2011年06月22日

吉田山逍遙

吉田山大茶会にいきましたので、この際です、ついでに吉田山の懐かしいあたりを逍遙。

とはいえ、けっこう広いのです、吉田山。

P1110348

茶会の開かれている境内から山を登っていくと、緑の中にあざやかな朱の鳥居。

2月の節分祭には茶菓がふるまわれるお菓子の神様、田道間守(たじまもり)を祀る菓祖神社です。

どんどん登っていくとぱあ〜っと開ける吉田山遊園地(?)
お隣は吉田児童館。(学童保育)


P1110346

あら、、、、だれもいませんねえ。
子供が小さい頃、よく、、、というほどでもありませんが、ここで遊ばせていました。
こんな人気のない山の中の児童館って、通うのに恐くないんだろうか、、、と当時から思っていましたが、環境は抜群ですね。

さらに行くと、、、、


P1110316

旧制三高生の愛唱歌、「紅もゆる丘の花」の碑。

京大入試の合格発表の日、合格した感激を胸にここをたずね、♪紅萌ゆる、、、、を高歌放吟した思い出のあるかたも多いのではないかしら。

P1110317

同じく三高生の愛唱歌、「琵琶湖周航の歌」とともに、京大生、OBが集まればなんだかんだで口をついてでてくる格調高い文語調の歌詞。
(そういえば結婚式のときもやっちまったなあ[E:coldsweats01])

いまは遠き遠き「青春」を思い出してしまふ。





P1110318

さてせっかくここまで来たのだから、久々に茂庵さんへ行こうではないか。

吉田山の東側、神楽岡通りからのルートでしか行ったことがなく、以前吉田神社からいくルートの途中で迷子になって、たどり着けなかった記憶があるので、今度こそは吉田神社ルートを解明しようと、、、

P1110347

こ〜んな人気のない薄暗い山中を歩くので、ほんとうにこの先に茂庵があるのかすごく心細くなってきます。

でも、今回は小さい「茂庵」の札を発見したのでやっとたどりつきました。

P1110342

大正時代の数寄者、谷川茂次郎が吉田山に築いた広大な数寄の舞台。
なんとかつては茶室8席もあったそうです。

現在残っているのがこの茂庵(生活棟)と茶室「静閑亭」と「田舎席」のみ。

P1110322

なんというのでしょう、この建物。
小学校の木造校舎を思い出させますね。(歳バレバレ)

2階のカフェのごちそうはなんといっても正面にど〜んと大きく見える大文字山。

でもあんのじょう、カフェの方は満員で待たないとはいれないので、今回はスルーしました。
(前回の訪問時の記事はこちら

今回は反対に神楽岡の方へ降りていきます。

P1110323

お茶室清閑亭。
こちらでは気楽な予約不要の月釜もされているそうです。




P1110325

こちらは待合い。
中をのぞいてみると腰掛け待合いのようで、お茶室も茂次郎のころは立礼席がメインだったとか。


P1110326

どんどん神楽岡の方へ降りていきます。


P1110329

これが田舎亭なのかな?
普通の家みたいですけれど。
ちょっと荒れている感じが残念です。


P1110330

なんとこの建物には楼台がついていました。
ここで月など眺めながら野点でも楽しまれたのでしょう。
数寄ですねえ、、、、、




P1110341

藤棚とおぼしきアーチをくぐると、そこは茂庵の神楽岡ルートの入り口になります。

ここでは、こんなたたずまいが楽しめます。


P1110334

大正時代の建物。
当時京大の教官の官舎として建てられた一群の仕舞屋。
P1110340
反対側から。

当時はこういう建物にもお金の掛けられる、精神的に豊かな時代だったのでしょう。
現在の住人さんたちの、ていねいにお住まいの様子がうかがえるようなたたずまいです。

実は京都の家探しの折、ここにも来たのです。
建物は美しいし、大文字は目の前で風景抜群、、、、

ただし、断念したのはこれです。


P1110339

この階段。

今はよくても、これから歳を重ねていくので、この階段はちょっときついよな〜、、、、であえなく却下となりました。

こちらにお住まいのみなさま、老いも若きもきっと御健脚であらせられるにちがいありません。


posted by しぇる at 23:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

吉田山大茶会

日曜の朝、ゆるゆると朝刊をゆっくり読む。
平日には味わえない楽しみ。



P1110249

そこ、どいてくださる?[E:angry]

P1110248
[E:cat]「いやどす。ここがええのどす。」

ムッカ〜!

、、、、な、ゆるい朝でしたが、先日パンフレットをいただいたのでいってみようかと、、、、
吉田山大茶会。今年第2回目の開催だとか。


P1110250

大学の頃はうちの庭っ!というくらいだった吉田神社です。チャリを秘密の場所(撤去されない)にとめていざ。


P1110252

境内にはあちこちにお茶のブースがたくさん。

事務局が中国茶の岩茶房さんなので、中国茶のブースが圧倒的に多いです。



P1110253




P1110292

一部有料ですが、ほとんどのブースが無料で試飲できるので、これはどこからまわるべきか、悩むわ。

ふと、妙なる調べが聞こえてきたので、そちらの方へいくと(多分若宮神社という摂社の前だと思う)、まあ!


P1110260

セザンヌの書簡を朗読しながら能管を吹く、というパフォーマンスをやっておられるのは野島久美子さん。

神社の聖域に響く能管の音はなんともいえませんねえ。
P1110265

境内に隣接する吉田幼稚園では中国茶のお点前が披露されるようなので、いってみましょう。

P1110270

この時間、されているお点前は鉄観音烏龍茶の工夫茶です。

工夫茶というのは明〜清時代に福建省でおこなわれていた烏龍茶(青茶:半発酵茶)をいれるための所作に、日本の茶道の影響もうけつつ作られた点前だそうです。

茶道のお点前のように、ルールが厳しいわけではなく、むしろお茶をおいしくいれるための手続きのようですね。

P1110271

茶壺(チャフー)に茶葉を入れ、一煎目は捨てる(細かいゴミをとるため)、煎じる間にチャフーにもお湯を掛けて、茶杯を温める、、、、、青茶にむく入れ方で、緑茶、白茶(無発酵、微発酵茶:ちなみに煎茶は究極の無発酵)にはむいていないそうで。

P1110275

工夫茶につかわれる道具は、かつての中国の文人達が、水差しや墨ばさみ、道具を乾かすためのすのこ、筆をほぐすための楊枝など、手身近にあった書道道具で茶を淹れようとしたのが始まり、という説があるそうで、むしろ煎茶道にちかいかもしれませんね。(煎茶道はようしらんけど)


P1110273(ちなみにこの手は私ではありません。提供下さった方、ありがとう)

開ききった鉄観音茶葉。
大きいですね。
お聞きすると、煎茶などはお茶の新芽の一芯二葉をつむのですが、烏龍茶の場合は三〜四葉まで使うそうです。



P1110281

こちらは岩茶房さんのブース。
新しくいれてもらったのは白瑞香というお茶。


P1110283

さわやかな香気にみちたお茶です。



P1110285

中国茶はたくさん種類があって、産地、茶樹の種類、製茶法によって味、香りが全く違うのですが、面白いとおもったのは東方美人茶(青茶:烏龍茶の一種)。

こちら台湾茶の浅黄屋津右衛門商店さんのブースでいただきました。
わざと茶葉をウンカに食べさせて、その分泌物で茶葉の中で化学変化がおこるとかなんとか、、、(詳しくはようわかりませんが)それによって芳醇な味わいがでるそうなんです。
よって、無農薬!
手間かかってますね。



P1110294

またまた若宮神社から神秘的な楽の音が、、、

P1110288

今度は以前、秦家で演奏をきいた、笙の田島和枝さんでした。3本の笙と能管の奏でる音色はこれまた圧倒的な迫力で神秘的な調べ。


さて、中国茶だけでなく、日本茶も、その他のお茶もがんばっています。

P1110289

ここは熊野神社のそばで、昔からよく知っている竹村玉翠園さん。
こちらでいつもは店に置いていない、京田辺にある300年の茶樹の古木からだけとった抹茶というのを販売されていたので、即買い。

P1110352

享保時代くらいの茶の味かしら〜?

P1110293

あ、宇治茶だ〜。

他にも、、、


P1110298

トルコチャイ、インドチャイのお店や、


P1110290

アフリカのルイボスティーなども。



P1110296

黄金の茶釜?と思ったらチタン釜だそう。
(純鉄とチタンがむすびつかないような気がするのだが??)
雑金属のイオンが溶けださないので雑味のないお茶になるとか。
(試さなかったのでわかりません)


さて、最後に優雅な中国茶のお茶席を。




P1110300

奈良の出張茶館囍茶(きちゃ)さん主催。


P1110305

茶器もこだわりの品々で。
手前はもちろん茶の枝。

P1110306

いただくお茶は白龍珠。(微発酵の白茶)
茶葉に一晩で7回、茉莉花(ジャスミン)の香りを吸収させるという、これも手間のかかったお茶なのです。


P1110307

囍茶さんのお点前は所作がとても美しくて、無駄がない。



P1110308

お湯を直接注ぎます。
先ほどの工夫茶とまた違いますね。


P1110311

茶菓子はローストココナッツとレーズン。
これがまた,一緒に食べるとめちゃくちゃおいしくて、ついおかわりをしてしまいました。

お茶はジャスミンの香りですが、そんじょそこらのジャスミンティーとは一線を画しています。


P1110312

ゆっくり開いた茶葉を楽しみ、お菓子をつまみ、5〜6煎目までいけるお茶を飲みながら、楽しいことを一日中語り合えたら、それはまた素敵な人生のひとときではありませんか。

(たまにはね、そんなふうにゆっくりすごしてみたい)
posted by しぇる at 00:02| Comment(13) | TrackBack(0) | 京あそび | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

一乗寺〜北白川疏水分線

サキョウカーというのは左京区に住んでいる人、もしくは左京区で仕事をしている人、のことだそうですが(どのていど普及している言葉かは不明)それをいうなら私もりっぱなサキョウカー。

なにせ過去,京都には通算12年住んでいましたが、ほとんど左京区の中ですべてが完結するという井の中の蛙生活でしたから。

左京区は多くは昔は洛外で、吉田村、岡崎村、松ヶ崎村、、、だったわけなので、洛中の人から見れば今でもちょっぴり「田舎もん」なのかもしれない。[E:coldsweats01]

先祖代々ず〜っと同じ場所に住んでます、という人は洛中に比べると少なくて、よそから(外国も含む)流入してきた人の率が高くて、ゆえに独特の雰囲気があると思います。

なかでも北白川、一乗寺って特に左京区っぽいなあ。

というわけで(?)、一乗寺あたりを散策いたしました。
このあたりは北白川とともに、大学の友人の多くが下宿していたエリアで、けっこうなじみがあります。

やっぱり食べるものから入るんだな。




P1110102
一乗寺・中谷さん。

もともとはでっち羊羹などを作っていた純粋な和菓子の老舗だったそうですが、三代目さんの奥様が洋菓子のパティシエだたそうで、以後お二人のコラボで和洋折衷のお菓子を作り始めてからは大人気となったお店です。





P1110105

絹ごし緑茶ティラミスというのが有名らしいのですが、見た目、このふわふわの白さにひかれてわらびもちパフェを。

この白いクリームの下は、ぷるぷるのわらび餅なんです。
生クリームにわらび餅がこんなに合うなんて思わなかった。(きっと今までだれも思わなかったに違いない)
いやあ、新鮮!
ただ、私にはちょっとクリームの分量が多すぎ。生クリーム好きにはたまらんと思いますが。
他にも和菓子のような洋菓子のような心惹かれるスイーツがたくさんありました。

中谷さんをでて、白川通りを渡って西へ。

P1110107

こちらは一乗寺商店街。(曼殊院通り)
商店街というには少しさびしい感じですが、かつてはすごく賑わっていたそうです。
結局大学の頃には行き損ねた、知る人ぞ知る映画館、京一会館も確かこのあたりだったかと、、、

P1110109

叡電一乗寺駅。
叡電の駅は昔とちっとも変わらないなあ。

P1110110
お、いかにも左京区っぽいカフェ!
インキョカフェ

どこのご隠居さんが道楽で始められたのか?
はたまた、隠居した人だけが通うのか?
それにしちゃカウンターバーのようなおされな作り、、、と思ったら、
マスターの名字が院去さん。(これもたいがい珍しい名字だよね)[E:coldsweats02]

次なるお目当てはかの有名な恵文社一乗寺店


P1110111

本と、生活に関する雑貨のセレクトショップとでもいいましょうか。
お店の前にはたくさんの自転車がとめられていました。

本と雑貨好きにはタマラン、、、と聞いていましたが、まさしくそのとおり!
1日でも楽しめるわ、こりゃ。

本はアート系が多い印象。
民藝関係の本をしばし立ち読み。


P1110114

奥はつながっていますが入り口は独立した生活館。
雑貨がこれまた欲しい物ばかりで、、、


人の心をくすぐるツボをおさえた品揃えですね。

P1110131

で、手に入れたのはヨーロッパのどこかのアンティークの銅皿。
ホーローの食器が合いそうな気がしたので、こんな感じに。

恵文社から南下。

P1110115

あら、かもめ食堂ならぬ、つばめ(食堂)。
イメージは似ているかも。
お昼時にはランチもいただけるようです。

さて、先月は琵琶湖疏水の分線、松ヶ崎疏水を歩きました。

これが哲学の道に続いていくのですが、その間をつなぐ部分がいわゆる北白川疏水なんです。
これも踏破しなければ!(いや、別に義務じゃないんですがね)と、一乗寺から銀閣寺にむけて疏水歩きスタート。




P1110118

花がかわっているけれど、やはりタチアオイでしょうか。→ゼニアオイでした。(Ishii様、ありがと)
このあたりにたくさん咲いています。


P1110120

この伊織橋あたりから緑がぐっと増えてきて良い雰囲気になってきました。


しかし、間抜けなことに、いままで疏水の流れる方向をまったく逆だと思っていたことに気づく。[E:coldsweats02]
だって京都の川はみんな北から南に流れるじゃない。高低差からいってもその方が自然じゃない。

でも!
疏水は南から北へ流れるのだ!
よく考えれば、琵琶湖からきているんだからそれが当たり前なのだけれど、いまさらながら、こんな逆行する大がかりな疏水事業を完遂した明治の京都人の偉大さに脱帽です。

P1110121

なつかしのK大グランド付近は、もう散歩道というより、うっそうとした森の雰囲気。
森の湿気、山の気がただよっています。



P1110122

以前に中へ入ったのは3年近く前のことになる、ヴォーリズ設計の駒井家住宅もこのあたりでしたね。





P1110124

そろそろ足がくたびれてきましたが、緑のある水辺ってほんとうにいいですね。

P1110127

やった〜!

やっと今出川通り、銀閣寺道に到着です。
疏水はこのあと銀閣寺参道のところで白川と立体交差して、哲学の道に続くのです。

後で地図で、疏水は高野川、賀茂川、白川とクロスしながら長い距離をはしっていることを確認。
長年京都、京都と言っていた割には、疏水のこと全然しらなかったなあ。

これからは常の散歩道、哲学の道を歩くときも、はるかな水の行方を実景とともに思いうかべることができそうです。


北白川ですので、せっかくだからおまけ。

恵文社、ときたらやはりこちらも載せておかねば。


P1100956

車がつっこんでいる、、、んじゃなくて、飛び出しているガケ書房さん。

こちらの本のセレクトは恵文社さんよりさらにマニアック度が高いような印象です。
ホーラー漫画家が描いた自分ちの猫の話(絵柄はホラーだけど、中味は笑える)の漫画を買ってしまった。

するとこんな袋に入れてくれました。


P1100957

「ガ」
[E:coldsweats01]
posted by しぇる at 22:28| Comment(18) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。