2011年06月01日

南禅寺畔・瓢亭

京都に越したら、家から近いし、まず行こう!と思っていた、ご存じ南禅寺畔・瓢亭さん。

なかなか機会がなくてのばしのばしにしてきたのですが、両親の上洛を機についに上がることができました。

瓢亭の高橋英一さんといえば、ご本人も裏千家の井口海仙宗匠に師事されておられ、茶事懐石で有名です。
さらに淡○社で茶花教室をされているほど、茶花の生け方でも有名。
ですから茶道をするものにとってはある意味カリスマなんです。

母も茶道をやっておりましたので、瓢亭には行ってみたかったそうなのです。




P1100959

駐車場で目についたのがこのずらっと並んだ花の鉢。

高橋さんはご自分で茶花を育てておられる、と聞いたので、これがその一部ではないかと。

で、、、、瓢亭の表、こんなブレブレ写真しかとれませんでした(スミマセン)

P1100961_6

いつも前を通るだけ〜、、でしたが、初めて中へ。
わくわく。

P1100965


入ってすぐは腰掛け待合い。
雨でしたので露地笠(雨の茶事に使われる←これを上手に使いこなすのはむつかしい!)もでています。

P1100968

緑したたる庭の中に、4棟の茶室が点在しているはずです。
(4棟7組の客、という贅沢な空間)

瓢亭は南禅寺の門番所を兼ねた腰掛け茶屋がルーツで、その歴史は約400年、というからすごいですね。
その創建当時からあったという、もっとも古い茶室が草葺き屋根の「くずや」、一番人気らしいです。

P1110022

今回そのくずやに席をとっていただけました。

築400年の建物です!
入り口には茶事の時、後座入りを告げる銅鑼もかけてあります。

P1110002

玄関を上がったところの建具、すごく年季が入って良い感じです。
P1100996

はいってすぐに水屋がちゃんとあります。
こちらはかつては本当に茶事や茶会がおこなわれていたのでしょう。

くずやは四畳半+二畳台目。
四畳半の方の部屋には卓もなにもなく、座布団だけが並べられています。
まるで茶事におよばれしたみたい。

P1100970

半間の床には「竹  清風を起こす(←多分、、、)」(裏千家の宗匠どなたかのものだと思います)
この床柱の艶といったら!

お花の方は高橋さんが生けられたもののはずなので、フラッシュで撮ってみました。

P1110018

ホタルブクロとヒメユリ(?)と、白いのは何だろう???

花器もきれいです。

P1100972

左手は躙り口になっています。
引き手の意匠にも注目。

そしてこの障子をあけると、、、、


P1100979

おもわずため息が出る、庭の風情。
雨ゆえにいっそう緑がしっとりと美しいのです。

P1100993

食事の間中、ここをずっとあけはなっておりました。


P1100982

つやつやの煤天井。
掛け込み天井と竿縁天井。


P1100976

二畳台目のほうはこんな感じです。

P1100984

このなぐりの鉈目も400年前のものでしょうか。
もうすっかり手ずれで角が取れてつるつるです。

え?
お前は食事に来たのか、建物を見に来たのか?って?

はいはい、お待たせ、お料理編です。

まずは女将さん(高橋さんの奥様ですよね)

P1100986

やわらかい京ことばで、こちらに緊張感を強いない、自然体なお方でした。

茶事の懐石よろしく、ひとりひとりに折敷ならぬ足付膳を手渡してくださいました。

P1100989_2

向付は有名な明石の鯛。
瓢亭の看板です。
これには普通のお醤油の他、トマト醤油というのがついてきて、これがまたおいしくて、全部のんでしまいました。

蒔絵の膳もすてき。
向付のお皿も真葛じゃないかと思います。(裏に香雲と)

瓢亭さんは歴史が古いので、もうだれの作かわからないような古い器もたくさんお持ちだそうですよ。

P1100991

このぷるんぷるんのきれいなジュンサイ、喉ごし最高です。
スーパーのパックとは次元を異にしています。(あたりまえか)

P1110004

懐石の華、煮物はスズキと湯葉。
これが、かの有名な瓢亭のお出汁なんですねえ。


P1110006

でました!
これまた有名な、一子相伝、瓢亭玉子。(とろとろです)
粽の中は鯛鮨。
その右下の黒いのが(よくみえませんが)ゴリの甘露煮。
これがめちゃめちゃおいしかった!


P1110008

目にも鮮やかなエンドウ豆のソースにおよぐ海老とずいき。
このずいきは柔らかい先の方だけでなく、やや堅い部分もしっかりおいしくしてありました。

P1110010

メイタガレイの焼き物は、どういうふうに隠し包丁をいれてあるのか、するすると身がはがれて、魚を食べるのが苦手な私でも、上手にむしって食べられましたよ。

全体的に、見た目の派手さはおさえてあります。
盛りつけも簡素で美しい。
あくまでお茶の前の懐石、というスタンスをくずしていないのです。
これが瓢亭が瓢亭たるゆえんなんですねえ。


P1110013

豆ご飯とともにでてきた赤だし、わかるでしょうか、透明感があります。
赤味噌をとかしたあと、一度漉して上澄みだけを使っているのだと思います。
とってもおいしい。

最後に、花菖蒲のお菓子がでて、お薄を一服。


P1110017

やっぱり、お茶をやっている者には、瓢亭は格別です。
堪能いたしました。

家から近いので、今度は季節を変えてまた是非訪れたいです。


P1110023

はい、両親も草鞋の前でご満悦でした。
ヨカッタ。


posted by しぇる at 23:04| Comment(18) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。