2011年05月12日

没後150年・歌川国芳展〜大阪市立美術館

大雨の中でしたが、天王寺まで。

P1100607

天王寺公園はバラの季節をむかえています。
ここまできれいに咲かせるのはなかなかたいへんかと思います。

P1100608

ちょっと気になったのはこの紅茶色のバラ。
「つるテディーベア」という種類だそうです。
テディーベア、、、、ねえ。色がかな?


P1100612

天王寺公園内の大阪市立美術館

猫と言えば国芳、国芳と言えば猫、、、、ですから行かないわけには。

P1100621

  [E:cat]「あたしをよんだ?」


こ、、、これ![E:sweat01]
あんたぢゃありません。


P1100613

これこれ。

まず入り口にはいって、、、うぷぷぷ、、、、


P1100616

各パートのご案内が国芳の猫ちゃん。
P1100615

トイレ前ですけれど、、

いずれも「流行猫の曲てまり」から。

さらに笑えたのがフロアのこれ!



P1100614

大阪市もやりますな。

ただ今回は国芳の武者絵、役者絵がメインであり、猫の絵、もう一つ大好きな金魚の擬人絵はとっても少なかったのが少々残念。

猫に関しては昨年いった「にゃんとも猫だらけ」展の方が堪能できました。

自分の国芳のイメージがどうしても、猫、金魚だったのですが、今回それ以外の絵で、国芳の風刺画だけでない、とんでもない力量を知ることになりました。

とても150年も前の人が描いたとは思えない斬新、奇抜、ダイナミックな絵ばかりです。
スペクタクルと評していましたが、まさにそのとおり!
ここは映画ではCG使う感じだねえ、、、というような、、、

ただ、登場人物の着物の柄が、近づいてよくみると猫のグラフィックデザインだったり、髑髏の柄かと思えば猫が集まってできた柄だったり、思わずくすくす、、、となるところもあって、国芳さん、ほんまに洒脱なお人だったんですねえ。

武者絵も役者絵も、主役以外のはしっこに描かれた人物の表情がおもしろく、どこかおどけた感じで、つい隅々まで見てしまい、あやうく時間オーバーするところでした。

P1100617

お土産に買った絵はがき、クリアファイルです。

今回唯一の金魚がこの左の「きん魚づくし ぼんぼん(お盆の行事)」。
右上の娘さんにつかまれて「いや〜ん」って言ってる猫は、うちのシェルによう似てるわ〜。




P1100622

はあ、、、そうですか[E:coldsweats01]

右下のは「猫だらけ」展にもでていた、猫をつかった五十三次の地口(しゃれ、言葉遊び)集。
これもひとつひとつみてると笑える。

P1100618

国芳の時代は幕末ゆえ、西洋の本もいろいろ入手できたようで、書籍に載っていた西洋画をそっくりそのまま日本の風景に置き換えた絵も、ならんで展示されていました。

アングル、遠近法の構図など、どうみても西洋画的な絵も多く、彼が生きた時代の空気を感じます。



今回金魚は残念でしたが、かわりに竜宮図など魚介を擬人化している絵が見られたので満足。
これもはしからはしまで見ているとすごいですよ。

ほんまに国芳さん、どんな人やったんやろ。
猫にかこまれた後ろ姿の自画像はみたことありますけれどね。
猫好き、いたずら好き、反骨(なんども奉行所によびだされた)、洒脱、、、

猫好き、、というだけで私の中では「いい人」になっちゃってますが。


これから行かれるかたへ。
とにかく、絵の中央ではなくてすみっこが要注意です。
なんだかくすくす笑いがこみ上げてくる仕掛けがいっぱいちりばめられています。

ですので隅から隅まで必見。
お時間には十分余裕をもってお出かけ下さい。

6月5日までです。


posted by しぇる at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 大阪さんぽ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。