2012年12月21日

ブログのお引っ越し

12月から新しいブログへお引っ越ししています。

お引っ越し先がわからない、、、という方もおられますので、改めて。

新しいブログはこちら!です。

タイトルもまんま、「いつか・住もう・京都・2」どす[E:happy01]
posted by しぇる at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

ブログのお引っ越しをいたします

京都移住までの4年間、移住してからの2年間、計およそ6年、書き綴ってきましたブログですが、とうとう容量いっぱいになってしまいました。
1000記事を越えましたので、自分でもよう続いたなあ、、、と。

京都移住前後は特に思い出もたくさんあり、茶の湯に関する思いも多々綴り、自分自身にはとても愛着のあるブログでしたのでとても残念です。

P1040843

でも!

結局書くことはやめられない、というか生活の一部になっているというか、備忘録でもあり、このブログがつないでくれた貴重なご縁もたくさんありますので、ひきつづき以下へ引っ越しして続けますわよ〜。

「いつか・住もう・京都・2」



なんだ、結局「いつか・住もう・京都、、、」なのね〜[E:coldsweats01]

本当は「もう・住んでる・京都」なんですが、このタイトルに思い入れもありますので。

今後ともよろしくおつきあいをお願いいたします。
posted by しぇる at 21:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 未分類 | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

遊秋・ 菜花茶菓器事〜kitさんにて夜会

卅春・茶菓花器事好日居さんで楽しんだのは今年の桜の頃でした。

その夜会は、初顔合わせのチームのコラボだったそうですが、その後さまざまな場所で会を重ねるに従ってメンバーも増え、さらに固い結束に成長しつつあるようです。

今日は秋遊びの会に参加してきました。

今回の会場は先日ちらっとご紹介した河原町丸太町の雑貨(李朝雑貨もあるのよ[E:heart01])屋kitさん。

ごいっしょしたのは、10月に高麗美術館主催のツアーで知り合って、偶然ご近所だということが発覚(?)したKちゃん。
kit さんには高麗美術館を作った鄭さんの娘さんのカフェにちなむ李青文庫があるので、なんとなくご縁を感じてしまう。

P1010523
この大きなガラス窓が特徴的なこのお店は、昔から知っていた元・洋装店。

夜ともなればこのように中がすかっとみえる思い切りの良さ。
この店から漏れる灯りが懐かしいような、暖かさを感じさせます。

P1010526
準備中。
なんと、床中に落ち葉を敷き詰めて、ここはどこかの山中?

枯れ葉の香りがとてもここちよい。

外を通る子どもたちが、なぜ枯れ葉が家の中にあるのか、不思議そうに見てゆきます。

P1010531

踏むとカサコソ、、、

さあ、夜会のはじまりです。



P1010525

いろんなかたちのアンティークグラスでリンゴの飲み物を。



P1040853

きれいな色[E:lovely]


P1040852

この壁に掛かっている背負子で、茶菓花器事のメンバーさんがそれぞれ秋を山からつれかえったそうですよ。
このおびただしい落ち葉もね。



P1040851

テーブルの上に胡桃とくるみ割り。
それぞれこれで胡桃を割って、、、


P1040857

小さなすり鉢でごりごり。

今日の器は、焼物も木製のも金工も、もちろんすべて市川 孝さんのもの。


こんな器があったらなあ、、、というと翌日にはすぐ作ってくれるので、「市川商店」とよばれているとか[E:coldsweats01]


使う人の意見を聞きながら工夫して、さらにこんな使い方も、と提案してくれる熱い陶芸家はなかなかいませんよ。
この日も熱いお話しをたくさん伺いました。



P1040858


胡桃を砕いた物は、このナッツ(10種類くらいの木の実が使われている)のスープのトッピングに。

淡泊で、とても滋養がありそうなあたたかなスープ。
料理担当はchie さんです。



P1040860

スダチをくりぬいたカップにはいっているのは、おからベースのペーストなんですが、おからとはとても思えない。
イタリアンみたいな前菜。


P1040862

市川さんのそのまま火にかけられる陶板で焼いた厚揚げはしっかりした味付け。
これも山のお土産の枯れ枝の串で。



P1040867

市川さんお釜で炊いた雑穀入りのご飯。

このかわいいお花はみたてさん。

この日kitの店内をあちこち山で見つけた植物や花で飾ってくれました。

P1040889

この天井から鉄製自在(これがまた市川商店)になにげに飾った枯木もまた、みたてさん。
ほんとにこんなセンスとアイデアはどこからでてくるのだろう。

お茶事の時に、こんなアイデアをまねして生かしたいなあと思うのですが、いかんせんわたくしにはセンスがいまいち、、、[E:sad]

さあ、「懐石」のあとはお菓子でお茶を。


P1040872

おお!
作るところから!
そうきましたか、、、


和菓子は最近あちこちでよく拝見する創作和菓子のユニット日菓
さん。


P1040879

枯れ葉をかき集めるように、秋色のきんとんを作ってくださいます。



P1040877

一方でお茶担当の好日居さん、市川さんの大きな器に山土産の葉っぱやドングリをいれて、この上から抹茶をふりかけます。

P1040880

葉影を写し取ってお抹茶を点てる。

P1040882
しかも黒文字の代わりが山土産の枯木の小枝の先を削ったもの。

枯れ葉の佳い香りに包まれて、ほろほろと甘いお菓子をいただき、お茶をいただく、、、最高の贅沢です。


P1040884

いわば茶室の花は、これまたみたてさんのオリジナル、4寸、6寸の木箱シリーズ。

カラスウリやら、珍しいところでは桐のつぼみやら、秋がいっぱい。


P1040886

このエビ天のしっぽみたいなの、なんだかわかりますか?

松ぼっくりをリスがかじった残りの芯の部分なんです。[E:coldsweats02]
初めてしりました。

Kちゃんによると、御所にもよく落ちてるらしいです。
こんどみつけにゆこう。


P1040891

2種目のお茶は、、、、


P1040896

武夷岩茶の奇蘭。

茶葉そのままの香り、温めたチャフーに入れたときの香り、お茶の香り、とそれぞれ変化します。

P1040898

もちろん、聞香杯にいれて、香りを楽しみつつ飲みます。
岩茶独特のさわやかなほのかな香りを楽しむ。


P1040900

2種目のお菓子の方は、陶板で裏を炙った「焚き火」のお菓子。(だから枯木の上に乗っています)
しかも木の枝付き。




P1040902

ういろうの中の火の色の餡が、ほっこりあたたかくて、ちょうどあんこ餅を焼いたときの懐かしい味。

お茶は三煎まで楽しんだあと、この席だけのオリジナルブレンドを作ります。

P1040903

すなわち、チャフーのなかにそれぞれがお好みのものを付け足していきます。


生姜(一番人気)、オレンジ、リンゴ、クローブ、粒胡椒、角砂糖、バラのつぼみ、シナモン、八角(これは不人気で入れず)。


とてもさわやかでフルーティーで、生姜のおかげで体が温まりそうな佳いお茶になりました。


P1040906

なんだか夢のようなひとときでした。
殺伐とした日常を忘れて、ふわふわと仙人のように遊ばせていただきました。

菜花茶菓器事、チームのみなさま、御連客様、ありがとうござました。
posted by しぇる at 02:11| Comment(14) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。