2011年05月23日

麩屋町通り〜京料理えのき・ISO乙女会

麩屋町通りは北は丸太町、南は五条通りまでを南北に通る道です。
一本東は御幸町通り、西は富小路通り。

P1100898

これは仏光寺あたりから、麩屋町通りを南に見たところ。
左手には旧・開智小学校、現・京都市学校歴史博物館が見えます。
(この建物は明治34年に作られた御幸町通りの正門が見所のようで、これは今回見逃しちゃったわ。)

四条から南にはなかなか行く機会がなく、多分このあたり歩くのは初めてだと思います。
大勢の人で賑わう四条通ですが、一本筋をはいるとまだ京都らしいしっとりした風情のある道になります。




P1100900

こんな町家もまだまだたくさん残っています。
まあ、この虫籠窓、土壁、漆喰ですね。年季がはいっていそうで、萌え〜[E:lovely]ですわ。
こちらは古い薬屋の看板がかかっていました。

なかにはこんなお家も、、、

P1100903

う〜む、、、、むりやりサッシ窓をつけちゃってますね。
全部サッシに変えるよりはまだいいか、、、。




P1100902

京都では、まだまだこの「でんわ・でんぽう」の看板をよく見ることができます。
なつかしいなあ。
電報なんてもう死語になっていますものね。
ちなみにこのお家、もうずっと閉じられたままのようですが、以前はたばこ屋さんだったようです。


P1100905

なかなか大きな仕舞屋。
風情がありますねえ。
園芸が趣味のお宅のようですが、エアコンの室外機の上にまで鉢植えがのっているのがご愛敬。

さて、この麩屋町を南下した目的地はこちら。

P1100906
京料理えのきさん。
(麩屋町松原下ル)

この日は久々のISO乙女会をこちらで。
(今回のお店はkamesan様セレクト)


日本工業規格のISOではありません。(漢字に変換するとおわかりかも)
ウソ乙女会ともいいますが[E:coldsweats01]、つまるところ後期妙齢(?)の乙女のお集まり。


こちらで昼のミニ懐石をいただきました。
ご馳走の写真をいくつか。






P1100907

見た目にも美しい紫陽花豆腐。

上にのっている寒天は、透明なものの下に紫陽花色のお豆腐のミニキューブが隠れていて、なかなか手がこんでいるのです。

それにしてもみなさまほぼ同年代、ようしゃべること、ようしゃべること。(含・私)

それだけ話題に共通点が多くて、日常若い子としゃべっていて「はあ?、、、」という顔をされ慣れている私には、気取らず、衒わずおしゃべりできるみなさまなのです。



P1100912

蕗のお皿がきれいです。
ことし初めての鱧ですが、これがなんと生のお造りなんです。

鱧、と聞いて「ああ、もう祇園祭やなあ。」と反応されたのが生まれも育ちも洛中ど真ん中の花咲おばさん様。
さすが京女どすなあ、、、


今回初めて御参加くださったyume様は、この会の翌日、待ちかねていたようにとってもおめでたいことがあったんです!(おめでとうございます〜!)

毎度のメンバーの夢風庵様、kamesan様、お話ししていると、またいろいろな陰のつながりが発覚して、またもや京都では人の悪口はいえんなあ、と思うのでありました。

P1100917

デザートの蜜柑ゼリー寄せ。

なんだかあっという間に食べてしまったのは、おしゃべりに夢中だったからでしょうかねえ。
味付けは京都人なら少し濃いと思われるかもしれませんが、私の口にはその方があいましたの。(地方出身ですので〜)


P1100922

坪庭も朝降った大雨に洗われて、緑がきれいでした。


今回もみなさまからいろいろお土産までいただき感謝です。



P1100923

またしゃべりにおいしいものいただきに参りましょう。


posted by しぇる at 23:02| Comment(12) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。