2011年05月28日

またまた灰型(悪戦苦闘中)

季節毎にちがう表情をみせてくれる岡崎疏水の風景です。

P1100943_2

緑がすっかり濃くなってきました。
「木下闇(こしたやみ)」は6月の季語だそうですが、まさしくそんな感じ。

市立美術館前をバスで通って、「え?あれ何?」と思ったのがこちら。
P1100947

この白い雪が積もったようなこの木は?

P1100945

うわあ、、、これ山法師(ヤマボウシ)だったんだ!

こんなにびっしり花をさかせているのを見るのは初めて。

宝塚の庭に植えていた、10数年のあいだに合計で10輪も咲かなかった山法師を思い出してしまいました。
なんであんなに咲かなかったのか不明ですが、こんなに咲いているのもめったにないですよね。

ここに山法師があったなんて、咲いてみなければわからなかった。
また、新しい見所ポイントを発見。

それはさておき、風炉の灰型、淡○会の1日講習は受けたものの、自分一人でやろうとすると細かいところが全然わからなくて、ちょっとなげだしておりました。

そんな折、いつもコメントをくださる、ひいらぎ様がご紹介くださり、某所にて灰型の練習をさせていただけることに。


ひいらぎ様とは初対面でしたが、ブログでのおつきあいは長いので、全然初めてお話しする、という気がしませんでしたの。
いつものことながら、不思議ですね。

二文字押し切りをマンツーマンでご指導は受けたものの、やはりなかなか思うようにはいきませんねえ。
灰匙が悪い!、、、、と灰匙のせいにしてゴメン。[E:coldsweats01]


灰をさわっているときは、ほんとうに集中、です。

こてこて細かいところを直しているとかえってでこぼこになりますし、失敗したら直そうと思わずに,灰を崩してやり直した方がいいみたい。

私が悪戦苦闘しているなか、ふとお隣をみると、ひいらぎ様、手早く美しい。さすが〜。


それでも今回、わたくし五徳のまわりの作り方がやっとのみこめました。(理屈はね。実際は上手にはできません、、、)


P1100953

手前の五徳の爪まわり。(うぎゃ〜、なんてひどいでこぼこなんだ1)






P1100952

向こうの爪のまわり。

で、なんとか1回目作品がこちら。

P1100950

これを見て、私の方がまし、と自信を持たれた方も多いことでしょう。
まあ、これが原点、ということで、今後さらに毎回改善されていく様子をブログでアップする予定。
(ウソです。多分、あまり上手になるような気がしない、、、、)

ただ練習あるのみ、というのはどんな技能にもいえることですが、10年たってもこんなもんかもしれないわ。
丁寧なご指導にもかかわらず、やはり才能ってやつがねえ。

でも灰をさわっているときは、無心の境地、やはりこれも修行なんだ。

それにしても先生の灰型の美しいこと、、、、ほ〜[E:lovely]


1時間半ほど悪戦苦闘したあとは、交代でお茶をたてて一服。
先生の心づくしのお手製きんとんです。





P1100955

しっかりつくね芋の味がして、見た目だけでなく、お味もプロ級で、もう感激でした。

真剣に日常からお茶に関わっておられる方のお話を聞いたり、ご一緒させていただくことはとても励みになります。
なにより茶の湯という共通言語で語れることはとても楽しい。

なので、引っ越しをいいわけにさぼっていた、自宅での灰型練習、また始めようっと。
お点前のお稽古もね。

ひいらぎ様から、ご自宅であまっていた、と天目台、茶通箱もいただいたことですし。
(ありがとうございました)


P1100958

いままでは、天目台の代わりに茶托、茶通箱の代わりに紙箱を使っていましたので、これでお稽古も力がはいろうってもんです。


posted by しぇる at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。