ黒なので、一枚だけ、フラッシュで。

P1110204

レモンマカロンと、蛍のような玉織姫(の中の黄色:生姜味)。
大徳寺門前の松屋藤兵衛さんのお菓子です。(ほんとうは五色あって、それぞれ味がちがうのですよ)

P1110211

お次は奥の大谷石の床の部屋へ。

こちらでも蛍が、、、




P1110209

富山の五郎丸屋の有名なお菓子、「薄氷」の蛍バージョンと、上賀茂霜月さんが急遽さしいれてくださったという柚子蓼琥珀。


葉っぱの陰に見え隠れするすてきな蛍の景色ができあがり。




P1110210

本来の薄氷は茶席の菓子にもよく用いられるのですが、蛍バージョンがあるとは、、、
なんてかわいくて、美しいお菓子なんでしょう。


P1110216

このお菓子をいただいたあとは、中の間にもどって今宵最高のお茶、百葉水仙茶を

P1110217

薫り高いこのお茶は細長い聞香杯に香りをうつして楽しみ、下の飲用の杯で飲んで楽しむのです。

薄暗闇の中で、このしつらいの中で、この香りを楽しむ、、、最高の贅沢です。
この一時に感謝。

さて、そうこうするうちに雨もすっかり小降りになったので、本物の蛍狩りにでかけます。
好日居の近く、私のいつもの散歩道に、、、、

あ、、、蛍だ、、、

闇の中をゆらゆらふわりと飛ぶ蛍火。

ふわっと1匹が傘の中にはいってきたのは感動でした。


この日は暗すぎて写真はとれませんでしたので、他日哲学の道で(かろうじて)写した蛍火の写真を載せておきます。



R1011029
R1011033

こんな町中に蛍が生息する場所があるなんて、京都はやはりすてきな町です。


posted by しぇる at 21:00| Comment(24) | TrackBack(0) | 京あそび | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。