2011年05月13日

緑の拾翠亭〜ツキトカゲ

いささか家の中がにぎやかになっておりまして。

原因は、こいつです。

P1100712

テーブルの下にひそむフレディ。

P1100625

[E:cat]「おばさま猫たち、超コワイ、、」

それはおいといて、、、

本日は五月晴れの京都、向かうのは京都御所であります。

P1100627

堺町御門をはいってすぐ、丸太町通りに面した場所に位置する拾翠亭

金曜日と土曜日のみ一般公開されています。
(料金はなんと100円!太っ腹!環境省)(←宮内庁でなく環境省管轄だったんですねえ)


P1100635

寄付から中へ入るとまず七畳半の控えの間。

突き上げ雨戸の裏に池からの光が反射して部屋がほのかに明るい。

P1100638

そして十畳の広間からは緑したたるこの光景が。
これがなによりのご馳走。

ここはかつてお公家さん達が、茶会や歌会など楽しんだ建物(築約200年!)なのですが、もともとは五摂家の一つ九条家のお屋敷の一画にあったもの。
明治以降、お公家さん達は天皇について東京へ去っていったので、屋敷のほとんどは壊され、唯一残ったのがこの拾翠亭。

P1100633

目の前は九条池。
寝殿造りを思い起こさせます。


P1100640

広間の前には池につきだすように広い広縁がついています。
ここで、このしたたる翠や池に来る野鳥(カワセミなども来たそうな)など眺めつつ優雅な遊びに打ち興じる、、、ええなあ、お公家さんの生活、、、[E:lovely](労働者階級ですもんねえ、うちら)

こちらで2年前、お茶会によせてもらったことがあります。



P1100629


広間の奥には二畳台目中板の小間もあります。
良い雰囲気ですね。ここでお茶を点ててみたい。
でも、こちらは残念ながら入れません。多分お茶室として使用もだめでしょうね。




P1100641

釘隠(くぎかくし)。
葵に見えなくもないが、九条家の紋は藤系だしなあ。


P1100644

二階もあって、こちらの広間はシンプルなつくり。
ただし障子周りは結構意匠をこらしてあります。



P1100643

二階からの九条池の眺め。

さて、お庭の方にでてみます。

P1100645

アヒルやら鴨やら、池には鯉、亀、鳴き声だけですがたくさんの野鳥も。

塀の向こうは交通量のある丸太町通りなのに、こんなサンクチュアリが町のどまんなかにあるなんて。
ほんまに京都はめぐまれているなあ。






P1100648

庭から眺めた拾翠亭、小間のあたり。



P1100651


その名の通り、緑の中にたたずむ拾翠亭。

P1100650

庭の片隅、ニシキギに小さな花がついていました。

さて、拾翠亭を九条池〜厳島神社のほうから眺めてみましょう。


P1100667

厳島神社周辺に住まいする御所猫、うちのシェルによう似た子が爆睡中。

P1100668


この景色を絵に描くなら、緑の絵の具が何種類、どれだけ要ることでしょうか。


御所はいいなあ。
広くて、木陰もいっぱいで、ベンチもいっぱいで。
年取ったら、夫婦でここでのんびり森林浴、ひなたぼっこをするんだ。


P1100669

ここにも御所猫。




P1100670

めずらしく御所内に大きなトラックがよく入ってくるなあ、、と思っていたら、そうかもうすぐ葵祭か。

さて、拾翠亭を出て、お向かいの無料公開中の閑院宮邸跡も拝見して、そろそろお腹がすきました。

で、前から眼をつけていたこちらへお昼をいただきに。



P1100672

地鶏の炭焼きと有機野菜の町家レストランツキトカゲ

堺町御門をでてすぐ、裁判所のお隣です。
P1100673

天井は大きな梁など、そのまま活かしてあるのですが、これを真っ白に塗るとちょっとフランスの田舎風作りに見えるんですねえ。火袋も健在。この下にミニサイズの手作りっぽい炭焼き炉もあり。

お酒やビールもあるので、夜にはバーっぽくなるようですね。




P1100675

限定20食のランチです。
バーのお兄さんっぽい人が作るにしては、とってもヘルシーそうで、量も私にはぴったり。

野菜の白和えと蕗がおいしかった。
ごちそうさま。

御所散歩の折のランチにおすすめです。

<付記>

拾翠亭の床にかかっていた軸。
少庵から西陣の織屋にあてた消息。

P1100637


P1100631


posted by しぇる at 23:37| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。