2011年05月17日

松ヶ崎疏水〜下鴨宝泉茶寮

白川疏水では哲学の道の部分が一番有名ですが、実はあれがどこに続いているのか、あまり考えたことがありませんでした。

北白川の駒井家住宅のあるあたりで顔を出しているのは知っていたのですが、その先はどこへ、、、、?

桜の頃、vivasan様とお話ししていて、松ヶ崎疏水の桜が穴場、とお聞きしていたのですが、桜の美しさより「松ヶ崎疏水、、、???」に実はひっかかっていたのです。

それはどこからきてどこへいくのか?
(何人の京都人はそれを知っているのか?)

残念ながら桜の季節は行くことができませんでしたが、今回松ヶ崎疏水を探訪いたしました。


P1100681

下鴨本通りをまっすぐ北上したところから、スタート。東へ向かいます。

疏水のまわりはもうびっしり草で覆われていて、水をみるのがむつかしい。

P1100680

疏水の両側は閑静な(高級)住宅がならびます。
良い感じの仕舞屋もあれば、洋風の家有り、こんな廃墟チックな家もあり、、、

雰囲気はやはり高級住宅地の北白川あたりに似ています。

あまり人の姿はみかけません。


P1100682

楓がたくさん疏水に沿って植えられていて、その青々さが美しい。
桜にもおとりません。

(でも、桜の樹もたくさんあるので、ちょっぴり残念。来春はきっと訪れよう)

P1100683

ツツジやツルニチニチソウ。

P1100684

ところどころに掛けられた小さな橋をわたって、右岸にいったり左岸にいったり、、、
これもまた楽しい散歩道。

高野川の手前で、、、
P1100685

おお、これはまたアヴァンギャルドな建物。

、、、と思っていたら、松ヶ崎浄水場だったのね。
知らんかったわ、ここにこんな浄水場があることすら。

疏水は暗渠になり、高野川の下をくぐって、北白川のほうへいくのですね。
そして哲学の道へ、、、

では西の方はどちらへ???

調べてみると賀茂川まで到達して、紫明〜暗渠になって二条城の濠まで続いているんだとか。

いやあ、そんな長い旅をして哲学の道まできているなんて、全く知らなかった不明を恥、恥。

京都の町はまだまだ奥が深い。

さて、松ヶ崎まで来たし、ここは念願のこちらへ行ってみなければ。

P1100686

下鴨の茶寮宝泉


P1100690_2

こちらはもともとは大きなお屋敷だったのでしょう、一歩中に入るとお庭もすばらしいのです。

P1100689

こんな大きなお屋敷ですから、管理維持はたいへんだったと思います。
どういう形であれ、このままの姿で残ったのはありがたいです。

P1100691

お座敷から裏の庭。


P1100696

いいお座敷ですねえ。

欄間なんかも凝っていました。


P1100695

表庭をのぞむ。
こんな景色を楽しみながら注文したのは、やはり名物わらび餅。

なにしろ注文してから作り始め、作りたてを供してくれるのでいささか時間はかかります。


P1100693

その間に上生菓子のサンプルを眺める楽しみも。

ちなみに右下の葵のお菓子は売り切れでした。

P1100697

来ました、来ました。

プルンプルンのわらび餅。
色が黒いのはもともとの蕨粉の色だそうで、白いわらび餅しか食したことのない私にはおいしそ〜な黒蜜色に見えました。


蜜をかけなくても、そのままでほんのり甘いのを楽しむのが大人の味わい方だと思うわ。




P1100698

玄関にはフタバアオイと、五月ですから下鴨神社の流鏑馬の絵が。

こういう室礼がさりげなくできたらいいなあ。

なにはともあれ、疏水の勉強(?)もしたし、素敵なお屋敷も見たし、わらび餅はおいちかったし、、、よいお散歩でしたわ。


<付記>

白川疏水と蹴上げあたりで合流する琵琶湖疏水。
けっこう見所なのが、この夷川ダムですの。


P1100527
P1100528


posted by しぇる at 21:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。