2011年05月23日

麩屋町通り〜京料理えのき・ISO乙女会

麩屋町通りは北は丸太町、南は五条通りまでを南北に通る道です。
一本東は御幸町通り、西は富小路通り。

P1100898

これは仏光寺あたりから、麩屋町通りを南に見たところ。
左手には旧・開智小学校、現・京都市学校歴史博物館が見えます。
(この建物は明治34年に作られた御幸町通りの正門が見所のようで、これは今回見逃しちゃったわ。)

四条から南にはなかなか行く機会がなく、多分このあたり歩くのは初めてだと思います。
大勢の人で賑わう四条通ですが、一本筋をはいるとまだ京都らしいしっとりした風情のある道になります。




P1100900

こんな町家もまだまだたくさん残っています。
まあ、この虫籠窓、土壁、漆喰ですね。年季がはいっていそうで、萌え〜[E:lovely]ですわ。
こちらは古い薬屋の看板がかかっていました。

なかにはこんなお家も、、、

P1100903

う〜む、、、、むりやりサッシ窓をつけちゃってますね。
全部サッシに変えるよりはまだいいか、、、。




P1100902

京都では、まだまだこの「でんわ・でんぽう」の看板をよく見ることができます。
なつかしいなあ。
電報なんてもう死語になっていますものね。
ちなみにこのお家、もうずっと閉じられたままのようですが、以前はたばこ屋さんだったようです。


P1100905

なかなか大きな仕舞屋。
風情がありますねえ。
園芸が趣味のお宅のようですが、エアコンの室外機の上にまで鉢植えがのっているのがご愛敬。

さて、この麩屋町を南下した目的地はこちら。

P1100906
京料理えのきさん。
(麩屋町松原下ル)

この日は久々のISO乙女会をこちらで。
(今回のお店はkamesan様セレクト)


日本工業規格のISOではありません。(漢字に変換するとおわかりかも)
ウソ乙女会ともいいますが[E:coldsweats01]、つまるところ後期妙齢(?)の乙女のお集まり。


こちらで昼のミニ懐石をいただきました。
ご馳走の写真をいくつか。






P1100907

見た目にも美しい紫陽花豆腐。

上にのっている寒天は、透明なものの下に紫陽花色のお豆腐のミニキューブが隠れていて、なかなか手がこんでいるのです。

それにしてもみなさまほぼ同年代、ようしゃべること、ようしゃべること。(含・私)

それだけ話題に共通点が多くて、日常若い子としゃべっていて「はあ?、、、」という顔をされ慣れている私には、気取らず、衒わずおしゃべりできるみなさまなのです。



P1100912

蕗のお皿がきれいです。
ことし初めての鱧ですが、これがなんと生のお造りなんです。

鱧、と聞いて「ああ、もう祇園祭やなあ。」と反応されたのが生まれも育ちも洛中ど真ん中の花咲おばさん様。
さすが京女どすなあ、、、


今回初めて御参加くださったyume様は、この会の翌日、待ちかねていたようにとってもおめでたいことがあったんです!(おめでとうございます〜!)

毎度のメンバーの夢風庵様、kamesan様、お話ししていると、またいろいろな陰のつながりが発覚して、またもや京都では人の悪口はいえんなあ、と思うのでありました。

P1100917

デザートの蜜柑ゼリー寄せ。

なんだかあっという間に食べてしまったのは、おしゃべりに夢中だったからでしょうかねえ。
味付けは京都人なら少し濃いと思われるかもしれませんが、私の口にはその方があいましたの。(地方出身ですので〜)


P1100922

坪庭も朝降った大雨に洗われて、緑がきれいでした。


今回もみなさまからいろいろお土産までいただき感謝です。



P1100923

またしゃべりにおいしいものいただきに参りましょう。


posted by しぇる at 23:02| Comment(12) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

南座・「猿之助歌舞伎の魅力」展

じつは猿之助の歌舞伎は見たことがありません。(普通の歌舞伎もそれほど見てません)
ましてやスーパー歌舞伎など全然。

でも、派手な衣装や宙づりなど、なにかと話題にはでるし、たまにTVでチラ見するので、南座の中へ入れることもあって、のこのこ出かけてみました。

P1100877
あ、いきなり「猿之助」の名前が切れててごめんなさい[E:sweat01]

南座はウン十年ぶり。
でも改修後ははじめてです。



P1100881

いやあ、レトロな雰囲気も残しつつ、舞台、天井、真っ赤が基調の座席、天井桟敷、華やかやなあ、、、、

客席は2階、3階とあるのですが、そこにずらっとスーパー歌舞伎の豪華絢爛、派手な誇張の衣装がすらっとならんで、われわれを見下ろしているが如くで、迫力あります。

P1100883

舞台の前の方、天井からはかの有名な宙づり場面を、衣装だけ吊って再現。

「ヤマトタケル」の衣装でした。
思うに死後、白鳥になって飛び去った、、、という伝説の場面でしょう。

2,3階席は通路が狭く、1階にむかって急斜面でおちているので、転がり落ちそうでこわかった。(←高所恐怖症)
なのにこんな高いところに宙づりされるなんて、まさに命がけの芸ですね。

P1100888_4

ワダエミさんもビックリのすごい衣装をデザインしたのは、空間芸術家・毛利臣男さんというかた。

近くで見るとおどろおどろしいような衣装も、舞台で強いスポットを浴びて遠くから見ると、すごく映えると思います。

そして、衣装の色や柄でこの人が悪役か、善玉かわかる仕組み。
たとえば「南総里見八犬伝」では里見の兵士は真っ赤な鎧兜、敵の軍団は黒い鎧兜でおどろおどろしい。

3階にならんだ主に打ちかけシリーズは、金糸銀糸の刺繍も華やかで、意匠もすてきに面白い。

髑髏や,蜘蛛の巣など、まあ日常着る着物にはない意匠も当然ながらあって、これがまたすばらしい。
少なくとも歌舞伎が衣装を必要とする間は、日本の着物の伝統工芸はすたれないんじゃないかと思うくらい。

昨今、とくにヨーロッパなどではオペラにクラシックな衣装をつかわず、モダンでシンプルな(というか手抜き?)衣装を使うのがはやっているようですが、これが全然、見てて楽しくない。
衣装も大事な舞台装置だと私は思うのですが。

あと1日に数回、大道具の組み立て、バラシの実演ショーがあって、組み立てを見ることができました。
殺風景な舞台の上にたくさんの大道具さんがでてくると、あっというまに寝殿造り風のお屋敷ができ、桜の花まで満開ではありませんか。(「義経千本桜」の川連法眼館の場)
これもなかなかお見事。

う〜ん、また歌舞伎、見に行きたくなりました。
せっかく南座も近くになったことだし。

P1100878

さて、最後にお茶席でお茶をいただく。
実はこの茶席も舞台セットのひとつだとか。

このお菓子は南座オリジナルの「夕霧」。
ようするに餡入り生八つ橋なんですが、形が編み笠。

歌舞伎・浄瑠璃の演目「夕霧(太夫)」(「吉田屋」とも)のなかから、尾羽うち枯らした伊左衛門が、夕霧太夫をたずねてお茶屋、吉田屋へ編み笠をかぶって来るところからとったものかと思われます。

P1100880

お茶碗は当然ながら、定式幕ですね。

さて、先のお菓子、夕霧のご製菓は井筒八つ橋なんですが、これが南座の北、真向かいに建っていまして、、、




P1100885

ななな〜んと、「北座」!

江戸時代、京都にはかつて7つの芝居小屋があったそうですが、明治まで残ったのは南座、北座だけだったそうです。

その北座も明治26年に廃止されたそうで、それがあった場所がこちら、井筒八つ橋さんところだったそうなんです。

いや、南座は30年以上前からしっているけれど、そんな歴史があるなんて、しらなんだなあ。
京都に住んで、知らんことばっかり、というのがようわかりました。
これから先はずっといろいろ京都の勉強ができそうですわ。
死ぬまで退屈しそうもありません。



   *     *     *


*「猿之助歌舞伎の魅力」展
京都四条 南座  〜5月30日まで



<おまけ>

梅雨もまだというのに、デパートからお中元のカタログが届く季節です。

お中元にこんなのいかがでしょう。
みっちりつまってますから、上げ底包装なんてことはありません。

P1100846

ありゃりゃ、、、、



P1100890

詰め込みすぎてはみ出るのはいただけませんね。

(ちなみに同じ箱です。縮尺サイズがかわっているだけで)
posted by しぇる at 19:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

じき宮ざわ(おまけ:町家ゲストハウス)

なつかしい銭湯の夜景。


P1100713

錦市場を堺町通に沿って少し下がったところの錦湯さんです。
なぜ錦湯かというと、、、この近くのじき宮ざわさんで夕食をいただいたので。

遠方から友人夫婦が上洛されたので、ではわれわれ夫婦と夕食をごいっしょに、ということになって、一度行ってみたいとおもっていたこちらへ。





P1100716

予約をとるのがむつかしいと聞いていたのですが、意外にも簡単にとれちゃいました。(やっぱり震災の影響かなあ、、)

こちらカウンター席だけです。


まずお通し。


P1100717

まあ、彩りがきれい、、、、と思って、、え??
この、、、

P1100718

「楽」の御紋は〜〜〜!

聞けば楽家12代、弘入の器ではありませんか!

いきなり、やってくれますねえ。

P1100719

そう思ってまじまじと蓋をみると、確かに赤楽の肌合いですねえ。
(下世話な話、お茶碗だと0の数が,,,,云々と数えてしまいました)


気をとりなおして、蒸し物。

P1100722

若竹煮なんですが、この鳴門のワカメがおいしいこと。
ワカメをよく両手で揉んで細かい傷をつけ、味がしみこみやすくしているそうです。
こんな若竹煮はじめて。


P1100723

向付にあたる刺身ですが、これもまたくせもので、イカなのですが、ありきたりの刺身ではありません。
下の方に足の部分もあるのですが、これがこんなにおいしくいただけるとは。

お皿も(写真はないのですが)真ん中にオランダ・デルフト焼などでよくみる輪を回して遊ぶ子供の絵が彫られています。
なんともあたたかい白磁で、どなたの作ですか?とお聞きすると村田 森さんのものだとか。

村田さんの作陶は、古陶を忠実に模すというポリシーなので、一見アンティークのように見えるのが結構好きです。
わが家にも何枚かお皿あり。

実はお酒をいただくのに選んだ盃も、偶然村田さんのものだったんです。

さて、おまちかね、じき宮ざわ名物「焼き胡麻豆腐」。



P1100725



アツアツです。
中を割ってみると、胡麻豆腐なのに真っ白なのはびっくり。

尋常でないうまさの胡麻豆腐をさらに焼いているので、トロトロでとってもクリーミー。
胡麻白味噌のたれもほのかな甘さで、これはおかずと言うより、上質のデザートかも、と思いました。
ようするに、評判通り、おいしかった!




P1100727


さいぜんから気になっていたのは、カウンターの向こうの、火鉢みたいな網の上にのっている半球体。

、、これはあとからのお楽しみとして、、、

P1100729


これは、もうのっていた白魚のかきあげはほとんど食べちゃってますが、アンティークとおぼしきお皿がすてき[E:lovely]



P1100730

鱒と蕨の煮物。
この器も底のガラス質の釉薬が美しいのです。
あ、もちろん鱒もおいしかったですよ。
蕗が春らしくて。


P1100732

最後は羽釜でたいたご飯で締め。

え?なんでこんなちょっぴり?
と、言うなかれ。

懐石では、最初は一文字飯(裏千家)、このくらいの量なんです。
もちろん、おかわり自由。
多分、今回も釜を空にするまで食べたと思う。[E:coldsweats01]


P1100733

デザートのオレンジ、すごく甘くておいしかったです。
お皿は金継ぎもしてある、骨董の古久谷?。
安定がわるいところがかえって、時代色でいいですねえ。

さて、さきほどの謎の半球。

こうなって出てきました。


P1100734

そう、出す直前まであぶってぱりぱりにした半球に,餡をつめてだしてくれた、口取りの最中だったんです〜。
これをお抹茶とともにいただいて終了。

いや、満足どした。
お料理も普通の割烹の上をいっています。
そしてなにより、すばらしい器の数々にも興奮したのでありました。

さて、友人が町家のゲストハウスに泊まってみたい、とのことで東山三条近くのこちらに宿を紹介したのです。


P1100736

町家を改修したゲストハウスなるものに一度入ってみたいと思っていましたので(京都に住んでると、泊まる機会ないのよ)ついていって、中を拝見。

P1100740
P1100739
P1100741

なるほど、なるほど。

風呂は共有でしたが、トイレは各部屋についているようです。
普通のホテルに飽きたら、こういう町家ステイはなかなか楽しいと思いますよ。
posted by しぇる at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。