2011年06月14日

蛍ノ茶時〜好日居

雨が降りしきる中、黄昏時に蛍をたずねてでかけたのはこちら。

P1110178
岡崎の好日居さん。


P1110181

ミニミニ茶会〜蛍ノ茶時〜へ。

雨なのに蛍?
そう、ここにはたくさんの蛍がいるのですよ。

P1110184

あちこちに飾られたお花はもちろんホタルブクロ。

P1110183

まだ黄昏の光が残る間に表の洋間で最初のお茶、抹茶の蛍仕立。
浮かぶ氷にクチナシの黄色が閉じ込められていて、蛍のほのかな灯りを連想させます。

P1110185


このころからあたりには夜のとばりがおりてきて、好日居もやわらかい闇に包まれます。
暗い中にほのかにともる蛍の灯りのような、かすかな灯りや、暗さ自体を楽しもうという趣向。

現代に生きるわれわれは、まさしく電光のなかでの生活に慣れてしまって、闇のもつ美しさ、妖しさ、湿り気なんてものを忘れてしまって久しい。



P1110214



中の間に移動。(暗くて見えにくいんですが、本当はもっと暗いのです。)


好日居さん手作りの古い蚊帳でつくった御簾ごしにみるクリプトン球はまさに蛍火のよう。
BGMは雨音と、「ほ、ほ、ほたるこい」をアレンジしたとても不思議な曲。




P1110188

二つ目のお茶は〜水苦し〜(あっちの水はに〜がいぞ〜)。

薬包につつんだお茶は苦丁茶。
中国では昔から飲まれている茶外茶で解毒作用のある生薬のひとつ。


P1110190

名前の通り一口目は苦いけれど、そのあと口中にはほのかな甘さが残る、という技ありのお茶。
なんだか胃もたれがすっきりするような、、、


P1110193

さて、お遊びは蛍にちなんだ歌を詠み、団扇に墨でさらさらと。

ううう〜〜むむむ、、、(汗)
これはみな苦しみました。
なんとか駄歌をひねりだすも、おはずかしくて公開できません。

このお遊びは「蛍雪」(苦労して勉学する)のお見立て。


また暗い中の間にもどると、、、、

あ!蛍!



P1110195


,,,実の正体はこちら。

P1110198

ホタル石の杯のなかに小さな発光体が。


P1110199

ほら、ホタルブクロのなかにも小さな蛍が。

好日居の古い町家のなかで、幻想的な光景が目の前に、、、、
しばしこれを楽しむ。

3番目のお茶は、このホタル石の杯にていただく蒙山甘露茶〜水甘し〜(こっちの水はあ〜まいぞ〜)

茶の芽の部分だけを使った、古くから献上茶としてその名を轟かせた四川省のお茶。
ほんのり甘くてすがすがしい。
瓢箪を使って作った小さな柄杓で、茶葉をよけながらすくいいれるも、茶葉はどうしても器にはいってしまう。
でもこの茶葉もまたおいしい。

暗闇に慣れた目では十分楽しめる蛍を模したお菓子も、写真では真っ黒なので、一枚だけ、フラッシュで。

P1110204

レモンマカロンと、蛍のような玉織姫(の中の黄色:生姜味)。
大徳寺門前の松屋藤兵衛さんのお菓子です。(ほんとうは五色あって、それぞれ味がちがうのですよ)

P1110211

お次は奥の大谷石の床の部屋へ。

こちらでも蛍が、、、




P1110209

富山の五郎丸屋の有名なお菓子、「薄氷」の蛍バージョンと、上賀茂霜月さんが急遽さしいれてくださったという柚子蓼琥珀。


葉っぱの陰に見え隠れするすてきな蛍の景色ができあがり。




P1110210

本来の薄氷は茶席の菓子にもよく用いられるのですが、蛍バージョンがあるとは、、、
なんてかわいくて、美しいお菓子なんでしょう。


P1110216

このお菓子をいただいたあとは、中の間にもどって今宵最高のお茶、百葉水仙茶を

P1110217

薫り高いこのお茶は細長い聞香杯に香りをうつして楽しみ、下の飲用の杯で飲んで楽しむのです。

薄暗闇の中で、このしつらいの中で、この香りを楽しむ、、、最高の贅沢です。
この一時に感謝。

さて、そうこうするうちに雨もすっかり小降りになったので、本物の蛍狩りにでかけます。
好日居の近く、私のいつもの散歩道に、、、、

あ、、、蛍だ、、、

闇の中をゆらゆらふわりと飛ぶ蛍火。

ふわっと1匹が傘の中にはいってきたのは感動でした。


この日は暗すぎて写真はとれませんでしたので、他日哲学の道で(かろうじて)写した蛍火の写真を載せておきます。



R1011029
R1011033

こんな町中に蛍が生息する場所があるなんて、京都はやはりすてきな町です。


posted by しぇる at 21:00| Comment(24) | TrackBack(0) | 京あそび | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

平安神宮神苑・花菖蒲〜澄心亭月釜

この春、紅しだれコンサートで、うっとりするようなライトアップされた枝垂れ桜を楽しめた平安神宮・神苑は今、
花菖蒲の盛りをむかえました。

P1110135

ちょうど神苑の中にあるお茶室・澄心亭の月釜もあるようですので行ってみましょう。

P1110140

ふだんは神苑まで入られる方はそれほど多くはないのですが、今日は花菖蒲ねらいで大勢の方がカメラをかまえています。

P1110145

残念ながら、今日はデジイチではありません。

でもアップに挑戦。
この神苑の花菖蒲はすべて日本古来種だそうです。

P1110147

紫の花のヴァリエーションの向こうには睡蓮もさいているんです。

P1110151

さらに手前の黄色い小さな花をさかせているのはコウホネ(河骨)。

P1110154

ぐるっと白虎池をまわって、、、

P1110155

こちらは白い花菖蒲。

池の近くにはお茶室・澄心亭。



P1110162


こちらでは毎月第2日曜に月釜がひらかれていますが、流派のバラエティーは、京都広しといえども、ここが一番だとか。
この日は表さんどした。

同じ千家流でありながら、裏と表とでは点前がけっこう違うので、これまた興味ぶかいです。
いつもは広間を使われているのですが、この日はなんと三畳台目の小間を使ってのお席で、なかなかよかったです。

待合掛曰く、、、

六月買松風、人間恐無価 (白隠の禅書・槐安国語より)

六月(旧暦ゆえ7〜8月の真夏)にさわやかな涼しい松風は値千金以上である、、、という意味か。

この夏は節電でクーラー使用もひかえなければ。
となると自然の風を享受することも大切です。
、、、、とまあ、そういうつもりで掛けられた軸ではないでしょうけれど。

ただ残念なことにこういう大寄せ茶会ではマナーがいかがか、と思うお客さんもおられます。

後ろでみんなが待っているのに平気で、二人並んであれこれ5分以上会記の前で動こうとしなかったあなた!

それから、正客ゆずりあいのあげく茶道の作法をよく知らない方に正客をおしつけておいて、末席であれこれちゃちゃをいれる人!
ごちゃごちゃうるさく言うくらいなら、はじめからお前が正客しろよ![E:pout]

コホン。失礼。
ちょっと興奮してしまいました。












P1110165

こちらは中神苑の蒼龍池の臥龍橋。
ここでは睡蓮が美しい。



P1110166

写真ではうまく写っていませんが、この睡蓮の根本には亀がゆっくり泳いでいて、なかなかのどかな景色です。


P1110169

このような場所が徒歩圏内にある幸せ。
秋、冬もまた楽しみです。
ただし、入苑料がちとお高いですけれど。
posted by しぇる at 00:18| Comment(18) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

水無月雑記 2011

<その1> 野村碧雲荘の花菖蒲

碧雲荘さん、花菖蒲の時期に「柵内にはいるな」の立て札に、けち〜!とののしってスミマセン!!

今日はちゃんと柵内までいれてくださってありがと〜!!



P1010398_2

おかげで見頃の花菖蒲、堪能させていただきました。

P1010403

今日の画像はデジイチだよ〜。

P1010407

↑vivasan様おすすめのビューポイントから。

ありがとう!野村さん。[E:happy02](なれなれしいけど、全然無関係者です)



<その2> Cafe de 505


国立近代美術館に青木繁展を見に行こうと、チケット握りしめでかけたのですが、受付嬢がすまなそうに「あの〜、このチケット、青木繁展のじゃないんですけど〜」、、、、[E:coldsweats02]

アホアホ!私のアホ!

このまま帰るのも悲しいので、チケットなくても利用できる館内のカフェ、Cafe de 505へ。


P1110054

ここは岡崎疏水べりのオープンエアの席が超人気。
桜の季節はそれこそジモティでもとれないようです。
(いつか、、とねらってはいますが)


P1010408

でも緑の季節もなかなか。

向かいの橋の向こうはすてきなお散歩コース、白川です。
P1010409

ここで一息つきながら眺めを楽しむ、、、、う〜む、マダムの気分だわ、、、、
(多分、はたからは、疲れたおばさんが一服しているようにしか見えないだろうなあ、、、、)

P1010413

デジイチ、かしこいぞ!
なんだかさまになる画像だなあ。

美術館の入場無料スペースにはこんな場所もあって、ここでも疏水の風景を楽しめます。


P1110050

すばらしいピクチャーウィンドウ。

P1110051

特筆はここの椅子。
どなたのデザインかしりませんが、もたれると、背中の部分だけが体に合わせて角度がかわる、それはそれは座り心地のよい椅子。

いつかおためしあれ。


<その3> be 京都 

大きな町家を改修したギャラリーや和のお稽古ができる施設、be 京都さん、烏丸今出川の北西にあります。


P1110081

この日はこちらで夢風庵様の勉強されているカメラ教室の作品展の最終日。



P1110082

基礎科とありますが、みなさまなかなかどうしてどうして。

デジカメが使えるようになって以来、技術的なものより、どういう景色に目をとめるか、風景をどう切り取るか、が勝負のような気がします。

技術だけでなく、感性が大切。

私もデジイチ、もう少し勉強せねば。

せっかくなので、以前来たときは使用中で見られなかった座敷を拝見。





P1110086_2

これこれ。
陰翳礼賛。
このほの暗さが日本家屋の真骨頂。


P1110083

そして坪庭の対照的な明るさ。

P1110085

いいお庭ですね。
かなりの分限者のお家だったのでしょうか。

これはbe京都さんからの帰り道、あたりによい香りをふりまいていたカシワバアジサイ。

P1110089

そしてD大学の学舎。

P1110090

青春のにほひやなあ、、、、


<その4>  匣・筥・匳(ハコ) 遊茶展 

堺町通り六角下ルのギャラリー、室386-3さんにて。

P1110091

御所南の漆器、蒔絵のアンティークのお店、うるわし屋さんと布作家、昆布尚子さんのコラボ展。


P1110093

2年前にあったときも行きましたが、主に茶箱のセット、煎茶のセットが展示され、しかもバラ売りOK、なのです。

見て、きゃ〜、あれほしい、これいい、、、と思ったら、そういうものはほとんど売約済み!

P1110092_2


前回もでしたが、初日でおそらくほぼ9割は売れちゃうんではないかしら。
平日行きがたい者には、はじめから勝負になりません[E:crying]

とてもいい茶器もあったんですがねえ、、、いかんせん、あなたはもう他人様のものなのね。

しかたがないので、目の保養だけさせてもらいましたわ。


<その5> またまたまた灰型

先月に引き続き、今月も某所にて灰型のお稽古。

完成品はこちら。





P1110097

え?

先月から進歩が見られない?
[E:coldsweats01][E:coldsweats01][E:coldsweats01]

でも、灰をいじっているのはなんだか楽しいです。
なかなか言うことをきいてはくれませんが。


P1110096

こちらは上級者、ひいらぎ様のつくられた丸灰。
ほ〜[E:lovely]

丸灰の作り方を初めて拝見しました。
(むつかしそ〜、、、、)



P1110099

お楽しみは灰型の後、手作りのお菓子と一服のお茶。

この日はこなしの青梅、黄味餡。
とてもきれいでおいしかった。(私は、こなしを2回作って2回とも失敗した経験が、、、、)

お点前は交代で、そして後見さんは、、、、、

「わらわじゃ。」

   ?



P1110100
[E:happy01]
posted by しぇる at 23:28| Comment(18) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。